寺子屋プロジェクト発進!
いよいよ、寺子屋づくりが始まります。

3月末までに寺子屋を建て、4月から授業開始の予定です。


村人代表からComment-Nigerに手紙が届きました。
日本語訳文の下に、原文の画像をご紹介します。

これからも応援を賜りますよう、よろしくお願いいたします!

 

 

【日本語訳】

ニジェール共和国 ティラベリ州
コロ県 ドンガ郡 クワラテギ村(KoiraTégui)

住民代表

2015年2月27日

 

メドモワゼル
メダム
メッシュウ、

 

私達の村に、「近いうちに学校が開かれる」という幸運な知らせをいただき、私達クワラテギの村民は大いに驚き歓喜しております。長い間、夢と諦めていたものが、皆様からのご支援をいただき、実現するのです。


諸事情により入学が叶わなかった子供達、そして、途中で学校を去る事になった子供達に、常々、「セカンドチャンスを!」と、願うばかりでした。
しかし、残念な事に、この様な計画は、いつも、資金と機材不足の前に諦めざる得ませんでした。


幸いにも、今回は、寛大な皆様のお陰をもちまして、村の子供達、そして、彼らのお母さん達は、待望の教育と言う道を歩む夢を叶える事ができます。


彼らは、失った時間を取り戻すだけではなく、彼らの生活をも輝くものにして呉れるはずです。そして、将来、私達の国の社会経済にも充分寄与してくれるものと期待しております。


婦人達(子供の母親達)は、字が読めるようなり、そして、字が書けるようになって、将来の彼女達の収入の源となる活動に活かすんだ、と奮起しております。


この学校プロジェクトは、間違いなく、受益者である子供達やお母さん達の生活条件を向上させ、延いては、村人の全てが恩恵を受けるものになる。と、確信する次第です。


ニジェールの子供達への大きなご支援を戴き、私達村人一同、感謝の念でいっぱいです。


この学校を《 TERAKOYA》と呼び、大切に使わせて戴く事をお約束いたします。
心を込めまして、お礼に代えさせていただきます。


クワラテギ村人 代表

 

 

 

 

新着情報一覧へ