只今、2泊3日の復興支援が終わり東京に向かっております。


今回の作業は、表参道の赤鳥居の修復と、開運橋の補強修復作業。

 

雨の中の作業でしたが、最終日は天気が回復し、

なんとか予定していた作業を終わらせることができました。

 


セメントを混ぜたり、鉄パイプで足場を作ったりと、

東京ではおそらく携わる事がないであろう貴重な経験をさせてもらってます。

 


直行クランプ?自在クランプ?ラチェット?
初めて聞く専門用語が飛び交います。

 

 

三上さんが、休憩時に必ずくれるアーモンドチョコレートがとにかく嬉しい。
今回は僕たちが来るのに合わせて、上川さんと言う三上さんの師匠が福井県から来て下さいました。

 

 

みなさんの復興への気持ちに、改めて心が突き動かされます。
まだまだ修復箇所は山積みですが、一歩ずつ一歩ずつ、

共に前に進んで行きたいと思います!

 

 

船が見えなくなるまで手を振ってくれる姿に、いつも泣きそうになる。
また来ますね!

 

新着情報一覧へ