READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

被災地で助産師が育児支援を継続するための車を購入しよう!

宗祥子(一般社団法人ジェスペール代表理事)

宗祥子(一般社団法人ジェスペール代表理事)

被災地で助産師が育児支援を継続するための車を購入しよう!
支援総額
2,628,000

目標 2,000,000円

支援者
212人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年02月04日 22:59

リラックスできる場

まんまるがサロン活動を始めた当初は、

宮古・遠野・久慈・釜石を回って活動していました。

 

当時は、衣類なども手に入りにくく、

全国から次々と届く紙オムツやおしりふきなどの消耗品、抱っこひも、

乳幼児用衣類、マタニティウェアなど、支援物資を持参するのも役目でした。

 

被害の大きい沿岸部や

仮設住宅以外の親戚宅や内陸部に避難していた人たちには、

物資が届きずらかったのです。

 

 

秋から冬にかけての活動だったため、

サロン会場は、寒くならないように暖房でしっかりと温め、

座布団に座って、お茶を飲みながら話しました。

 

分娩場所や母乳、育児のことから、夫婦や住居のこと、

子どもの遊び場がないことまで、

毎回、さまざまな話題がでました。

 

 

そのようなサロンを続けながら、気づいたことがありました。

 

それは、震災後から必死に育児に向かい、生活を守ってきた母親達には、

ゆっくりとお茶を飲む時間も余裕もなかった、

ということです。

 

サロンでは、助産師が母親の体調やメンタル面のケアをしたり、

赤ちゃんの発育を見たりすることも大切でしたが、

母親が、リラックスできる場を提供することも必要でした。

 

その状況を知った東京の支援者からは、

毎回、お茶や手作りのお菓子が届きました。

 

かわいくておいしいスイーツとゆったりできるハーブティー。

今では、北上や盛岡など岩手内陸からもお菓子が届きます。

 

サロンは、ほんのひと時の癒しの時間でもあるのです。

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載

支援者
122人
在庫数
制限なし

10,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載
・ジェスペール特製クリアフォルダ
・ジェスペール特製メモ帳

支援者
83人
在庫数
制限なし

50,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載
・ジェスペール特製クリアフォルダ
・ジェスペール特製メモ帳
・岩手の海の恵み(乾物セット)

支援者
6人
在庫数
制限なし

100,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載
・ジェスペール特製クリアフォルダ
・ジェスペール特製メモ帳
・岩手の海の恵み(乾物セット)
・プロジェクト達成で購入した車にお名前をプリント

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする