3月25日に東京都渋谷区で講演会「難民の子どもたち~地球の未来を考える~」があり、マゼン・サリムが講演してきました。
会場にはたくさんの人が来てくださいました。私たちが昨年、難民キャンプに行き直接活動しました。そんな話もあり、本当に真剣に、聞いてくれていました。

 

もちろん、開校を目指す富山学校の理念や計画についても説明しました。

ある女性からは「学校をつくる取り組みは初めて聞きました。子どもたちの未来を考えているのは、とても大事なことですね」と声を掛けてもらいました。

ほかにも、「小学校をつくるのは大切なことですね」や「頑張ってください」などなど、たくさんの応援の言葉をいただき、決意を新たにしました。

 

イベントのゲストとしていらっしゃった姜尚中先生にも富山学校について話し、「いい取り組みですね」と感想をいただきました。会場内に飾った難民の写真パネル展も見てもらいました。

 

新着情報一覧へ