こんにちわ

 

本日、映画に協賛して頂いているダイナースクラブの会員様限定の試写会が行われ、トークゲストに中村橋之助丈が参加されました。

 

 

 

 

築地市場は、江戸時代に日本橋で誕生した魚河岸がルーツ。

当時日本橋には、江戸歌舞伎の三座がありました。

 

 

魚河岸の旦那衆が江戸の文化、芸能である歌舞伎を支援していたという深い縁があってのご参加となりました。

 

 

 

10月に八代目中村芝翫を襲名される橋之助さん。

 

 

 

 

築地には、小学生の頃に見学へ行ったこともあり、築地場外にある波除神社は歌舞伎座のお祓いをとりおこなう神社だったりと親しみを持っているそう。

 

 

 

 

 

 

 

映画をみて、築地には粋と勢いがある。

 

 

世界唯一ですね、みなさん、本当にいい顔しているとコメント。

 

 

 

食文化を支えてきた、伝統と職人の世界に歌舞伎の世界に通ずるものを感じたそうです。

 

 

 

この映画をどんな人にみてほしいかときかれ、いろんなかたにみて欲しいが、まずは、高校生、大学生など若い方にみていただきたい。

 

 

両親や祖父母を誘って、映画が終わったあとにいろいろなことを話しあう、そんな風にみてほしいな、

 

 

とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開まで約1カ月。引き続き、応援お願いします!

 

 

新着情報一覧へ