改めまして、蔵元です。

いよいよ「悪役ではない吉良上野介の本を出版!」プロジェクト始動しました。

 

皆様のお力添え、ご支援よろしくお願い申し上げます!

 

取材旅の用意が整うまで、こちらにホームでは語れなかった事々を追記します。

まずは引換券の詳細について

 

「御礼を込めた旅先からの報告、出版経過メール」にあるこの画像

 

(引換券3,000円に初登場)

 

私が主宰していたネット塾のホームページ表紙です。

http://kuram.tv/

 

平成12年(2000年)4月から始め、ネット上でのシナリオ指導塾の先駆けの一つになりました。

 

優秀で熱意ある塾生たちと巡り合うことができ、平成23年(2011年)6月に閉鎖するまでに88人の方々の指導を行い、6名の方は懸賞公募の受賞者で、それ以外にも現在活躍を続ける脚本家・構成作家が何人もいらっしゃいます。

 

現在、このホームページは閉じ、表紙だけが残っています。

塾生の皆さんとのやり取りは既に破棄しましたが、多い時は日に数十通のメールのやり取りを経験しています。

 

「御礼を込めた旅先からの報告、出版経過メール」を、確実にお届けできる証としてこちらの画像をご紹介させていただきました。

 

次回は「あとがきなどにお名前を記載」についてご説明します。

 

新着情報一覧へ