プロジェクト概要

子供たちにもっと楽しんでもらえるように
花火鑑賞会をもっと充実させたい

 

ページをご覧いただきありがとうございます。長野県上田市で「打ち上げ花火を観る会」の代表をしている小川充宏と申します。30年以上に渡り、長野県にある上田養護学校の寄宿舎の花火鑑賞会を開催しています。

 

個人でやれる範囲内ではありますが、友人や仲間に声をかけ協力してもらい、上田養護学校さんからのご協力をいただきながら、ここまで継続して開催することができました。

 

毎年、昨年より少しでも感動する花火を!と心がけてきましたが、今まで自己資金でまかなっていたところもあり、どうしても限界が見えてきています。そこで、子供たちが、何回参加しても純粋に楽しめるような花火大会にするためにも、今回クラウドファンディングを活用することを決めました。

 

皆さまからのご支援で、今まで子どもたちが見たことないような素晴らしい花火を上げ、たくさんの笑顔を生むことになればと思います。

 

 

信州青年の船という転機と、花火鑑賞会の始まり

 

皆さんは、長野県の「信州青年の船」という事業があったことはご存じでしょうか。

 

 

昭和49年から平成13年まで28年間行われていた、長野県内の青年団が中国へ船で向かい、現地の人たちと交流をする事業のことです。その中では、県内の各地域から参加した志のある青年たちが交流を図り、地域に対して自分ができることを学び、議論しあっていました。

 

私もそこに参加しました。乗船した第12船は、名古屋港を出港し、約2週間の中で河北省などを訪問。船内外での研修を含めて、今後の長野県を担っていくために何ができるのか、考える貴重な機会だったと思います。

 

下船後は、参加者がそれぞれが取り組みを始めます。観光地の清掃活動、出身母体の青年団活動の推進、上田市の文化向上のためのコンサート誘致、観劇誘致、長野オリンピックボランティア参加など。地域に貢献する活動をするようになりました。

 

私はというと、地域ボランティアをしていた仲間や先輩と、地域の子ども祭りでのボランティア活動をはじめました。しばらく活動をする中で、偶然そのお祭りで信州青年の船の先輩にあたる、花火師さんと知り合いになります。

 

第12船の仲間の上田養護学校の先生から、夏のお祭りの時に、子供たちのために「おもちゃ花火」を上げている話を聞いていたので、これだ!と考え、早速本物の打ち上げ花火をあげるために動き出しました。

 

知り合った花火師さんに依頼し、上田養護学校から了承をとり、打ち上げ花火を持ち込み、第1回目の花火鑑賞会を開催しました。

 

 

結果は大成功。10発の花火を上げ、アンコールにもう1発打ち上げ。会場は子どもたちの歓声に包まれました。そこから、この花火は上田養護学校の毎年の風物詩となりました。

 

上田養護学校について

 

上田養護学校は、長野県立の養護学校です。初等部から高等部を合わせて、200人以上の障がいを持った児童生徒が勉学に励んでいます。

 

子どもたちは卒業後に色んな選択肢を選べるよう、一般教養はもちろんのこと、社会へ出て仕事をしていくために必要なことを日々学びます。

 

高等部の生徒の中には、自宅から通いの子たちだけでなく、併設の寄宿舎で3年間生活している子たちもいます。寄宿舎で生活する中で、先生たちが企画する多くの行事があるわけですが、私が自主的に開催をさせていただいている花火大会は、毎年同じ形式になり、マンネリ化が否めない状況です。

 

多い子で、3回は見ることになる花火大会でありますので、何とか変化をつけて楽しませてあげたいというのが本音です。

 

個人の取り組みを超え、より充実した花火鑑賞会で子どもたちを笑顔に

 

今までは、毎年9月第1週に打ち上げ花火11発+αを、花火師の資格を持った友達の協力のもと、学校の近くで上げていました。しかし、自費でやっていることもあり、私自身の経済状況に左右されるため、その数量は安定していません。

 

開催の度に、もう少しだけでも種類を増やせたら、本数を増やせたら、子どもたちは喜ぶのに、そう考えていながらも、具体的な行動に移せていませんでした。

 

そこで今回のクラウドファンディングを通して、皆さんからご支援をいただき、この打ち上げ花火の種類、数量を拡大するための費用にあてたいと考えています。個人の範疇から抜け出して、より子どもたちが笑って過ごせる時間を作りたいです。

 

【上田養護学校 花火鑑賞会】

日時:2019年9月2日18:00~20:00

打ち上げ場所:上田養護学校(長野県上田市岩下462-1)

入場料:無料

 

子供たちがこれから先、何度も思い出すような夏の風物詩に

 

子どもの頃の夏の思い出は一生記憶に残ります。せっかくの機会です、更にきれいな花火を見ることによって、心に残る感動を持ってほしいと思います。

 

当初始めたときとは状況も変わり、この花火大会は子どもたちだけでなく、地域の方々も参加できるイベントになっています。上田市内の方々とも今回の取り組みを共有して、地域と養護学校がともに歩んでいくための、新たなきっかけになれば嬉しいです。

 

来年以降も、私が元気な限り活動を続けていきたいと思いますが、先ずは今年の花火鑑賞会を成功させ、今後の鑑賞会がより良くなっていくためのスタートを切れれば幸いです。

 

皆さまからのご支援をお待ちしております。どうかよろしくお願いいたします。

 

 

リターンについて

 

金額ごとに、それぞれリターンを設定させていただきました。上田養護学校の子どもたちからのポストカードや、花火の絵をお礼としてお送りいたします。

 

●3,000円のご支援
 こころを込めたお礼の手紙

 

●5,000円のご支援
 こころを込めたお礼の手紙
 子供たちの書いた花火の絵のポストカード1枚

 花火の来年度の簡易カレンダー1枚

 

●10,000円のご支援
 こころを込めたお礼の手紙
 子供たちの書いた花火の絵のポストカード3枚

 花火の来年度の簡易カレンダー1枚

 花火の来年度のカレンダー1部

 

●30,000円のご支援
 こころを込めたお礼の手紙

 子供たちの書いた花火の絵のポストカード5枚
 子供たちの書いた花火の絵の額入りA4 1枚

 花火の来年度の簡易カレンダー1枚
 花火の来年度のカレンダー1部

 

●50,000円のご支援
 こころを込めたお礼の手紙

 子供たちの書いた花火の絵のポストカード5枚
 子供たちの書いた花火の絵の額入りA4 1枚

 花火の来年度の簡易カレンダー1枚
 花火の来年度のカレンダー1部


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)