花の酵母は一般的にあまり知られていなく、どんなものか想像できないとお声をたくさん頂きますので、説明致します。

 

酵母は、果実、野菜、穀物、植物など、自然界のあらゆるものに付着しています。

パンに使われるイーストも自然界から採取した酵母菌を純粋培養したもので、酵母菌は自然界にしか存在しないものです。

 

イーストを使用するパン屋さんが多いですが、最近は自家製酵母を使用するところも増えてきました。この自家製酵母は、レーズンからおこしたものが多いと思います。レーズンは数ある自家製酵母の中でも発酵力が強く、原料も入手しやすいからです。

 

果実の酵母が知られていますが、実は花やハーブなどの植物からでも自家製酵母をおこせます。果実より難しく、原料も入手しにくいという理由で使用しているところはごくわずかです。

 

浦戸の花物語プロジェクトが開発したシリーズ商品は、浦戸諸島の花やハーブで自家製酵母をおこして作る完全無添加のお菓子です。お菓子に使用する膨張剤はベーキングパウダーや重曹が一般的ですが、パン職人の私は代わりに自家製酵母を使用します。

 

自家製酵母を使用するメリットは、いくつかあります。

お菓子の生地を膨らませるだけでなく、酵母の豊かな香りと風味がプラスされます。そして、酵母の効用も加わります。例えば、ラベンダー。

 

 

ラベンダーは鎮静作用があり、心身をリラックスさせる効用があります。

香り豊かで美味しいだけでなく、メディカル効果も期待できる、からだ想いのお菓子になります。開発するものは、ラベンダー酵母のお菓子だけではありません。

 

 

オリーブの葉の自家製酵母です。

オリーブはオリーブオイルというイメージがありますが、実は実を絞ったオイルよりも葉の方が効用面で優れています。そんなオリーブの葉で自家製酵母をおこし、パウダーにした葉も生地に混ぜ込みます。見た目は抹茶の色味に似ていますが、オリーブの葉はノンカフェインですので、カフェインを控えたい方にも安心してお召し上がり頂けます。

 

 

バラの自家酵母です。こちらもラベンダーやオリーブと同様に香り豊かで、からだ想いのお菓子をつくることが出来ます。

 

 

桜の自家製酵母。これも季節限定で、いずれ商品化したいと思っています。

 

そのほか、椿や菜の花などを使用したものも商品化します。浦戸の花物語シリーズ商品は、浦戸諸島の花やハーブを活用したもので、続々と開発していきます。

 

花やハーブの自家製酵母を使用したお菓子の商品は、全国でも初めてです。

自然豊かな浦戸諸島で健やかに育まれた花やハーブを使用した完全無添加のお菓子は、どなたでも安心してお召し上がり頂けます。

 

現在は原料の栽培が小規模で、当面は商品の製造量が限られますが、少しずつ製造量を増やしていきます。食べてみたいなと少しでもご興味頂けましたら、応援して頂けませんでしょうか。発売前にリターンで、直送致します。

 

一日でも早く多くの方々にお召し上がり頂けるように尽力しておりますが、みなさまのご支援が製造量の増加に直結します。どうか、応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ