みなさまこんにちは!


湘南和傘英遊さんご協力の

『和傘型ランプシェード』ワークショップ

『職人さんの手による番傘(お渡しは蛇の目傘となりました)』のお引渡し 

が終わり、

全てのリターンをお届けすることができましたこと、ご報告いたします。

 

ワークショップではオリジナルランプシェードを!

ランプの印象を左右する和紙選びから、骨組みへの糸通し、和紙の貼りつけの作業を行いました。

職人さんが丁寧に指導してくださるので安心して取り組めます。


 

固定するべく台にランプシェードの骨組みを固定していきます。
糸を通したり、
貼り作業をしたり、色々な工程を行います。
自らが選んだ和紙でランプシェードをつくります。
完成後、実際に点灯してみました^^

 

心をこめてつくった自分だけのランプシェード、きっとお部屋を温かく灯してくれてることでしょう◎ 
(※ワークショップの様子は掲載の許可をいただいています)

 

 

蛇の目傘は、リターンご購入者様のご意向を汲んでいただきながら制作してくださいました。

※完成品のお写真は英遊さんより提供

海老茶ぼかしの和紙を使用した蛇の目傘はとっても素敵で、画像ですらあまりの美しさに見惚れてしまったので、実物はそれ以上だったにちがいありません。
 

 

最後になりましたが、

リターンをご購入くださいましたみなさま

そして、

ご協力くださいました和傘職人の

小林旅人様 (工房 和傘屋)

杉崎英紀様 杉崎薫様 (湘南和傘 英遊)

改めてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

2017年7月から実現に向けて、多くの方の力をお借りし、

2018年7月に和ルミネーションというハナが咲きました。

2019年。みなさまにお目にかかれますよう、

実行委員一同新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。

引き続き、よろしくお願いします!