READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

世界初!宇宙空間光通信ネットワーク実現の大きな一歩を共に!

ワープスペース

ワープスペース

世界初!宇宙空間光通信ネットワーク実現の大きな一歩を共に!

支援総額

5,725,000

目標金額 5,000,000円

支援者
137人
募集終了日
2020年3月31日
プロジェクトは成立しました!
23人がお気に入りしています

終了報告を読む


23人がお気に入りしています
2020年03月30日 21:25

【Story】OneWeb社破産検討報道を検討する(後編)

 

3月23日に、「OneWeb社の破産検討報道を検討する(前編)」という検証記事を公開してからわずか4日後。連邦破産法11条に基づく会社更生手続きを申請したとの報道が出ました。

 

ー報道記事ー

ーーーーーー

 

いち早く発表より前(3月20日)にスクープ報道したBloombergの取材力は本物でした。感服です。

 

とはいえ、公式発表では2019年3月に$1.25Bを調達しているはずなのです。なぜこんなにも展開が速かったのか。


今回の申し立て手続きにおける公開資料を見ていくうちに、いろいろと分かってきました。
(OneWeb社のサイトでは、各申立資料が公開されています。ご興味ある方はぜひこちらへ。)


 

過去の資金調達について

OneWeb Global LimitedのCFO、Thomas Whayneが裁判所に提出した「DECLARATION OF THOMAS WHAYNE IN SUPPORT OF CHAPTER 11 PETITIONS AND FIRST DAY PLEADINGS」では、これまでのOneWebの資金調達の経緯が詳らかに書かれています。

 

それによると、彼らの純粋なエクイティによる資金調達(新株の第三者割当増資)は、2016年の$1.2B で終わっていました(上記文書12ページ)。2019年3月の$1.25Bの調達はエクイティ調達ではなかったのです。

 

 

ではどういった形での調達だったのか。文書ではこう続きます(上記文書12~13ページ)。

 

==
On July 12, 2018, OWC(注・OneWebのこと) entered into that certain Note Purchase Agreement (the“Original NPA”) among OWC, SoftBank(後略)

 

On March 18, 2019, OWC entered into that certain Amended and Restated Note Purchase Agreement (the “A&R NPA”) among OWC, Softbank, Banco Azteca, S.A., Institución de Banca Múltiple, Airbus Group Proj B.V., Qualcomm Technologies, Inc. and The Government of the Republic of Rwanda(後略)

 

Between March 2019 and October 2019, OWC issued to the Purchasers 12.5% senior secured promissory notes in an aggregate principal amount of $1,560,621,949.30(後略)
==

 

ここにいう「Note Purchase Agreement」とは、いわゆる転換社債(Convertible Note)を使って資金調達をする際の契約書です。転換社債による資金調達は主にアーリーステージのスタートアップにおいてよく使われていた手法ですが、ここ最近ではレイターステージのスタートアップでも活用されるようになってきていました(最近の転換社債による資金調達の動向についての参考記事 )。

 

27日付のSPACE NEWSの記事で、OneWebの負債額は$1.7Bと記載されていたので、何でそんなに、、と思っていたのですが、謎が解けました。

 

転換社債による資金調達には、大半の場合、次ラウンドでのエクイティ調達における目標額が設定されています(参考記事)。その目標額が達成されない限りにおいては、転換社債は返済の必要がない株式には転換されず、ただの負債(借金)にしかなり得ません。

 

OneWebの転換社債の場合、2019年3月の変更契約に基づいて発行されていますから、すでに転換ないし満期までの期限を迎えつつあったか、マイルストーン的な(段階的な)条件が付されていた可能性が高いといえます。

 

また、彼らのこれまでの公式資料には従業員は350人程度と書かれていましたが、こちらの文書によると531名もの従業員がいたようです(上記文書22ページ)。前回の記事で予想したよりも1.5倍以上の定常的なコストがかかっていたことになります。

 

 

とはいえ、どれだけ莫大な資金が今後必要になるか、転換社債を引き受けたソフトバンクなどの投資家が認識していなかったはずがありません。報道で言われているような激しい競争も今に始まったことではなく、それを前提として大勝負を仕掛けていたはずです。

 

OneWebの公式発表にもあるような「Covid-19(新型コロナウィルス)」による資金調達の不調、も、直接的な要因と言えるかについては、疑問を挟まざるを得ません。なぜなら、前編でも書いたように、Onewebは今月3月21日に34機の追加打上げを実施し、今後の打上にも意欲を示していたからです。

 

もちろん彼らの投資家や見込投資家の姿勢の変化を、Covid-19の感染拡大が引き起こした可能性はあるでしょう。ただそれだけではないはずです。

 

昨今、いわゆるユニコーン企業(未上場のビッグベンチャー)の不調がメディア等で取り沙汰されています。イノベーションを起こすためには、リスクを大きく取る必要があり、すべての期間において上手くいくスタートアップなど存在しないでしょう。一層の成長のための投資による見た目上の業績の悪化なのか、それとも本質的に過剰評価だったのか、ケースによってかなりの検討を重ねなければ結論が出ないことなのに、一時の業績変動で不安視されてしまう。

 

 

そんな風評被害ともいえる雰囲気、環境が彼らを経営破綻にまで追い込んだのかもしれません。

 

 

しかしあくまでも、今回は米国連邦倒産法における「破産」ではなく、あくまでも「会社更生」の手続き申請です。従業員も74名が残り、すでに打ち上げた74機の衛星運用は継続しながら、更生の道を探っていきます。結果はどうなろうとも彼らの不屈の闘志と華麗なる復活を信じて、心の底から応援したいと思います。

(ワープスペース 常間地)

==(再掲)==
ワープスペースのプロジェクトは、OneWebやStarlinkと違い、地上への高速インターネット供給はメインターゲットとしていません。また、主なユーザーターゲットを人工衛星としている点も彼らと違います。

 

地上を直接のターゲットとしないので、雲に弱い光空間通信方式を採用しました。また、光空間通信を採用したことで、リーズナブルな長距離通信が可能となり、低軌道を俯瞰できる比較的遠い軌道(中軌道)に中継衛星を配置することが出来るので、ユニバーサルな通信サービスの実現に必要な衛星の機数も圧倒的に少なくなります(6機で地球全周カバー)。

 

なので、彼らの100分の1程度のコストでプロジェクトの実現が可能です。

 

彼らは地上のユーザー端末までのラストワンマイルも含めた垂直統合的な通信サービスを目指していますが、私たちは地球=宇宙の通信バックボーンにフォーカスして狙っていきます。

ぜひこのクラウドファンディングを通じて、私たちのプロジェクトの一員になってください。そして、私たちだけでなく、OneWebやStarlinkなど世界の衛星通信プロジェクトの成功もぜひ応援してください。

 

私たちのプロジェクトの成功は、確実により良い世界の実現に繋がります。

 

【応援寄稿 v.16】大学院生 青木 優美さん【Event】本日 18時~WARP STATION Talk feat.ABLab開催します!
一覧に戻る

リターン

3,000


【学生限定】お気持ち支援プラン

【学生限定】お気持ち支援プラン

学生さん限定のリターンの発送を要しないプランです。ご支援いただいた金額から手数料を差し引いた全額が本プロジェクト経費にあてられます。
・サンクスメール
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

6,000


【学生限定】お気持ち支援プラン(報告書付き)

【学生限定】お気持ち支援プラン(報告書付き)

学生さん限定のリターンの発送を要しないプランです。プロジェクト報告書(PDF)をEメールでお送りいたします。ご支援いただいた金額から手数料を差し引いた全額が本プロジェクト経費にあてられます。
・サンクスメール
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年7月

10,000


お気持ち支援プラン

お気持ち支援プラン

リターンの発送を要しないプランです。ご支援いただいた金額から手数料を差し引いた全額が本プロジェクト経費にあてられます。
・サンクスメール
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
67人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

20,000


お気持ち支援プラン(報告書付き)

お気持ち支援プラン(報告書付き)

リターンの発送を要しないプランです。プロジェクト報告書(PDF)をEメールでお送りいたします。ご支援いただいた金額から手数料を差し引いた全額が本プロジェクト経費にあてられます。
・サンクスメール
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年7月

30,000


衛星のかけらをお手元にプラン

衛星のかけらをお手元にプラン

実際の衛星開発工程で発生した試験用衛星機体やモジュール(ボードやチップなど)の破断材(数㎝角)を活用した衛星のかけらグッズをお届けします。宇宙開発の一端を肌で感じてください!!※宇宙空間に放出されたものではありません。
※後程ご希望の品をお伺いいたします。
・サンクスメール
・ご希望の衛星のかけらグッズ
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
20人
在庫数
79
発送完了予定月
2020年5月

30,000


宇宙開発はんだ付けDay参加プラン

宇宙開発はんだ付けDay参加プラン

衛星開発の工程で実際に用いられるはんだ付けの体験Dayにご参加いただきます。ワープスペースの衛星開発エンジニアと一緒に作業をしていただきます。一緒に宇宙開発しましょう!!
※お客様のはんだ付けの技能により、はんだ付けの対象物を決定させていただきます。
・サンクスメール
・衛星開発はんだ付けDay(2020年5月開催予定)にご参加いただきます。
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
5人
在庫数
25
発送完了予定月
2020年5月

50,000


光空間通信地上実証&交流会参加プラン

光空間通信地上実証&交流会参加プラン

2020年4月~5月に茨城県で行われる光空間通信の地上実証試験を見学いただけるプランです。CEOの常間地ほか試験実施チームが実証内容をその場で解説いたします。実証実験後はプロジェクトメンバーとの交流会にご招待いたします。
・サンクスメール
・光空間通信地上実証&交流会(2020年4月~5月開催予定)にご招待いたします。
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
3人
在庫数
47
発送完了予定月
2020年5月

50,000


実証衛星WARP-01打上イベント(パブリックビューイング付き)参加プラン

実証衛星WARP-01打上イベント(パブリックビューイング付き)参加プラン

10月打上予定の実証衛星WARP-01の打上イベント(秋葉原から電車で45分のつくば開催)にご招待させていただきます。当日は打上のパブリックビューイングもする予定です。懇親会付き。一緒に打上の瞬間を共有しましょう!!
※打上の日程変更により開催日の変更、延期、もしくはパブリックビューイングのみの中止の可能性があります。
・サンクスメール
・実証衛星WARP-01打上イベント(パブリックビューイング付き)参加
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
10人
在庫数
60
発送完了予定月
2020年10月

100,000


海外採用人材・個人パトロンプラン

海外採用人材・個人パトロンプラン

ワープスペースでは現在、海外人材の採用活動を活発にしています。日本の宇宙産業、そしてスタートアップで働きたいという意欲の高い若者と交流いただけるプランです。海外宇宙人材の日本での挑戦を一緒に応援しましょう!!
※人材の指定はできません。
・サンクスメール
・海外採用人材からの手書きのサンクスレター
・海外人材と個別にお話いただける機会(1時間、Skype可)
・海外人材との報告交流会ご招待(2020年10月開催予定)
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年5月

400,000


光空間通信パートナー・ドイツ、宇宙新産業ツアー

光空間通信パートナー・ドイツ、宇宙新産業ツアー

ヨーロッパ宇宙開発のトップリーダーの1つ、ドイツは日本、アメリカと並び、光空間通信でトップレベルの技術を持つ国です。実際にワープスペースのパートナー企業もあります。2020年11月にCEOの常間地ほか数名とともに、ドイツ宇宙機関やドイツの宇宙スタートアップ数社への見学、交流会にご参加いただきます。世界最大の宇宙産業展示会「Space Tech Expo Europe 2020」もご案内いたします。

・サンクスメール
・ドイツ宇宙産業シーン見学ツアー(CEO常間地アテンド)
・「Space Tech Expo 2020」ご案内
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
3人
在庫数
5
発送完了予定月
2020年11月

500,000


Next India!!アフリカ・スタートアップシーン視察ツアー

Next India!!アフリカ・スタートアップシーン視察ツアー

まさにアフリカは今、インドの10年前のようなスタートアップ勃興期。アフリカの最新スタートアップシーンが集まる「トランスフォームアフリカ2021」へワープスペースCEO常間地と一緒に行きましょう!アフリカ宇宙産業共創で一緒に動いている現地パートナー企業等との交流会も行います。
※5名限定
・サンクスメール
・「トランスフォームアフリカ2021見学ツアー」
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

※Covid-19の影響を考慮し、2020から2021開催の回に変更いたしました。

支援者
2人
在庫数
3
発送完了予定月
2020年12月

30,000


宇宙人クラブコラボ宇宙プログラミングDay参加プラン

宇宙人クラブコラボ宇宙プログラミングDay参加プラン

宇宙のモノづくりで実際に使われるプログラミング、コーディングってどういうものか、皆さんご存知ですか?
実は今の宇宙開発の現場では、意外とポピュラーなプログラミング言語が使われていたりします。

「宇宙プログラミングDay」では、宇宙新産業界では知らない人はいない「宇宙人クラブ」さん(パナソニックWonder LAB Osakaを拠点として宇宙をテーマに新規事業のタネ創出を目指す有志集団)とコラボし、実際の宇宙開発の現場で使われるプログラミングのケーススタディを実施します。

・サンクスメール
・宇宙プログラミングDay(2020年7月開催予定)にご参加いただきます。
 会場:Panasonic WonderLAB Osaka(予定)
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年7月

1,000,000


【2組限定】ワープスペース顧問 出井 元ソニーCEOとワープスペース常間地があなたの街へお伺いします

【2組限定】ワープスペース顧問 出井 元ソニーCEOとワープスペース常間地があなたの街へお伺いします

ワープスペース顧問 出井 元ソニーCEO(現クオンタムリープ株式会社代表取締役)とワープスペース常間地があなたの街へお伺い。
講演会等に参加し、宇宙産業などの産業創造やベンチャー育成にまつわるご講演、または企業様の宇宙産業への進出やイノベーション創出についての個別相談をさせていただきます。

※実施時間は60分を目安。
※お申込み前に、必ず事前に弊社までご連絡ください。 corporate@warpspace.jp
※お申込みにあたっては一定の審査がございます。ご依頼内容によっては、お受けすることが出来ない可能性もございますので、予めご了承ください。(お受けできない場合は、返金させていただきます。)
※実施時期は個別に相談させていただきます。

合わせて、5万円のリターンプランの内容も付け加えさせていただきます。

・サンクスメール
・光空間通信地上実証&交流会(2020年4月~5月開催予定)にご招待いたします。
・実証衛星WARP-01打上イベント(パブリックビューイング付き)参加
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2020年10月

1,000,000


ワープスペース顧問 谷本 Forbes Japan副編集長とCEO常間地があなたの街へお伺いします

ワープスペース顧問 谷本 Forbes Japan副編集長とCEO常間地があなたの街へお伺いします

「未来のイノベーションにおける宇宙思考」というテーマで、ワープスペース顧問の谷本有香さん(ForbesJapan副編集長)とワープスペースCEOの常間地があなたの街にお伺いします。

パネルディスカッション、講演会、社内研修など形態はご相談のうえ実施いたします。

※お申込み前に、必ず事前に弊社までご連絡ください。 corporate@warpspace.jp
※お申込みにあたっては一定の審査がございます。ご依頼内容によっては、お受けすることが出来ない可能性もございますので、予めご了承ください。(お受けできない場合は、返金させていただきます。)
※実施時期は、個別に相談させていただきます。

合わせて、5万円のリターンプランの内容も付け加えさせていただきます。

・サンクスメール
・光空間通信地上実証&交流会(2020年4月~5月開催予定)にご招待いたします。
・実証衛星WARP-01打上イベント(パブリックビューイング付き)参加
・プロジェクト報告書(PDF)
・HPへのお名前掲載(希望者のみ)
・ワープスペースステッカー

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2020年10月
プロジェクトの相談をする