猫を救うための捕獲器を購入したい

支援総額

230,500

目標金額 150,000円

支援者
49人
募集終了日
2024年2月7日

    https://readyfor.jp/projects/watanabeke4?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2023年12月21日 14:09

多頭飼育崩壊レスキューの記録 7匹の猫

こんにちは。渡邉です。

なかなか更新出来ず申し訳ありません。

 

今日はわたなべ家で「7匹の猫」と呼ばれている猫たちについてお話ししたいと思います。

私はこの子達がきっかけで保護団体のシェルターに通うようになりました。
悲惨な話でかなり長いのでご興味のある方だけ読んでいただけたらと思います。
 
 
滋賀県で多頭飼育崩壊になった個人保護活動者が「引き取り手が無かったら殺処分に連れて行く」と書いてあるのを私がたまたま発見し、母に泣きながらうちで保護したいと懇願し引き取った猫たちです。
 
3歳のキジ白デュークと、2歳の黒猫オニキス、黒猫ショール、白猫こはく、白猫ルチル、ハチワレもずく、サバ白コリウスの7匹です。
 
保護主さんのお話では、健康で仲良しの良い子達、2つのケージに数ヶ月間閉じ込めていた、全員未去勢のオス、血液検査&予防接種&健康診断はしていない、首が一部ハゲているのは前日に激しく遊んだから、黒猫2匹と白猫2匹は昔から軟便とのこと。
 
白猫2匹とコリウスはペットショップの里親募集コーナーに置かれたものの引き取り手が無くて保護されたそう。
もずくは高速道路の中央分離帯に車の窓から投げ捨てられたのを目撃され、その後保護。
 
トイレを設置すると早速オニキスが入りましたが、水下痢をした上に中で線虫が蠢いていました。
慌てて回収しました。
連れて来たのが夜だったのでその日はご飯と水を置いて消灯しました。
 
 
しかし夜中になって、壮絶な叫び声とドタバタという音が部屋から聞こえてきました。
急いで駆けつけると血しぶきが床に散っていて、毛の塊があちこちに落ち、白猫とコリウスが睨み合っていました。
トイレには水下痢が大量に。
回収します。
 
睨み合いが終わるのを待ってリビングに戻るとまた叫び声とドタバタ音が。
また収まるまで待って、リビングに戻ると叫び声とドタバタ音…
これを何回も繰り返した後、相談して明日保護団体にアドバイスを求めようとなり消灯。
 
 
翌朝部屋に行ってみると激臭が鼻をつきます。
血しぶきと水下痢が飛び散り、白、黒、灰色の毛の塊が大量に落ちていました。
 
保護団体に電話をしてみると、次の日に附属の病院の予約を取ってくださり、またその時に必要なものは貸し出すとのことでした。
ようやく人前に出てくるようになったのでひと通り健康チェックをしました。
 
首輪がきつくて首輪の下がハゲている子2匹、全身に大きなハゲがある子4匹、耳の裏に斑点状のハゲがある子4匹、耳の前に引っ掻き傷がある子3匹、耳の中が真っ黒なのは全員一緒。
 
白い部分の毛は汚れて黄ばんでいます。
 
前日に全員お風呂に入れたとのことだったので、長らくケージ生活をしているうちに染み付いた色だと思われます。
 
 
病院に連れて行くためにキャリーを準備し始めたところで、白猫2匹とオニキスが唸り合いの喧嘩を始めます。
止めようとして手を入れたところ、オニキスにガッツリ攻撃されました。
(当時は猫の喧嘩に手を入れたらいけないというのを知りませんでした。以降絶対やらないようにしました。)
 
歯でガッチリ私の右手を噛み、手にぶら下がりました。
直後に本気で蹴り蹴りされ、ひっかかれ、あっという間に血の海に。
腕の肌が全く見えません。
 
とりあえず洗面台に走って行き、洗い流します。
幸い、腕の皮は裂けまくっていただけで、無くなったわけではなかったようです。
血が全然止まらなくて、洗面台は真っ赤なまま時間だけが過ぎていきます。
腕には長い傷が20本以上できていて、手の平と甲には4本のキバで噛まれた跡と、奥歯で噛まれた跡が2つ。
噛まれた跡の穴は、直径7mm・深さ4mmくらいで、赤紫になった肉が丸見えでした。
 
ショックで痛いとかありませんでした。
ただひたすら手から流れ落ちる血を洗い流し、染みる水の中、左手で傷口を擦って洗いました。
 
しばらくしたら血が出るスピードが遅くなったので、ティッシュでグルグル巻きにして部屋に戻りました。
結局、猫より先に私の病院へ行くことになりました。
傷をほじくられ、めちゃくちゃ痛い消毒をされ、破傷風の注射を打たれ、軟膏でベトベト、包帯グルグルで帰宅しました。
 
 
猫の病院に行く準備をして、ようやく出発します。
診断の結果、全身のハゲと耳の裏のハゲは傷ではなく真菌でした。
引っ掻き傷は耳が痒くて自分でつけたものだろうとのこと。
耳の中が真っ黒なのは汚れと耳の真菌でした。
水下痢は線虫が目撃されているのもあり、とりあえずひと通り駆虫してみましょうということに。
処方されたのは、肌の真菌の塗り薬と、傷の化膿止めの塗り薬、耳の真菌の点耳薬、コクシジウムの駆虫薬、プロフェンダースポット、フロントライン。
 
保護団体からケージ4個とトイレ5個、トイレ用スコップをお借りして、タオルやバスタオル、シーツ、風呂敷、ビニール袋等のご寄付もいただきました。
 
帰宅してケージを設置。 
 
白猫2匹と黒猫2匹は分離不安症なのか離すと常同行動が止まらなくなるので、それぞれ2匹ずつケージに入れました。
ケージ越しでも凄まじい喧嘩をするので、遊ばせる時は全員のケージにシーツをかけ、見えないようにして1匹ずつ出しました。
ケージを分けたお陰でみんな静かに眠りました。
 
水下痢をしている白2匹と黒2匹は、ご飯を食べたらすぐトイレに駆け込んで、それから15分ほどずっと下痢をし続け、一日中何度も下痢をする感じでした。
 
 
猫たちの病院は1週間毎に行くことになりました。
 
2度目の通院の朝、オニキスの便が必要量採取できたので検便に出したところ、腸内で菌が大量に発生していることがわかり、殺菌のお薬をもらいました。
強いお薬はビオフェルミンと一緒に飲ませるように指示がありました。
 
次の通院では2度目のプロフェンダーをもらいました。
 
その次の通院では下痢をしていないデューク、コリウス、もずくの血液検査と去勢手術をしました。
 
シェルターの代表が逃げた時のために耳カットするべきだと仰っていたので、3匹は耳カットしました。
 
4匹の下痢が止まらないので次のお薬を試すことに。
 
次の通院ではまだ耳真菌が治っていない子達の点耳薬をもらいました。
 
譲渡会に参加させていただけることになり、デュークともずくを連れて行きました。
そこで「男の子は後ろから見れば去勢してあるかわかるから耳カットなんてする必要ないわよ!」と教えてもらい、残りの4匹は耳カットするのを辞めました。
 
コリウスに里親希望者さんが居ましたが、耳カットしたと伝えたら音信不通になってしまいました。
耳カットすると里親希望者が一気に減りますが、耳カットなんて気にしないよ!という優しい里親さんが見つかったのは、ある意味コリウスの最初の里親希望者さんのような方をふるいにかけることに繋がったのかもしれません。
とはいえ耳カットに悪影響が全くないという保証は無いので、一生を室内で暮らす猫たちには必要ないのかもしれません。
 
 
新しいお薬のおかげでこはくの下痢が止まったので、その次の通院でこはくは血液検査と去勢手術をし、デューク、コリウス、もずくにワクチンを打ちました。
 
そしてもずくとコリウスに一緒に引き取りたいという里親希望者さんが現れました!
2匹は仲が良かったのでこれは大変嬉しかったです。
しかしトライアル開始から2日後、トライアルを断念することになりました。
里親希望者さんの持病が悪化して、猫と暮らせる状態ではなくなったためです。
残念でしたが、仕方ありません。
 
次の通院では、黒2匹とルチルの下痢の原因が「トリコモナス」ではないかという先生の見立ての元、トリコモナス専用の駆虫薬をもらいました。
 
その次の日、ショールが血便をしてやたらくしゃみをするので紹介状を書いてもらって大学病院にて精密検査。
血便は腸の粘膜がボロボロになって剥がれ落ちているからだろうとのこと。
くしゃみは異常が見つからずアレルギーかなにかだろうという結論に。
 
その次の日、こはくがトライアルに出発。
先住のロシアンブルーの可愛い女の子が居る、里親希望者さんも優しくて丁寧な大変環境が良いお家に行きました。
 
その3日後、デュークがトライアルに出発。
広くて素敵なお家にダンボールベッドや新しいケージを用意していただいて、至れり尽くせりでした。
 
次の通院で、また3匹の下痢を止めるお薬をもらいました。
 
その次の日、自宅でもずくが里親希望者さんとお見合い。
可愛い可愛いと言っていただけました。
 
その次の日、こはくのトライアルが中止に。
理由は先住の猫ちゃんに大変なストレスを与えてしまったため。
 
先住の女の子は、1人の飼い主さんと二人三脚で暮らしていました。 
そこにこはくが乱入。
隙あらば追いかけ回し、最後は顔に本気のパンチを一発くらって鼻から出血し、先住の猫ちゃんが失禁する事態になったため緊急で中止に。
こはくはオスしかいない部屋に戻ってきて大変不服そうな顔をしていました。
 
次の通院では、下痢が止まらない3匹に、リスクが高いものの血液検査と去勢手術を行いました。
たまに去勢手術で下痢が落ち着く子が居るから、リスクはあるけどやるしかないという結論に。
3匹とも無事に目を覚ました時には本当に膝から崩れ落ちそうになりました。
血液検査の結果、ルチルとショールの肝臓の数値が高かったため、ウルソという肝臓のお薬をもらいました。
 
そしてトライアルに行った先でデュークの耳の真菌が再発してしまい、点耳薬を購入してお届けに行きました。
 
次の日曜日、ついに1匹目の卒業生が出ました!!
デュークが正式譲渡になったのです。
優しい里親さんに迎えられて、本当に嬉しかったです。
新しく「こんぶ」というお名前をいただきました。
 
その日は続いてコリウスを2度目のトライアルに。
キャットタワーやおもちゃが用意してあって、お土産におやつやおもちゃとご寄付をいただきました。
有難く頂戴致しました。
 
次の通院ではルチルの甲状腺の数値を血液検査で計りました。
異常無しでした。
ルチルとショールに肝臓のお薬をもらい、オニキスに下痢止めをもらいました。
 
 
その2日後、ショールが先天性の肝臓疾患で亡くなりました。
突然の出来事でした。
ショールは7匹の中で唯一幸せにできなかった子です。
看取ることもできませんでした。
今でも後悔が残っています。
 
 
その3日後、こはくが2度目のトライアルに出発。
木製のしっかりしたケージと球状のすっぽり入れるベッドをご用意いただいて、さっそくケージやトイレを探検していました。
 
その3日後、ルチルがまたたびで酔っ払ってケージから転落。
顔面強打で大学病院に担ぎ込まれました。
幸い骨や脳には異常が無く、様子を見ましょうということになりました。
 
次の通院ではルチルの肝臓のお薬をもらい、オニキスは膵臓が悪くて脂肪を分解する酵素が出ていないのかもということになり、消化酵素(パンクレアチン)と低分子プロテインの療法食をもらいました。
 
その次の日、こはくとコリウスが正式譲渡に!!
こはくは「こまめ」という新しいお名前をいただき、コリウスはコリウスのまま、それぞれ温かい家庭に迎え入れていただきました。
 
その3日後、もずくがトライアルに出発しました。
お見合いからトライアルまでに新しいお名前を考えていただき、「龍太(りゅうた)」になりました。
すごく似合っています。
 
次の通院では、ルチルも消化酵素をもらいました。
2匹とも低分子プロテイン&消化酵素のご飯を食べるようになりました。
 
その数日後、ルチルの顔を見ると、茶色くなった血のようなものが鼻の周りについていました。
翌朝見ると、鼻と口の周りが茶色くなった血だらけで…
肺の病気かもしれないと大騒ぎして、病院に駆け込みました。
検査をしていただき、結果が出ました。
『風邪で鼻の中に出来物が出来て、くしゃみをすると破裂して血が出る』
とのことでした。
出された薬を飲ませても治らないようだと、ただの出来物ではなくポリープかもしれないので、その場合はまた来るようにとのこと。
抗生剤と止血剤を一週間飲ませたら、あっという間に治りました。
 
 
9月15日から始まった激動の日々が、3ヶ月半経ってついに年を越しました。
 
年を越して、まずもずく(龍太)が正式譲渡になりました!!
里親様と二人三脚、今も幸せに暮らしています。
 
1月末、仲良くなってきたルチルとオニキスを一緒に出しておもちゃで遊んでいたところ、ルチルが突然怒ってオニキスに飛びかかり、ケージの上で揉み合いになって、オニキスはケージから叩き落とされました。
攻撃を続けるルチルを慌ててケージに閉じ込め、オニキスを見ると鼻血を出して倒れていました。
 
救急で病院に駆け込みました。
病院に着く頃にはぼんやり意識がありました。
レントゲンを撮ってもらったところ、骨に異常は無く、脳出血も今のところ見られないので、脳震盪とただの鼻血で済んだのだろう、という結論になりました。
また食欲が無くなったり鼻血が再発したりしたら来るように言われました。
 
 
次の日、ルチルが血尿を出しました。
採尿して検査したところ、菌が繁殖していることがわかり、抗生剤と止血剤をもらいました。
 
しばらくしてまた血尿が再発。
抗生剤と止血剤をもらいます。
 
 
数日後、大変お恥ずかしながら母が窓を網戸にしたまま部屋を出て、オニキスを脱走させてしまいました。
夜に帰ってきて、翌日なんと、何をしてもおさまらなかった下痢が、2匹とも止まりました。
健康なうんちをしました。
これには獣医さんも仰天。
 
下痢の原因はただの多頭飼育崩壊のストレスによるものだったようです。
 
翌日からルチルをリビングに連れて行って、別々にしたところ、やはり健康なうんちをし続けました。
 
 
それぞれ里親募集して、トライアルに出て、オニキスはとっても気に入ってもらえて、正式譲渡になりました。
 
「うにさん」という新しいお名前をいただいて東北のこたつの中でぬくぬく暮らしています。
 
 
一方でルチルは我が家で暮らすと決めてしまったようで、トライアル先では飲まず食わず。トイレもせず。
膀胱炎になりやすい体質なので数日ねばった後、泣く泣く我が家に連れて帰りました。
ここでルチルが我が家の猫となることが決まりました。
 
 
7匹の猫を通じて保護団体にスカウトされ、ボランティアをするようになり、動物愛護に触れるようになりました。
7匹の猫が居なければ保護活動をすることもなく、ただペットショップの子犬を可愛い可愛いって抱っこしている人生だったと思います。
 
今の私があるのは元保護犬のゆきと、今まで保護した60匹、今も外で病気や危険と隣り合わせで生きている地域猫達、保護団体で出会ったたくさんの動物たちのおかげです。
 
初めて一緒に暮らした大切な「セピア」と、保護活動を始めるきっかけになった「ルチル」のあだ名「うるにゃん」から取って、「せぴうるにゃん府中」を立ち上げました。
 
猫の保護に使う捕獲器を購入する資金を集めるためのクラウドファンディングに挑戦中です。
どうか500円からご支援をいただけないでしょうか。
何卒宜しくお願い致します。渡邉

リターン

500+システム利用料


alt

感謝のメッセージ500円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

1,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ1000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

1,500+システム利用料


alt

感謝のメッセージ1500円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

2,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ2000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

3,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ3000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

4,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ4000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

5,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

5,000+システム利用料


alt

ポストカード郵送5000円コース

一眼レフにて撮影したTNR猫、保護猫、子猫の写真からランダムに3枚お送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

6,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ6000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

7,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ7000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

8,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ8000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

10,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ1万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

10,000+システム利用料


alt

ポストカード郵送1万円コース

一眼レフにて撮影したTNR猫、保護猫、子猫の写真からランダムに5枚お送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

15,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ1万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

20,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ2万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

20,000+システム利用料


alt

ポストカード郵送2万円コース

一眼レフにて撮影したTNR猫、保護猫、子猫の写真からランダムに10枚お送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

25,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ2万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

30,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ3万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

30,000+システム利用料


フォトブック郵送3万円コース

フォトブック郵送3万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

35,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ3万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

40,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ4万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

40,000+システム利用料


フォトブック郵送4万円コース

フォトブック郵送4万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

45,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ4万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

50,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ5万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

50,000+システム利用料


フォトブック郵送5万円コース

フォトブック郵送5万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

55,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ5万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

60,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ6万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

60,000+システム利用料


フォトブック郵送6万円コース

フォトブック郵送6万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

65,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ6万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

70,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ7万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

70,000+システム利用料


フォトブック郵送7万円コース

フォトブック郵送7万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

75,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ7万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

80,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ8万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

80,000+システム利用料


フォトブック郵送8万円コース

フォトブック郵送8万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

85,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ8万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

90,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ9万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

90,000+システム利用料


フォトブック郵送9万円コース

フォトブック郵送9万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

95,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ9万5000円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

100,000+システム利用料


alt

感謝のメッセージ10万円コース

感謝のメッセージとクラウドファンディングの結果のご報告をメールにて送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

100,000+システム利用料


フォトブック郵送10万円コース

フォトブック郵送10万円コース

感謝のメッセージと一眼レフにて撮影した写真で作った「こねこフォトブック」をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/watanabeke4/announcements/301798?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る