~歌詞は音に想いを乗せたコミュニケーション~

 

作曲は感性で作りますが、
作詞は感情で作ります。

 

日常生活で感じたことを素直に表現します。

 

例えば、
仕事で忙しいなら仕事にまつわる歌詞。
恋愛で悩んでいたら恋する気持ちの歌詞。
社会に疑念を抱いていたらメッセージの歌詞。

 

僕が歌詞を書く時に気をつけているのは、
悲しいメロディには明るい歌詞を書く。
明るいメロディには悲しい歌詞を書く。
ことです。

 

メロディと歌詞が相反するようにします。
悲しいメロディに悲しい歌詞だと悲観的になり過ぎます。
明るいメロディに明るい歌詞だと楽観的になり過ぎます。

 

素直に表現した歌詞が心に響いた時、
その歌に共感が湧きます。

 

歌詞はメロディと同じように何度も書き直します。
音に想いをのせて人に届ける大切なコミュニケーションですから。

 

まるでラブレターを書くように何度も何度も何度も。

 

【No.6】につづく

新着情報一覧へ