5月に入ってから尾花沢は、気温、土温ともに低く、天気がいまいち。週末14日に予定している田植えが遅れるかもしれません。こんな天候は尾花沢では「五月どんぶぐ」(五月なのに暖房が必要なほど寒い)と言われています。
植物の力を最大限引き出すために、われわれドメーヌ農家は苗の生育と天の気を見て農作業の行程を決めています。だからみなさんにお知らせしていた週末の田植えも「お天気しだい」なのです。
そもそも豪雪地で不可能と言われた米づくりが成功した鍵は「苗の力を信じて、天の気を見ての農作業」これだけです。そして、毎日水管理をしている時に「頑張れ〜、お前たちを信じているから実れよ〜」と苗たちを応援したからです。そんな分けで準備は万端ですが、今年も元気な苗をちょうど良い時期に田植えますので、予定は14日(日)でありますが、気温、土温しだいでは延期になります。どうぞご理解ください。

代掻き作業

 

新着情報一覧へ