クラウドファンディングのpjをスタートして10日、本日達成いたしました。

みなさまに心より感謝申し上げます。

実際にかかる費用を設定にするのは勇気も自信もなく、200万円に設定いたしました。みなさまの勢いあるご支援にわが身を恥ずかしく思っております。

シェルターに避難中の子たちに本当にありがとうございます。

人の力は信じなくては。

山猫庵は今まで一度も公的補助を受けたこともなく、震災時の犬猫の避難受け入れの際も、みなさまからのご支援、事業収入で捻出。

この10年以上の中でシェルターに犬猫を棄てていった人は多く、とても苦しい状況でした。

シェルターの設備はまだこれからの段階です、少しずつ、それでも命は待ってくれませんから必要な設備、医療は最優先で進めて参ります。

今後ともどうぞよろしくご支援をお願い申し上げます。

いつかこのような施設が社会に必要でなくなるために、私どもは何をしたらよいのか。

地道に精進して参りたいと思っております。

どうか引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

シェルターでは家族ができずに逝った子たちも多くおります。

みんな幸せでしたか?

あなたは幸せでしたか?

 

写真は東北大震災で縁あって山猫庵に避難して来た犬猫たちを一部紹介いたします。東北の家族の下に帰れた子、新たな家族ができた子、まだ避難中の子もおります。

人も犬猫たちも辛く悲しい出来事で、犬猫たちだって不安でいっぱいでしたが新たな家族に受け入れられ、安心してともに幸せに暮らしている子がたくさんおります。

悲しみも苦しみも喜びもともに。

今、シェルターには避難中の犬猫たちが多くおります、みんなに新たな家族ができますように!