READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

茨城の棚田米で地酒づくり!参加することで支える遊休農地活用!

奧田夏樹(NPO法人よかっぺいばらき)

奧田夏樹(NPO法人よかっぺいばらき)

茨城の棚田米で地酒づくり!参加することで支える遊休農地活用!

支援総額

295,000

目標金額 600,000円

支援者
27人
残り
終了しました
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2014年04月15日 00:18

耕運機で広がる活動

 代表が都内での用事で野良に出られない昨日のうちにN農場長が柿園の草刈りをばっちりとやってくれていました。

 

 おかげで今日の肥料やりは、さっぱりとした圃場で開始。 K会員との2人作業です。 昨年は一人での作業で、まず1トン以上の肥料を軽トラで店と圃場を、数回往復。 鶏糞と石灰を53本の柿の木1本1本の幹の周りに円状にまく。 最後に1馬力の家庭用耕耘機でまいた肥料の上からかき回す。 なかなかしんどかったのですが、今年は助っ人がいるので楽チンでした。 一人が二人になると作業効率は3倍くらいになる感じですが、精神的には10倍くらい楽になります。 やはり仲間がいるのは素晴らしいです。 ありがたいことです。

 

 

 

 このほかに会員さんの耕運機(5馬力)が1台ありますが、いずれも田起し、代掻きには力不足です。 トラクターが直るか、直るとしてもいくらかかるかわからない現状なので、8~9馬力の耕運機を購入し、山田錦の棚田での作業を行います。

 

 この耕運機があれば、軽トラに乗るのでトラクターでの移動には不便な距離に分散した田畑の作業が効率的にできます。 大規模化などとは方向性が異なる、不効率だけど農の文化や里地の自然を守るには向いている耕作放棄地の再生という私たちのNPO活動にはうってつけの道具です。 その資金を確保するためにも本プロジェクトに是非、ご参加ください。

一覧に戻る

リターン

3,000

■支援年度の棚田事業、活動報告書

支援者
5人
在庫数
制限なし

10,000

■限定生産日本酒 4合瓶1本
■NPO公式WEBサイトへ支援者としてお名前掲載(希望者のみ)
■支援年度の棚田事業、活動報告書

支援者
19人
在庫数
41

30,000

■限定生産日本酒 一升瓶1本
■棚田関連イベント通年参加券(田植え、収穫、酒蔵見学、草刈りなど)1名分
■NPO公式WEBサイトへ支援者としてお名前掲載(希望者のみ)
■支援年度の棚田事業、活動報告書

支援者
3人
在庫数
27

50,000

■耕作放棄地の柿10㎏
■限定生産日本酒 一升瓶1本
■棚田関連イベント通年参加券(田植え、収穫、酒蔵見学、草刈りなど)1名分
■NPO公式WEBサイトへ支援者としてお名前掲載(希望者のみ)
■支援年度の棚田事業、活動報告書

支援者
0人
在庫数
10

100,000

■耕作放棄地の柿10㎏
■限定生産日本酒 一升瓶4本
■棚田関連イベント通年参加券(田植え、収穫、酒蔵見学、草刈りなど)1名分
■NPO公式WEBサイトへ支援者としてお名前掲載(希望者のみ)
■支援年度の棚田事業、活動報告書

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする