夢の懸け橋奨学金授与式のご報告

夢の奨学金基金プロジェクトにご支援くださった皆様へ

 

 

プロジェクト代表者の伊藤由香です。

2015年3月25日に、夢の懸け橋奨学金授与式を開催しました。

 

当初、5名の学生さんに奨学金を授与することを目標にしていましたが

皆様からのご寄付やプロジェクトを知った篤志家の方からの支援により

予定より1名多い6名に授与することができました。

 

授与式には奨学生の家族をはじめ沢山の方が出席してくださいました。

温かな雰囲気の中で、周囲の方への感謝や将来の抱負を

奨学生スピーチとして発表しました。

 

また、スピーチでは様々な葛藤も語られました。

来日して、言葉も分からないまま通い始めた学校での寂しさ。

親の母語が分からない自分と日本語が得意ではない親との関係。

日本に暮らしながら、外国人学校に通っているために日本社会に

適応できないのではないかという焦り。

 

これらの課題は、外国につながる子どもを支援する人の中では

一般的に共有されていました。

そして最近では、新聞やテレビでも取り上げられるようになってきました。

けれど、当事者である奨学生が、そうした課題や葛藤を

自分自身の言葉で語る姿を目にして、胸に迫るものがありました。

 

また、奨学生の家族は、日本で子どもに高等教育を受けさせることが

夢だったことや、奨学生として選ばれた喜びと感謝の気持ちを述べておられました。

こうした機会を与えてくださった皆様に、改めて感謝を申し上げます。
 

 

本プロジェクトの情報更新は今回を持ちまして終了させていただきます。

今後も外国につながる子どもや若者への支援を続けていきます。活動の

報告は愛伝舎のFacebookページで更新します。

見守っていただけると嬉しいです。

 

ご支援本当にありがとうございました。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なお、引換券の発送は4月4日をもって完了させていただきました。

スピーチ文集がお手元に届いていらっしゃらない方は、お手数ですが

happy_blue@hotmail.com まで、お知らせください。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています