こんにちは。

「みんなの遊び場プロジェクト」メンバーの有吉です。

 

これから3回に渡って、

これまでTポイントがつくってきた子どもたちの遊び場について、お話したいと思います。

 

プロジェクトページにも掲載していますが、

Tポイントはこれまで、宮城県「南三陸町 みんなの児童館」、岩手県「釜石市 みんなの唐丹児童館」、宮城県東松島市「こどものみんなの家」の3館をつくってきました。

 

今回は、最初につくった宮城県「南三陸町 みんなの児童館」についてお話します。

 

(完成した「南三陸町 みんなの児童館」)

 

プロジェクトメンバーが最初に南三陸町をお伺いしたのは、東日本大震災直後の2011年4月でした。

まだ地域の皆さんが避難所であるアリーナや学校で生活をされている時期で

道はなんとか通れるものの、泥だらけ。走っている車は自衛隊の車ばかり。

外の景色は瓦礫の山・・・。

 

そんな中でも、出逢った地域の方々、行政の方々、NPOの方々はとても前向きでした。

支援する側の私たちに、笑顔で接してくださり、飲み物やご飯までくださりました。

たくさんの悲しみを抱えているはずの方々のそんな姿に、

少しでも元の生活に近づけるように、安心して過ごせるように、

より笑顔が生まれるように、私たちは支援をしていかなければいけないと心から強く思いました。

(打ち合わせの様子)

 

そして話し合いの中で分かった、児童館が必要である、という答えに、

私たちは全力で取り組みました。

児童館の建設にこれまで関わったことの無いメンバーで、

頭を抱えながら、悩みながら、たくさんの人に助けられながら、なんとか児童館を完成させました。

 

2011年9月に完成した児童館は今、

午前中は小さなお子様を連れてお母さんたちが遊びに来られ、先生方に子育ての相談をしたり、お母さん同士、赤ちゃん同士が交流する場として、

午後は小学校から帰ってきた子どもたちが、宿題をしたり、友達と遊ぶ場所として

たくさんの地域の方々、子どもたちに利用されています。

 

(現在の児童館の様子)

 

ここの場所があることで、お母さん方の悩みが少し解消されたり、安心して子どもを預けて働きに出かけられたり、子どもたちが元気に遊ぶことができる。本当にこの場所があって良かった。

そんな言葉を先生やお母さん方からたくさんいただきました。

 

これからも、この場所から、たくさんの笑顔が生まれることを私たちは願っています。

そして、そんな風に思っていただける場所を相馬市にもつくりたいと思っています!

 

次回は、釜石市につくった児童館について、ご報告いたします。

引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ