こんにちは。

「みんなの遊び場プロジェクト」メンバーの有吉です。

本日は、相馬市の皆さんと打ち合わせした様子をご報告します!

 

先月、「みんなの遊び場プロジェクト」メンバーで相馬市にお伺いしてきました。

最終的な遊び場の模型図をお持ちし、遊び場のイメージをご説明するとともに、

床、壁、天井、屋根、使用する材料なども、細かく説明をさせていただきました。

 

模型を持って説明するアストリッド クラインさん

 

模型写真①

 

模型写真②

 

遊び場の中央には、屋根を支える柱がまるで木のように3本、立っています。

木の下の部分は、ベンチとなっていて座れるようになっていたり、

木でつくったウサギなどの動物たちが隠れていたり。

わんぱくな子どもたちが、この木に登ることもできます!

 

模型を見ていただくことで、より具体的に、遊び場のイメージを想像していただけたようで、

ご参加いただいた皆さんからは、遊び場の完成を待ち遠しにしているという声を

たくさんいただきました。

子どもたちも、先生方やお母さん方からこの遊び場ができることを知り、

ここで遊べることをとても楽しみにしてくれているようです。

 

遊び場の建設には、建設工事や建設スケジュールの調整がまだまだ必要です。

そして何より、皆さまのご支援が必要です。

この遊び場が子どもたちに届くように、引き続き調整を続けてまいりますので、

皆さまのご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ