プロジェクト終了報告

2018年08月03日

終了報告と感謝の言葉


【感謝のことば】


フジロック閉幕しました!

[入場ゲート]

 

石見食堂として早朝より日付が変わるまで営業し、キャンプエリアに戻り就寝〜早朝より準備、営業の繰り返しというカオス的な日々を乗り切り、昨日あっという間に最終日を迎えました。

 

人の多さには終始圧倒されっぱなしでしたが日に日に成長するスタッフ9名と共になんとかこの期間を乗り越える事ができました。本当に疲れた。

 

最終日の翌朝から、休みなく片付け。
みんな身体がバキバキ笑

 

当初は不安と不安と不安しかありませんでした。
しかし、いざ始まるとそれは覚悟に変わり、やるしか無いと無我夢中で取り組めました。
それは同じ境遇であるのに不満を一切吐かず懸命に取り組んでくれたスタッフの存在があったからこそ。

 

一緒に戦ってくれた彼らには感謝しかありません。

[営業初日の様子、まだ表情に余裕があります]

 

想定していた食材数はまちまちのところがありましたが若干残る形になりました。
それでも理想に近い結果につながることができました。

 

最終日の営業後、人生初めてのフジロックを仲間と一緒に過ごしたこの日を忘れません。
想像以上の過酷さの先には想像以上の達成感。

 

そしてそれを共有できる仲間の存在がとても有り難くとても心を温かくしてくれました。

Ready forを通じてご支援いただいた全国の皆さまの想い、直接激励の言葉をかけていただいた江津の皆さまの想い、一つひとつがとても嬉しく、苦しい場面で助けられました。

 

本当にありがとうございました!

[3日間の営業を終えて、片付け完了の瞬間。出典事務局のスタッフさんと記念写真]

 

【プロジェクトは、無事に終了】

 

片道1,000km、往復2,000km

かかった時間は往路15時間、復路20時間

 

長距離運転がこれほどまでにツライなんて、想像できませんでした。

眠気との戦い、ガム・コーヒー、徐々にできるカフェイン耐性で効かなくなる・・・笑

細かく休憩を入れながら、なんとか事故もなく目的地にたどり着きました。

 

石見地方の食材を満載した2トン冷凍車は予想以上に燃費が悪く、ガソリン代が多くかかったものの、ETC割引の恩恵を受けて費用相殺できました。ありがたい。


[2,000km完走後の軽バン、虫の残骸跡が痛々しい・・・]

 

【収支報告】

 

皆様からご支援いただいた資金は、全額「遠征費」のために使用させていただきました。

 

1)2トン冷凍車レンタカー代 25万円

2)ガソリン代(2台分) 8万円

3)高速代(2台分) 6万円

4)旅館宿泊代 24万円

5)キャンプサイト利用料 3万円

6)キャンプサイト備品購入代 5万円

 


【リターンの発送状況】

 

返礼品についてのご案内

 

1)フジロック会場にてご利用いただける「無料食事券」

全て発送済みです。

石州和紙に墨で手書きしたスペシャルなチケットを制作しました。

お店に足を運んでいただき、誠にありがとうございます。涙が出るほど嬉しかったです。

 

無料券を持って大雨のなか、お店に突如現れた支援者の石田さん。


2)フジロック終了後に島根県内で開催されるイベントでご利用いただける「無料食事券」について

現在、発送準備を進めており、整い次第発送させていただきます。直近のイベントとしましては、8月16日に江津市で開催される「江の川祭」への出店が決定しております。発送時に詳細案内を同封させていただきます。

 

3)ビール・焼肉セット等をご選択いただいた皆さまへ

順次、発送準備を進めております。お届け希望日を別途調整させていただきますので、当方からのご連絡をお待ちください。

 

3)「実行者に会いに行こうプラン」をご選択いただいた皆さまへ

提携旅行会社の株式会社GPAと調整しまして、スペシャルなツアープランをご提案させていただきますので、ご希望の時期をお知らせください。

[営業2日目はピンク色で統一、2軒隣のユニホームと被ってしまいました 笑 ]
=================

心から感謝をこめて

ありがとうございました!

石見食堂(佐々木・天野・江上)