プロジェクト概要

 

不要になった靴をブラジルの貧しい子供たちにプレゼント

 


私は小学校から高校まで部活動でサッカー部、社会人になってからも、その間も県リーグに所属し毎週サッカーをしていました。現在は、好きなサッカーを仕事にしたいと思いサッカースクールを運営しています。


サッカーに囲まれる人生、大切なことは全てサッカーが教えてくれました。


このプロジェクトの始まりは、私がサッカーの遠征でブラジルに行った際、素足で路上でサッカーをしている子どもたちをみたときです。


不要になった靴をブラジルの貧しい子供達にプレゼントしたい。日本の皆様にこの現状を知り、ご協力いただきたく思っております。


どうかご支援宜しくお願い致します。

 

不要な靴を届けます!

 

 

日本のサッカー少年はとても恵まれていると思い、少しでも力になりたい

 


現地の運転手さんに聞くと、地域で貧困の差がかなり激しいとのことでした。


以前にブラジルの子が裸足サッカーをしている風景をテレビで拝見した事はありましたが、実際現地で見るとテレビでは見えない部分が見えました。


広場には釘やガラス、段ボールが散乱してあり、裸足で歩くなんて考えられない所でした。


ブラジルでは現在も家族の為にサッカーで成功して両親を楽にさせてやりたいと思う子が沢山存在しております。


ブラジルも豊かになり、正直そんな事は「今は昔の話」と思っていましたのでビックリしました。日本のサッカー少年はとても恵まれていると思い、少しでも力になりたいと思い、小さなアクションを起こしてきました。


具体的には、前回ブラジルに行った際、試験的に当スクールの生徒に声を掛け集めたシューズを渡してきました。ですが全く足りなかったので、まだまだ多くの靴をプレゼントしたいと思っています。

 

多くの靴をプレゼントしたい! 

 

 

3月末に500足の靴を届けたい


10年ほど前から元サッカー日本代表のロペス・ワグナーさんと親交があり、現在までに3回ブラジル遠征のサポートをしていただいています。


3月末に当スクールの生徒たち・スタッフがブラジルに渡り、直接現地の子供たち・スタッフさんに靴を届ける予定です。

 

3月末に500足の靴を届けたい

 

 

無限大の可能性があるブラジルの子供達に安心してサッカーをやってほしい


ブラジルの子供達が怪我を心配することなく思いっきりサッカーができ、プロになったら日本にプレーヤーとして未来の子供達に還元してもらえれば光栄です。


無限大の可能性があるブラジルの子供達に安心してサッカーをやってほしい。


子供達の元気、笑顔がブラジルの未来を明るくし、発展してくれると思います。


微力ですが私の出来る事を全力で頑張ります。


どうかご支援宜しくお願い致します。
 

 

無限大の可能性があるブラジルの子供達に安心してサッカーをやってほしい

 

 

資金使途

 

 ❏ 渡航費用

 ❏ 輸送費用

 ❏ その他諸経費