READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

記憶に残る本と出会う場所を作りたい

百舌鳥屋 阪口慎也

百舌鳥屋 阪口慎也

記憶に残る本と出会う場所を作りたい

支援総額

601,000

目標金額 600,000円

支援者
27人
募集終了日
2022年12月4日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

見たこともない世界に冒険する本、読んでからも余韻が続く本、新たな発見に出会える本、

そんなワクワクできる本と出会える場所を作ります。 

 

 

▼自己紹介

 

はじめまして。大阪府で百舌鳥屋という古本屋の代表をしております阪口慎也と申します。

百舌鳥屋は全古書連に加盟している古本屋で現在開業して三年目になります。

これまでは本のネット販売のみを行い、一般の方をはじめ小学校、中学校、高等学校、大学、自衛隊基地、病院、図書館など様々な方に販売を行ってきましたが、

このたび、より多くの人が直接本に触れあえる店舗を堺市白鷺町で開きたいと思っています。

 

 子どもたちやPC,スマホを持たないご高齢の方たちは、本をネットで購入することが出来ません。読みたくても読めない、新しいものと出会う場所がない。そういった人たちが楽しく本を選ぶことが出来る、ふらっと立ち寄れる。そんな店を作ります。  

 

 

▼古本屋を始めようと思ったきっかけ 

 

私は新卒から営業職として7年間働いていましたが、

上司からの度重なるパワハラによりストレスで不整脈、心房細動を発症し、動悸や眩暈が多発。

治療手術を行いましたがまったく改善されず、職場に向かおうとするたび体に不調をきたし、

このままだと取り返しのつかないことになると思い転職をすることにしました。

 

転職活動の結果、運よく上場企業から内定を頂くことが出来、

これから心機一転頑張ろう!と思っていた矢先の2020年。

コロナウイルスが流行しました。

 

多くの企業が採用取りやめを発表する中、

私も例にもれず内定を取り消され、途方にくれていました。

 

当然新たな求人も無く、また翌々月には二人目の子どもが生まれることもあり、

このまま待っているだけでは駄目だ!と思い、自営業を始めることを決意しました。 

 

初めは自由に使えるお金が少なかったため、食材のように腐ることも無く、

洋服のように季節に左右されることも無く、通年販売することが可能で

単価がそこまで高くないといった理由から古本屋を始めました。

 

昔からその世界に没入できる本やゲームが好きで、

とっつきやすかったことも理由の一つです。 

 

場所は自宅の6畳一部屋からスタート。

始めて商品がネットで売れたときは本当に嬉しくて当たり前なんですけど

「本当に売れるんだ!」って大はしゃぎしたことを覚えています。

 

初月の販売数は41冊、翌月は161冊、その次は245冊と順調に売上を伸ばすことが出来、

半年後には在庫も800冊程度まで確保することが出来るようになっていました。

購入していただいたお客様からもありがたいレビューを頂けるようになり、

やりがいを感じていました。

 

下の画像は実際に頂いた大切なレビューです。  

 

 

そんなある日のことでした。私が本屋をしていることもあり、

絵本をよく子どもにプレゼントしていたのですが

その本を子どもが読んでー!と手渡してきました。

 

いつものように子どもたちを膝の上にのせ、私が本を読むと

じぃっとページを見つめ「これなに~?」と質問してきたり、

絵を指して「この人変な顔~!」と笑っているのを見て、

いろいろな感情が分かるようになってきたんだなと感心していました。 

 

その時、私はまだ2,3歳の子どもが大人と同じように本の世界に入り込み、

いろんな感情を抱き、考え成長している姿を見て、

だんだんそんな本と直接出会うことが出来る場所を作りたいと思うようになりました。  

 

今のネット販売だけでは子どもたちは本を直接選ぶことが出来ない。

ネットが使えない人たちも同じ。

大切な人にプレゼントされるのも嬉しいけど

自主的に本を選ぶことができる店舗はやっぱり必要だと思いました。

 

それからは開店に向けて本の確保や店舗の場所探しなどを行いました。

出張買取をさせて頂いた本、店を開くならと快く寄付していただいた本、

全古書連での仕入れを合わせて、総在庫数は5000冊を突破。

 

累計販売数も2年4か月で12,000冊を超えました。

在庫や日々の出荷量が増え、部屋が手狭になってきたこともあり、

現在は20畳ほどの事務所と倉庫を一つ借りています。   

 

 

余談ですが先ほど書かせて頂いた全古書連とは、

全国古書籍商組合連合会の略称で全国の書店が約2300店加盟している統合組織です。

ここでは同業者との情報交換やそれぞれが所有している本の売買、加盟店による即売会の開催などが行われます。

大阪では四天王寺や大阪天満宮などで古本まつりが開催され、多数の古書店が集まり即売会を行っています。   

 

 

 

▼古本屋を開く想い

 

現在、書店は減少の一途をたどっています。

出版科学研究所によると1990年末に約2.3万店あった書店は

2020年には1.1万店まで減少しています。

また電子書籍も普及し紙媒体での本の売り上げも年々減少しています。

 

本を読むメリットはたくさんあります。

例えば文字を読むことで漢字や文章に強くなること、想像力や思考力の向上、 新しい知識との出会い、ストレス発散や隙間時間の有効活用などどれも生活を豊かにするために大切なことです。

 

本屋が無いということは単純に本を購入するときに不便というだけではなく、

新しい世界と出会う機会が限られてしまうということだと思います。

ふらっと立ち寄った本屋で思いがけず知らない世界、知りたかった世界と出会う。

そんな新しい出会いを提供できる店舗が必要だと思います。  

 

ネット販売や店舗販売だけではなく、先ほど書いた全古書連での即売会への参加や、

フリマでの出店などを積極的に行い、本に触れる楽しさを伝えていきたいと思います。

 

お客様が自分で探して選んだ一冊が特別な一冊になり、友達や家族、知り合いに紹介する。

そして紹介された人の中でも大切な一冊になっていく。

古本屋ならば捨てるのが忍びない本も引き受けることができ、他の誰かに渡っていきます。

どこの誰かも知らない人に笑顔を作ることや新しい世界を見せることが出来ます。

少しおおげさかもしれませんがこんな幸せな連鎖が生まれればいいなと思っています。

 

私自身の活動は小さなことかもしれませんが、今の私に出来ることを精一杯行っていくことで

減少傾向にあるこの業界全体も盛り上げていきたいと思っています。

 

 

▼開店場所

 

百舌鳥屋の開店場所は堺市白鷺町です。

今の事務所と倉庫を引き払い、こちらに移転します。   

 

 

南海高野線白鷺駅から徒歩7分にある白鷺団地内。

半世紀前、まだ田園地帯だった頃、この地に群をなしていたという白鷺を名前の由来に持ちます。

また小学校や9万平米もある大規模な公園も隣接しており、

そこでは野球場で野球をする子どもたちの姿や春には桜並木が楽しめる憩いの空間になっています。

 

白鷺団地は総戸数が1400戸以上あり、スーパーや多目的広場もあります。

ですがこの団地は管理開始から40年以上経過しており、経年による建物の老朽化、

道路のひび割れ、災害への対策が迫られています。   

 

 

そして現在、新たな機能導入やその修繕工事をおこなっており「多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい、まち」を実現しようとしています。

 

ここで私は古本屋を開業し、子ども達やお住まいの方、

ひいては他の地域からもお客様に来てもらえるように微力ながら白鷺を盛り上げていきたいと思っています。

 

 

▼どんな本屋さんにするか

 

形態としては無人古書店にしたいと考えています。

無人古書店といっても、完全な無人にしてしまうのは防犯上よろしくないので、

店舗を二つに区切り半分を販売スペース、もう半分をネット販売スペースとして活用します。

 

 

無人古書店にする理由は三つあります。

 

一つ目は集中して本を選ぶ環境を作りたいこと。

個人の小さいお店に入ると店主が見える位置にいて、なんか気まずいな、、、って経験が誰しもあると思います。

少し中を見たいけど怒られないかな、、、とか考えてしまいますよね。

無人にすることでそういったことを気にせず集中して本を選んでもらう環境を作ります。

ですが裏には私がいるので探している本がある人や相談しながら一緒に探したい人にはもちろん対応させていただきます。

 

二つ目に、店舗を継続して維持するためにネット販売にも注力しなければならないこと。

本屋が減少した理由は本が売れなくなったからというのが一番の理由です。

店舗販売だけで維持していくだけの売上を上げるには相当な集客と在庫数、

スペース、人件費等が必要になります。

その分リスクも増えますし大きくすればするだけ維持費もかさみます。

そうなると今の私では到底対応しきれなくなり、せっかく開店したのにすぐに閉店してしまうといった結果になってしまいます。

なので今回は店舗販売だけではなく、これまで行ってきたネット販売も並行して行い店舗を維持していきます。

 

三つ目に、人件費の削減。

より多くの人に本に触れてほしいため、本の価格は控えめなものを中心に設定したいと思っています。100円、200円、300円、500円、1000円の5種類で考えています。

 

価格が300円までの3種類をメインの価格帯に据え、会計は集金箱とQR決済を予定しております。

無人にし、人件費を削減することで本の価格を落とし、

子どものお小遣いでも買えるような値段で良い本をたくさん並べる予定です。

 

また、無料本コーナーも作りたいと思っています。

興味がない人でも読むきっかけの一つになると思うので50~100冊程度、

文庫や単行本、絵本など多種多様な本を陳列します。

 

全品100円均一にすることも考えましたがそうすると質の良い本を揃えることが難しく、

雑多に陳列することになり、結果お客様も良い本に出会える機会が減ると考えました。

古本屋がしっかりと本を選んで価格を設定し、良書を選定するためにも人件費の削減は必要になります。

 

 

▼現状、問題点、資金の使い道

 

店舗を借りたばかりの頃は歩くのもままならないほど草木が生い茂っていましたが

地道に草むしりや、店内の清掃、修繕を行ってきました。

 

店舗入口

 

店舗裏口(これでも半分ほど草を抜いた後です。 )

 

コンクリートを突き破り生えている雑草

 

汚れたクロス

 

ひび割れたガラス

 

亀裂の入ったコンクリート

 

 

窓のひび割れやクロスの汚れ、ひび割れたコンクリートがむき出しの床など修繕しなければならない箇所がたくさんあります。

ですが店舗をオープンするための資金が足りません。

 

魅力的な古本屋を開業するために皆様のご支援をお願いいたします。

 

 

▼支援金の使い道

 

今回支援いただいた資金は店舗開店費用に使用させていただきます。

本棚、什器、机、棚

事務所移転費

看板製作費

居心地の良いお店にするための内装費

念のための防犯カメラ

ガラスの補修など

 

今回のクラウドファンディングはAll or Nothing方式で行われます。

これは目標金額を達成した場合のみ支援金を受け取ることができる仕組みになります。

 

 

▼さいごに

 

私は古本屋が好きです。

 

なにか新しいものと出合えるかもしれないワクワク感や

掘り出し物と出会えるかもしれないドキドキ感。

 

暇なときにふらっと立ち寄れる場所、新しい自分を探す場所、

知識を得て成長する場所、空想の世界に耽る場所。

 

古本屋は自分だけではたどり着けない場所に行くために必要な存在だと思います。

 

そんな「古本屋」を私は作りたいです。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

プロジェクト実行責任者:
阪口 慎也(百舌鳥屋)
プロジェクト実施完了日:
2022年12月19日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

古本屋の開店資金として本棚、机、棚などの什器代、事務所移転費、看板製作費、内装費などに使用させて頂きます。

プロフィール

百舌鳥屋 阪口慎也

百舌鳥屋 阪口慎也

大阪府堺市の古本屋です。全古書連加盟店。 初芝、白鷺を拠点に書籍、中古品全般の買取販売をしています。 全力で店舗オープン準備中です!

リターン

3,000+システム利用料


alt

お礼のメール

・感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りいたします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


alt

ご来店者様向け早期限定プラン(A)

・お礼のメール
・ご来店時、どんな本でも1冊無料でお持ち帰り頂ける権利。
※有効期限はなく無期限です。ただし、将来的に事業の運営が難しくなった場合でも、支援者様への返金は致しかねますのでご了承ください。

支援者
1人
在庫数
9
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


alt

オリジナルステッカー

・お礼のメール
・オリジナルステッカー

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


alt

ご来店者様向け早期限定プラン(B)

・お礼のメール
・ご来店時、どんな本でも3冊無料でお持ち帰り頂ける権利。
※有効期限はなく無期限です。ただし、将来的に事業の運営が難しくなった場合でも、支援者様への返金は致しかねますのでご了承ください。

支援者
1人
在庫数
9
発送完了予定月
2023年1月

8,000+システム利用料


alt

オリジナルマグカップ

・お礼のメール
・オリジナルマグカップ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

8,000+システム利用料


alt

オリジナルトートバッグ

・お礼のメール
・オリジナルトートバッグ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


alt

新しい世界と出会う選書プラン(A)

・お礼のメール
・3~4冊程度選書してお贈りします。
選書する本は古本となります。多種多様なジャンルの本をお楽しみいただけるように選書いたします。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


alt

応援プラン(A)

古本屋 百舌鳥屋をとにかく応援したい!という方向けのプランです。
・感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りいたします。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


alt

ご来店者様向け早期限定プラン(C)

・お礼のメール
・ご来店時、どんな本でも5冊無料でお持ち帰り頂ける権利。
※有効期限はなく無期限です。ただし、将来的に事業の運営が難しくなった場合でも、支援者様への返金は致しかねますのでご了承ください。

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2023年1月

15,000+システム利用料


alt

ご来店者様向け早期限定プラン(D)

・お礼のメール
・ご来店時、どんな本でも10冊無料でお持ち帰り頂ける権利。
※有効期限はなく無期限です。ただし、将来的に事業の運営が難しくなった場合でも、支援者様への返金は致しかねますのでご了承ください。

支援者
1人
在庫数
9
発送完了予定月
2023年1月

20,000+システム利用料


alt

新しい世界と出会う選書プラン(B)

・お礼のメール
・10冊程度選書してお贈りします。
選書する本は古本となります。多種多様なジャンルの本をお楽しみいただけるように選書いたします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

25,000+システム利用料


alt

包括プラン

・お礼のメール
・オリジナルステッカー
・オリジナルマグカップ
・オリジナルトートバッグ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


alt

どんなことでも話しましょうプラン

私とどんな事でもお話ししましょうというプランです。
書ききれなかった話や古本屋についての質問など可能な限りお答えします!話を聞いてほしいでも全然大丈夫です。
・場所は店舗かオンラインを予定しております。
・1~3月頃で日程調整させていただきます。

支援者
1人
在庫数
9
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


alt

応援プラン(B)

古本屋 百舌鳥屋をとにかく応援したい!という方向けのプランです。
・感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りいたします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


alt

新しい世界と出会う選書プラン(C)

・お礼のメール
・15冊程度選書してお贈りします。
選書する本は古本となります。多種多様なジャンルの本をお楽しみいただけるように選書いたします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


alt

応援プラン(C)

古本屋 百舌鳥屋をとにかく応援したい!という方向けのプランです。
・感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

プロフィール

大阪府堺市の古本屋です。全古書連加盟店。 初芝、白鷺を拠点に書籍、中古品全般の買取販売をしています。 全力で店舗オープン準備中です!

あなたにおすすめのプロジェクト

食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい のトップ画像

食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい

ララソーシャルララソーシャル

#まちづくり

継続寄付
総計
3人
北海道ボールパークFビレッジに地域と観光の交流の場となるショップを のトップ画像

北海道ボールパークFビレッジに地域と観光の交流の場となるショップを

一般社団法人北海道きたひろ観光協会一般社団法人北海道きたひろ観光協会

#地域文化

55%
現在
1,659,000円
支援者
56人
残り
4日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする