プロジェクト概要

【ご支援・応援してくださったみなさまへ】

この度、日本の神話「ヤマタノオロチ伝説」を、新たな切り口で創作したミュージカル『いなたひめ~おろちの森~』の公演をモンゴルで開催するためのクラウドファンディングに挑戦しておりましたが、やむを得ない事情で開催が難しい状況でございます。
 

原因は、私たちの力不足です。

言葉の通じなく文化環境の異なる海外公演は、作品面だけでなく、企画を進めていく上で、想像以上に壁がありました。

本来ならば、そのような現実的な側面も含めて企画を練り、クラウドファンディングに挑戦すべきところですが、残念ながら私たちの力が及びませんでした。

 

これまでも、たくさんの方にご支援をいただいております。ですが、このまま続けてしまうことが、みなさまへご迷惑をおかけしてしまうと感じています。 


これまでいただいたご支援は、私たちが受け取ることは難しく、また申し訳ない状況ですが、応援いただいた気持ちは確かに重く受け止めております。クラウドファンディングでの活動や発信はここで一度幕を降ろさせていただきますが、引き続き応援いただけると幸いです。 ご理解いただけますと幸いです。

【2018/1/19 追記:いなたひめ製作実行委員会】

 

出雲発・ヤマタノオロチ伝説を愛と調和の視点で解釈したミュージカルを、
世界に向けて発信したい!

 

はじめまして、いなたひめ製作実行委員会です。ページをご覧いただき、ありがとうございます。私たちは現在、日本の神話「ヤマタノオロチ伝説」を、新たな切り口で創作したミュージカル『いなたひめ~おろちの森~』の公演を行っています。

 

初演は、2016年10月に島根県仁多郡奥出雲町にある稲田神社にて行い、2017年10月にはスサノオノミコトが祀られている島根県出雲市佐田町のスサノオホールにて、そして、2018年2月には島根県松江市のメテオホールにて公演予定です。

 

これまで、島根県の助成金や自己資金で公演を続けてきましたが、実は来年6月に、初めての海外公演を開催することになり、そこで予想以上に資金が必要となるため、今回、Ready forでクラウドファンディングに挑戦することにいたしました。また、この場をお借りして、たくさんの方々にミュージカルに込めた願いを知っていただければと思っています。

 

モンゴルという大陸文化の礎を築いた地で、出雲という日本の原点の地から生まれた「和」の物語を公演することで、深い精神の交流と新時代の幕開けを切り開いていけたらと考えています。どうか温かいご支援・応援をよろしくお願いいたします!

 

ミュージカル『いなたひめ~おろちの森~』のキャストです。

 

日本の「和」の心を伝え、世界を明るい未来へと導く。

 

『いなたひめ~おろちの森~』は、日本の神話「ヤマタノオロチ伝説」をモチーフにした作品です。

 

ヤマタノオロチ伝説とは、八本の蛇のような頭と八本の尾を持つ怪物・ヤマタノオロチをスサノオと呼ばれる神が退治する物語です。

 

ここではヤマタノオロチ=龍が悪者として扱われていますが、東洋ではふつう、龍は大地の神、神の遣いとして描かれています。この事実と、「オロチ伝説は、オロチ族という製鉄をする部族をスサノオが治めた」、「斐伊川の氾濫をスサノオが治めた」という出雲地方に残る伝承をつなぎ合わせ、ヤマタノオロチ伝説を対立・勝負・競争ではなく、愛と調和の視点で解釈しミュージカルとして創作しました。

 

出雲大社から1kmほどの場所にある、西の日本海に面した稲佐の浜(いなさのはま)。

 

主人公のいなたひめ(古事記では櫛名田比売(クシナダヒメ))はオロチの巫女という設定で、生け贄に選ばれながらも村を救うために人々に「魂の光を信じて」と伝えていきます。

 

生きている喜びを歌い舞う、いなたひめ。

 

大いなる神、スサノオが愛の言葉でいなたひめの心を恐怖の淵から救います。

 

愛と智恵の神、スサノオ。

 

いなたひめ、村の人々が魂の光を取り戻したことをオロチは喜びます。

 

 

物語の最後でオロチは、神域に火をつけ触れてはいけない鉄を取り出した犯人の若者を許して山に鎮まります。

 

これは、対立や競争を繰り返す人間の心を改めるために自然災害をもたらす神の本来の目的が、「闇に飲まれた心を元の光に戻すこと、自らの力で気づかせること」を表現したものです。

 

争いをやめ、調和を祈り舞うシーン。

 

また、日本で古来より大切にされてきた「和す(やわす)」=調和の精神を、日本(島)の根・島根から、神話のふるさと出雲から、広めていきます。

 

過去の公演を見てくださった方からは、

・現代の能を見ているようだ

・涙がとまらない

・古代日本とクラシック音楽との融合が素晴らしかった

・自然に神宿る出雲地の空気感が表現されている

・・・といった、絶賛の声をいただいています。

 

世界各地で戦争や災害が起こってしまっている今こそ必要なメッセージを、芸術を通して届けることで、国境を越えて人々の心を結び、世界をより明るい未来へ導いていけたらと思っています。

 

文化や考え方に共通点の多い日本とモンゴル。
ミュージカルの公演が交流をもっと深めるきっかけになってほしい。

 

今回、モンゴルで公演を行う直接のきっかけとなったのは、30年近くにわたり出雲とモンゴルの文化交流をしている方が公演を見て作品を気に入ってくださり、モンゴルでの公演を勧めてくださったことです。

 

その時に調べてみてわかったのですが、モンゴルと当作品には、

 

①スサノオがもともといた「スサ族」がモンゴルにいたという説があり、スサノオを祀る神社もあると言われている。

 

②モンゴルには「天の神、地の神」がいると信じられ、大地を耕すことを禁じられている。しかし、現在のモンゴルでは外貨を得るために、地下資源であるウランやプルトニウムが大量に掘り出され、一部の遊牧民の間では「神の祟りがあるのではないか」と噂され、社会問題になっている。

 

・・・という共通点があることを知り、モンゴルで公演することの意義を、より強く感じるようになりました。
 

人々の心を癒し、魂が震えるサウンドセラピーの歌声と舞。
人々の心を癒し、魂が震えるサウンドセラピーの歌声と舞。
 
現代表現でありながら、世界に共通する懐かしみを感じる作品に仕上げました。


<モンゴル公演の概要>

ミュージカル公演

首都ウランバートルと、テレルジ国立公園でミュージカル公演をいたします。

同時に日本のツアー参加者にモンゴルの文化を体験していたくため、ゲルの宿泊、馬頭琴やホーミーなど伝統芸能の野外コンサートを開催したり、ウランバートル市内・モンゴル博物館などの観光を予定しています。

 

期間:2018年6月21日(木)〜6月27日(水)

※フライト時間が未定のため、あくまでも予定となります

定員:20名

 

文化・企業交流の場の提供

モンゴルにて両国の官庁、マスコミ、協賛企業、市民の交流の場として、交流親善の重要な機会にします。

 

パネル展示

私たちの活動とモンゴルのことを知っていただくため、出雲市を中心に島根県内にてパネル展示を開催します。モンゴルの風景写真、モンゴルの現状、私たちの公演写真などを展示します。

 

報告会の開催

モンゴル公演からの帰国後、日本国内で報告会を開催いたします。

■キャスト紹介

いなたひめ:髙須賀千江子(自然光ダンサー)

スサノオ、アリタマ:神田剛志(俳優)

アマテラス:Aika-橋本恵子-サウンドセラピスト/歌手・作詞・作曲/サウンドセラピー講演家)

おろち:角森行宏(歌手)

タケル:涌井良介(俳優

フルート演奏:橋本可愛

 

みなさまからのご支援は、初の海外公演となるモンゴル公演の開催費用の一部として使わせていただきます。

 

モンゴルの草原とゲル。

 

芸術を通した世界平和の実現へと繋げていきます。

 

この公演を行うことで、出雲でのロングラン公演や国内外での出雲魅力発信、そして、世界平和へと繋げていければと考えています。私たちがこの公演で実現したいことは4つあります。

 

①世界平和

一番実現したいことは、世界中が平和になることです。

世界各地でこのミュージカルを公演することで、平和への想い共有し、実現していきたいと思っています。

 

②出雲でのロングラン公演

ミュージカル『いなたひめ〜おろちの森〜』の、出雲でのロングラン公演を目指します。私たちが住んでいる島根県の出雲大社には、たくさんの参拝者が国内外からいらっしゃいます。国内外から参拝に訪れる方々に、神話ミュージカルで出雲の風土を感じ、感動していただきたいと思っています。

 

③国内外での日本・出雲の魅力発信

私たちが国内外で公演をすることで、「和」の心、日本の魅力、出雲神話を世界中の人々に知ってもらうことになります。さらに【参拝】×【観光】にあわせて、私たちのミュージカルを【観劇】していただくような企画を実現し、日本や出雲に実際に来てもらうきっかけに繋げたいです。

 

④新たな作品を海外で公演

今回のプロジェクトであるモンゴル国での公演に引き続き、ヨーロッパやアメリカなど世界各地での公演も予定しています。また、『いなたひめ~おろちの森~』に続く、日本神話のミュージカルを創作し公演します。

 

芸術を通して、一人ひとりの心が健やかに、そして豊かになることで、みんなが平和を願う世界をつくることができると、私たちは信じています。出雲から世界中へ平和を発信する—壮大な夢ではありますが、みなさまのお力をお借りすることで、その第一歩を実現することができます。どうか、温かいご支援と応援をよろしくお願いいたします。

 

日本(島)の根・島根から、神話のふるさと出雲から、「和」のエネルギーを広めていきます。

 

モンゴル公演に先駆け、

いち早く観劇できる特典チケットをご用意いたしました!

 

今回ご支援をいただいた方には、ミュージカル「いなたひめ~おろちの森~」公演の招待券もご用意いたしました!なかなかモンゴルまでは見に行けないという方、またいなたひめをまだ観たことをないという方にも楽しんでいただきたいと思っております。
※公演の詳細に関してはプロジェクトが成立後にご連絡させていただきます。

また、公演に来れない方には、2018年2月11日(日)に行われる公演のDVDをお届けいたします。

 

 

また30,000円のご支援をいただいた方には、世界中が涙した歌声サウンドセラピー講師で、本作品でアマテラス役のAika-橋本恵子-氏のCDを、そして、いなたひめ役の髙須賀千江子によるヨガの『個人レッスン』『出張レッスン』や、あなただけのために舞う『オーダーメイド舞』を体験できる特典もご用意いたしました。

 

■Aika-橋本恵子-氏 ホームページ http://www.aika-dream.com

■髙須賀千江子 公式ブログ https://ameblo.jp/sekainohate12/

 

橋本恵子氏オリジナルソング「ありがとう」 

 

■「神の慮り」

https://www.youtube.com/watch?v=gApkauWzvd4

■プロモーション映像    https://youtu.be/oyUuA9d4V5M


最新の新着情報