皆さんは、何かを美しいと感じたのはいつからですか?

 

私は小さいころ、大人がなぜ夜景を綺麗と思うのかが、不思議でした。

私にとって、ただの光の集合体だったからです。

これがなぜ綺麗なんだろう?
と、当時強く思ったことを今でも覚えています。


でも、いつのころからか夜景を綺麗だと思い始めました。

写真も手伝って、今では美しいと思える領域がぐんぐん広がって、
幸せが増えた気がします。

 

何が言いたいかというと、
美しい、というのは経験の部分が大きくある気がしています。

例えば私は春の匂いを、恋した時に初めて感じました。

 

楽しい時間や、優しい気持ち、
寂しかったり、迷いも、
すべてが経験にくっついているんです。


私は子供のころ、
自然いっぱいの住宅街で育ちました。

花の蜜を吸ったり、細い道を探険したり、
裏山の狭い階段を登ってみたり、
木のツルで遊んだり木の実を拾ったり、、

 

人工的な玩具は、遊び方が決まっていますが、
自然は、理由がなく存在しているものです。

だからこそ決まりがなく、無限の遊び道具でした。
もう使われなくなったような道や階段も、
新しい場所へ続く冒険でした。

 

 

そういう経験が手伝って、
自然や古びた路地を見ると今でも子供の頃のように、
新しい何かと出会えるような、
自由に走り回れるような、
ワクワクした気持ちになります。

 

探険はいつまでも続く気がしたし、
いつも新しい出会いがありました。

 

ただ、大人になってくると
そういうワクワク感を、つい忘れているんです。
私たちは既知のモノや、
コントロールできる何かに囲まれて生きているからです。

 

そして、自分自身までその何かの一部になっています。

 

そうじゃない自由な発想で、
何者にでもなれる気がした子供の頃の気持ち、
大人の自分が忘れがちな感情を、
もう一度思い出させてくれるもの、
私にとってのそれは、森や自然、

そこで出会う何か、だったんです。


私が度々作品で、階段やドア、続く道を描くのは、
その先へ続く希望を表したいからです。


古びて苔むした石造りの建物を描いているのは、
何のために存在したか、
今はもうわからないくらい、自然に侵食された場所は、
積み重なった時間を感じられるからです。

 

 

気が遠くなるような時間を表現することで、
今、ここにいることの大切さを描きたいと思いました。

 

石造りの建物は、1000年以上も朽ちずに存在し続けられます。
苔むすまでの気が遠くなる時間、
いくつもの春夏秋冬を超えての「今」を作品を通じて

表現したいと思っています。

 

大きな時間の中の、今
壮大な空間の中の、ここ、
その2つが交わる地点に、私たちは生きていて、
その先に希望もあることを、
作品で残したいと思っています。