一体なぜ、こういう心象風景を作っているのか、

言葉にするのは、とっても難しいですが、
書いてみたいと思います。

 

ひとことでいうと、

自分探しの旅のようなもので、

 

迷いながらも、

いま、ここで、生きている、

私たちのその先には、

希望があることを忘れないため、

それを形にしておきたいと思いました。

 

 

なぜ、そういうことを作りたいのかについて、

きっかけがあります。

 

私はずっと人物を撮ってきて、
その人を表面的に撮るのでなく、
少し内面に触れるような作品を作ってきました。

 

そこで色んな人の色んな想いに触れ、
当たり前ですがみんなそれぞれに、
迷ったり苦しんだり、気づいたりしながら生きていて、
そういうことがとっても美しいって思うんです。

 

私にとって人の作品を作るという作業は、
旅や、宝探しの冒険に近いです。

 

少しでもその人の独特な感覚に寄り添えるよう、
私自身は水のようになって、
そうすると、その人特有の魅力を発見します。

その出会いが私にとって、

どこかでみたことがある気がするけれど、

初めてで不思議な感覚なんです。


理解できる気がするけれど、

入り組んでいて、
きっと、全部は理解できていない、
でも、その先にもっと続くモノがあって惹かれるんです。

 

本当に言葉にすることは難しいですが、
彼女たちにシンクロする私の迷いと、
その中で見つけた希望みたいなもの、
それが、これらの作品です。

 

ただ作品にあるような場所を感じたわけではなく、

あくまで、ここではないどこか、

という感覚とその時の心境を表しています。

 

それは私自身であり、私が見た彼女たちであり、
積み重なった記憶があり、
その上に、いま、ここで生きていて、
さらに、ココから次へと向かっていきます。


そこには希望があるんです。

 

登場人物は上を見上げています。
そこにどんな空が見えようとも、
いま、ここから、明日へ繋がっています。

迷っていても、
思うようにならなくっても、
きっとその次には、
新しい自分が始まります。

 

明日は、つづきを書きたいと思います。

 

新着情報一覧へ