皆さんこんにちは!

私たちのページをご覧頂きありがとうございます。

1年の佐藤透です

今回は僕から『plas+への思い』をお話させ頂きます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕は麗澤大学に入学して、特にやることもない毎日を過ごすなかで

 国際協力専攻として何か出来る事はないかといつも考えていました。

 

そんなある日、ふと麗澤大学にplas+という

子どもたちを支援している団体があるという事、

また僕が高校生の頃、学校に行けない子ども達の支援に

興味があった事を思い出しました。

 

同期の丸山にplas+に興味があるという事を伝えたところ、

すぐに4年生の市川先輩から「入ってくれたら絶対後悔させないから」と

熱量の高いLINEが届き、plas+のミーティングを見学する事に。

 

どんな団体なのだろう正直ミーティングが始まるまで不安でいっぱいでしたが

ミーティングが始まり1年生が1人ずつ自己紹介はじめると

先輩たち(特にリーダーの村瀬先輩)がニコニコと満面の笑みで

本当に嬉しそうに僕たちの話を聞いてくれました。

 

こんな風に僕達の事を歓迎してくれて、

こんなに楽しそうな先輩達と一緒に活動したい!

そして、先輩たちがやろうとしている事を応援したい!

そんな気持ちになり僕はplas+に入ることを決めました。

 

plas+に入った当初は尊敬する先輩の目標を応援したいという気持ちでしたが、

半年がたち1年も本格的に活動に携わるようになった今、

先輩たちの目標はちゃんと僕らの目標になっていると実感します

そして僕たちも本当にplas+の一員になれたのだと感じています。

 

なかなか直接言う機会はありませんが

僕たちのことをplas+に歓迎してくれた先輩たちに本当に感謝しています

また、これからも大好きな先輩達と一緒に活動していきたいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます!

 

NEXT→ 【メンバーそれぞれの思い】

 

by 高橋くるみ

 

新着情報一覧へ