こんにちは!いつも温かいご支援ありがとうございます。

日本教員多忙化対策委員会の栗山です。

 

本プロジェクトをご支援頂いた、 ほっしーさんから優しく力強いメッセージをいただきました。ありがとうございます!

 

▼本プロジェクトを支援した理由を教えてください。

2つの県の小学校現場で計9校で働き、正規の教諭も講師も常勤・非常勤、産休育休代替・介護休暇代替・病気休暇代替・定数欠と多くの教員の立場を経験してきました。公教育の地域差(子供の自体の学力や経済格差のことではなく、事務仕事のあり方やICT環境の差、特別支援に対する対応などなど)にこれでよいかと思いながらも自分のできる限りのことを続けている毎日です。
民間での経験もあり、だからこそ、事務レベルの仕事は、全国ベースで整備されることで削減される仕事が多くあると感じています。以前からSENSEI NOTEのサービスでお世話になり、いよいよ動き始めたことで、力になりたいと支援を決めました。


▼本プロジェクトへの応援メッセージ

みなさんの提案、尽力感謝いたします。現場の教員が動けない分、みなさんがこのように情報を積み上げ、動きを作ってくださることで、きっと素晴らしい学校の職場環境づくりができると期待しています!!!子供と向き合う時間を増やすのを実現するためのプロジェクト大賛成です。

==

 

クラウドファンディングは引き続き継続しております。

期間終了まで残り約1時間。最後まで走り切ります!


引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

 

日本教員多忙化対策委員会

栗山

 

▼プロジェクト詳細はこちら

新着情報一覧へ