プロジェクト概要

21世紀はアジアの時代。アジアのハブをめざすKYUSHU。その「九州」の魅力発信は、まさに、日本そのものの存在をアジアに伝えること。地震にもめげず、風水害とも戦いながら前を向く九州が愛おしい……

 

 

「アジアに輝くフロンティア九州」。九州を創ることは未来の日本を創ること。九州の明日をあなたと共に創りたい。

 

はじめまして、地域企業連合会 九州連携機構(※1)の小早川明徳と申します。私は1977年に日本初の新卒学生共同求人事業を始め、新卒・中途採用者、管理職、高齢者の人材確保事業など一貫して人材事業に取り組むと共に、九州各県との広域連携による「県際サミット」「福北連携」「九州地域間交流会」「九州未来会議」等を主管運営して参りました。またアジアを中心とした7か国の友好協会や国際学生活動の支援や二国間の課題に取り組むカンファレンスの開催等の国際事業など、さまざまな領域で地域・社会課題の解決と未来への挑戦を続けてきました。

 

中でも、熊本地震後、九州の産学官一丸となって取り組んだ「一億総活躍・地方創生 全国大会 in 九州(※2)」(実行委員会主管)は、自然災害時に九州各県・全国各地との信頼関係の醸成と協力関係の構築等、大きく前進をみるに至りました。

 

そして、今回「Japan Content Showcase 2017」(以下JCS2017)への出展は、九州ブランドをより一層鮮明に印象づけるための様々な工夫がなされています。九州をPRし、具体的な効果を飛躍的に拡大していくことで、地域活力の創出や地域連携の相互扶助につなげ、活力ある強靭な九州の創造をリードしていきたいと思います。

 

<イベント概要 TIFFCOM/TIAF>

日程:2017年10月24日(火)~26日(木)

商談会場:サンシャインシティ コンベンションセンター(東京都豊島区東池袋3-1)

出展対象:映画、テレビ、アニメーション、音楽、出版、キャラクター、ゲーム、モバイル/インターネット、ホーム・エンターテイメント(VOD、DVD、Blu-ray)、イベント/コンサート などのコンテンツホルダー様および関連団体・企業

 

九州を盛り上げていくため、九州の魅力を世界に伝えていくため、皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

※1 参考:http://www.aie-kyushu.com/

※2 参考:http://www.kyu-ef.com/30th/chiho_kyushu/index.html

※3 「Japan Content Showcase」:映画・テレビ・アニメ業界と総務省・経産省が映像産業の振興を目的に組織されたプロジェクト。

 

一歩ずつ、九州を前へ!

 

反響の大きいドラマ制作。ロケ地探訪映像イベントで地域活力を創る。

 

これまで九州に関わる事業をいくつか行ってきましたが、中でも「アジアドラマカンファレンス(※4)」はその色合いが強く、主に九州のロケ地誘致や映像制作など地域の情報発信をしてきました。数年前に制作したタイのドラマ『きもの秘伝』はその一つであり、ロケ地であった佐賀県へのインバウンドは2013年と2016年で14倍の増加がありました。また、今年9月に福岡県5自治体で開催した「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2017 in 福岡」もJCS出展による大きな成果のひとつとして実を結びました。

 

そして、こうした反響の大きさからその後も積極的にロケ地を誘致し、九州のロケ地を継続的に採用してきました(長崎県 『Hashima Project』、熊本県 『アリエル王子と監視人』、佐賀県 『ステイ』など)。これにより九州の露出機会が増え、さらには、映像制作に携わる人材の育成等にもつながり地域に活力を呼び込んでいます。

※4 参考:http://www.aie-kyushu.com/atdc2016/

 

アジアドラマカンファレンス 2016

 

「九州はひとつ」を合言葉に。九州を日本全国、そして世界へ売り込む!

 

こうして地域の課題解決から九州の「観光」「産業」の育成に取り組み、「自然」「環境」という地域資源に、国際社会における九州の認知度向上を目指してきましたが、さらにそれらの活動を地方創生につなげるべく、東京国際映画祭の関連イベント「JCS」に2015年から「九州PRブース」を出展し、注目を浴びています。

 

しかし、そんな最中起きたのが熊本地震であり、九州全域で相次いで発生した自然災害です。私達は今こそ地域の一体感や地域相互の連携強化が急務だと認識し、九州未来会議の開催等を通じ、人脈ネットワークの強化、情報の収集発信による創発効果の向上、九州の30年後の未来を描く夢や志の価値観共有による具体的な行動計画を明確にして進んでいこうとしています。
※5「九州PRブース」:初めて参加した2015年は11カ国1140名のブース来場者数、6カ国15件の商談実績でしたが、翌年は20カ国700名のブース来場者数、42件の商談実績と大幅にアップ。

 

JCS2016 九州ブースの様子

 

九州ブランドをPRする3つのステージをつくります!

 

今回のプロジェクトでは、「JCS2017九州PRブース」の設置に加え、新たにJCS主催者のご好意により展示場内における九州の食や秋の味覚を満載したフードコートの運営や、サンシャインシティ噴水広場での「九州・熊本 / 応援 / 文化催事」を同時開催することに決めました。九州が誇る「食」の魅力で、九州の地域風土への関心を高めてもらい、自然や環境の魅力に気づいていただき、関係者の目と足を九州に向けて頂く効果を期待したいと考えています。

 

九州・熊本応援文化催事
(サンシャインシティB1噴水広場_10/24、25)

[1] 熊本県人吉市 『おじいちゃん、死んじゃったって。』

熊本県人吉市がロケ地となった本作品は、今秋11月に全国公開される東京国際映画祭エントリー作品です。映画の監督や出演俳優によるトークショー等を行います。本映画のロケ地人吉市は、鹿児島・宮崎両県との県境に位置し、城下町として栄えた。九州山脈の山々や、日本三急流・球磨川下り、源泉かけ流し温泉の魅力で新たな観光客の誘致、ロケ地からの情報発信による交流人口の拡大等が期待されます。

 

[2] 日本神話「古事記」のミュージカル『天の河伝説』

日本神話「古事記」のミュージカル版である本作品は、世界が集う2020年を目指します。プロジェクトでは「天の河伝説」の脚本家や製作者を招きトークショー等を行います。九州において「古事記」所縁の土地や神話を発掘し、日本人の精神文化を九州から世界に向けて発信します。

 

[3] 『KIMONO PROJECT』〜世界はきっとひとつになれる〜

世界196か国の「KIMONO」を製作し、「KIMONO」で世界をつなぐ久留米を発祥としたプロジェクトです。プロジェクトでは実際に着物を着てランウェイを行い、世界が集う2020年を目指します。我が国の技術と「和」「融」「結」で表されるニッポンの心を紹介し、海外の人たちに日本文化の素晴らしさを伝えます。

 

[4] 『九州めぐり唄』〜誰もが聴いたことのある懐かしい唄の旅〜

NHK『みんなのうた』作詞・作曲担当、青SHUN学園のSHUN氏と歌手・アナウンサーの藤田恵子氏の二人が青SHUN学園メンバーを率いて『九州めぐり唄』を披露します。九州の風土が醸し出す詩情と旋律、九州にまつわる童謡と唱歌は、心の奥深くに眠るふるさとへの思いを呼び覚まし、聴く人の心を九州に誘います。唄巡りマップとして九州へのインバウンドが期待できます。

 

JCS 2017九州PRブース
(サンシャインシティ コンベンションセンター4階_ 10/24~26)

出展3年目の今年は熊本震災復興支援映像、九州観光PR映像、九州発ドラマ・ドキュメンタリー映像の紹介、日本神話「古事記」映像、そして九州ブランドの焼酎やチョコレートショップなど九州の魅力満載でインバウンドにつなげていきます。

※この場所を中心に、特別にコンテンツ毎に切り出したのが「九州・熊本文化催事」「壱岐・朝倉・筑後フードコーナー」です。

 

 

JCS 2017壱岐・朝倉・筑後フードコーナー
(サンシャインシティ コンベンションセンター4階_ 10/24~26)

壱岐、朝倉、筑後から九州の「食」を提供します。自然に囲まれている九州は山の幸、海の幸が豊富にあります。中でも壱岐の焼酎は世界に名を馳せるほど有名です。その他、お茶漬けや秋の味覚の果物など九州各地の美食をご用意します。これらを来場者の方に一度味わっていただければ、魅力に気づいていただけるはずと思っています。
 

 

「九州はひとつ」。インバウンドで地域経済を活性化し九州をアジアの拠点に!
皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

21世紀はアジアの時代と言われ、九州は日本の中でもアジアに近い地域です。今回のプロジェクトを通じて「九州はひとつ」という意識を高めるとともに、その魅力を世界に発信していき、九州を拠点とした今後のアジアへの展開を期待したいと思います。

 

そのために、まずはプロジェクトを成功させなければなりません。インバウンドが増え九州に足を運んでもらえる機会が増えれば地域経済の活性化、ひいては自然災害が相次ぐ九州の支援につながります。プロジェクトにご賛同頂き、一緒に九州を盛り上げていけたらうれしいです。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。
 

みなさんよろしくお願いします

 

◇◆◇ご支援金の使用用途◇◆◇

皆さまからいただいたご支援金300万円はイベント出展費の一部に充てさせていただきます。