プロジェクト概要

2020年、日本中の人たちと一緒に空手競技を応援したい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。NPO法人世界武道連盟風林火山の本村雅寛です。

 

福岡県柳川で生まれ育った私は、友人と一緒に新日鉄空手道部に入会したことをきっかけに、この世界に入りました。その後、あらゆる流派が参加する世界武道連盟風林火山を立ち上げ、約30年間、国内外で空手道の指導と大会の開催を行ってきました。

 

オリンピック競技にも選ばれた空手ですが、国内での協議ルールの認知度はあまり高く無いのが現状です。2020年に向けて、もっと多くの人に空手の魅力を伝えたいと考えています。

 

そこで今回、東京武道館で開催する「第17回 全国国際武道空手道交流大会」で、海外選手の招致や試合を動画で撮影し配信するために、このプロジェクトを立ち上げました。皆さまの応援・ご支援をお願いいたします。

 

左から本村、スリランカの支部長、副代表の大塚

 

野球よりも世界の競技人口が多いと言われているにも関わらず、日本ではあまり浸透していません。

 

空手は、琉球王国時代の沖縄で生まれました。それが大正時代に日本各地に伝えられ、さらに第二次大戦後は世界各地に広まりました。現在、世界の競技人口は約6,000万人と言われています。

 

さらにオリンピック競技にも選ばれましたが、日本では競技のルールを知っている人は多くないのが現状です。

 

空手は一見複雑なルールのよう思われるかもしれませんが、基本を知れば、誰でも楽しむことができます。

 

まず、競技には「形」と「組手」があります。形競技は、基本動作を組み合わせたもので、1つ1つに意味があります。同じ型でも、間の取り方、緩急やスピードのつけ方で違いが出てきます。一方組手競技は、相手との間合いの中で、戦略的に動きながら、同時に瞬時の判断も必要となります。

 

同じ武道である剣道にも形はありますが、試合では行われません。1つの競技で形も組手も楽しめるのは、空手の魅力の1つです。

 

また、空手は単に勝負にこだわるのではなく、精神を鍛えることに重きを置いているので、体だけではなく、忍耐力や集中力を鍛えることができます。さらに、礼に始まり礼に終わるので、礼儀作法や挨拶も身に付きます。

 

単に腕力が必要なものではないので、女性や子どもでも挑戦しやすいスポーツなのです。

 

組手競技の様子

 

この大会では、海外選手の招致、試合の動画配信を行うことで、たくさんの人に空手を見てもらいたいと考えています。


今回、試合の様子を撮影し動画を配信することで、試合を見に来られない人にも楽しんでもらいたいと考えています。

 

また、外国人選手を招致することで、日本で生まれた本場の技術を外国人選手に肌で感じてほしいです。そして、オリンピック向けて、世界を巻き込んで盛り上げていきたいと思っています。

 

この大会は、全ての人が同じ立場に立つことが大事だと考え、流派の差別なく、全空連方式、防具方式、極真方式、グローブ方式の組手の試合と、形の試合を同一会場で行います。

 

ー第17回 全国国際武道空手道交流大会ー


日時:平成30年1月20日(土)

開催場所:東京武道館

大会参加人数:300名~400人予定(幼年の部~シニアまで)

スペシャルゲスト:長与千種

たくさんの選手が参加予定です

 

 

空手という競技から、争いのない世界に。

 

私は、空手は互いを認め合う事の出来るスポーツだと感じています。

 

空手にも「流派」というものがあります。ある日、私とは異なる流派の全日本チャンピオンと対戦をする機会がありました。私たちは流派が異なるにも関わらず、彼は私の技術を認めてくれました。

 

その時、流派は違っても、同じ立場に立つことで、最後は和するものなのだということを学びました。これは空手に限ったことではないと考えています。「人間は民族、国、考え方、流派の違いこそあれ、平和、友好、信頼を共有できる」これが私の信念です。

 

世界を見ると、紛争があらゆる場所で発生していることに心を痛めます。昔、第一次世界大戦のころ、ローマ法王が前戦で戦っていたドイツとフランスの兵士たちに、クリスマスの日だけは戦争を停止するよう提案しました。兵士は喜び、鉄条網を乗り越え、お互いに握手し、踊りあったそうです。

 

世界は違いますが、「空手の大会のある日だけは争いを停止する」そんなきっかけになればと思っています。このプロジェクト、そしてオリンピックをきっかけに、この輪が多方面に広がっていくように努めて参ります。どうか皆さまの応援・ご支援をお願いいたします。

 

子どもたちにも空手を通してたくさんのことを学んでほしいと思っています

 

▶リターン

 

▷サンクスメール

 

▷大会オリジナルTシャツ

 

▷大会優先席をご用意

 

▷大会プログラムにお名前(企業・団体名)の掲載

 

▷大会プログラムに広告の掲載(A4ページの半分)

 

 

▶資金使途

 

いただいた支援金は、試合動画作成費用、外国人選手の招集費用の一部として大切に活用させていただきます。