今月21日よりプロジェクトを立ち上げ、早速ご支援いただきました皆さま、本当にありがとうございます。

 

私たちロータリークラブは日頃より社会貢献をモットーに奉仕活動する団体です。しかしながら、社会には私たちの知り得ないいろいろな問題や困りごとがまだまだたくさんあることに日々直面し、私たちだけでやれることの限界を感じたものですから、クラウドファンディングでみなさまのご支援ご協力をいただきたくこの度挑戦しております。

今回は取り組みの中の一つ、「盲導犬を増やそう」をテーマとし、盲導犬とともに生活される落語家さんのご協力を得て、
1.盲導犬
2.盲導犬を育成するのにかかる費用
3.盲導犬の不足している現状
4.盲導犬を必要とされるかたの存在
などをご理解いただくため、落語をきき楽しみながら知っていただけたらいいな、と周知活動としてチャリティーイベントを企画しました。
なにぶん、落語と盲導犬ってどういう繋がりでどういう趣旨?となりがちな催しに「はて?」と思われるかもしれませんが、まずは「人に集まってもらえること」そして構えずリラックスした状態で「知ってもらえること」が大切だと考えたからです。
そして、イベントが成功し、さらに盲導犬の育成資金につながれば
ご自身の目に代わって共に生活する盲導犬が増える=生活が少しでも安心できて楽になる方が一人でも増える
そう思い、ぜひともこのクラウドファンディングをみなさまのお力で達成させたいとおもっております。

締め切りまでまだまだ日にちはありますが、一頭でも多く、世の中に盲導犬を増やしたい、そう思っておりますので何卒みなさまお力をおかしください!
年の瀬、お忙しい中と承知しておりますが、よろしくおねがいいたします。
また、みなさまにとって来たる「いぬ」年がよい年となりますよう!

浦野

新着情報一覧へ