B469b51123f64ca19c1d586bbf01ae39614cb50d


2018年1月18日
シンガーソングライターの吉崎さとしさん、当法人の坂内智也(ばんないともや)と理事長で、今回のプロジェクトの打ち合わせを上野でしました。
吉崎さとしさんは車イスを見るのも、車イスユーザーの話を聴くのも初めてで衝撃を受けておりました。
歌のイメージをその場で伺い、楽曲の完成を待っていましたが突然、吉崎さとしさんより理事長へ電話がありました。

「健常者の目線で作りたい」
そう、吉崎さとしさんは言いました。
やはり、吉崎さとしさんなら気づいてくれると理事長は信じてしまいました。
理事長が吉崎さとしさんを選んだのは、車イスユーザーではないからです。
車イスユーザーではないから、気づくものがあると信じていたのです。
翌日には楽曲の仮音源を送っていただき、NPOの社員が全員納得といいますか期待以上の作品でした。
この作品がサンドアートと組合わさり
障害者と健常者の共生できる社会作りのきっかけに必ずなると信じています。
皆様のご支援が必要です。
どうぞよろしくお願いいたします。