もう一つ耳より情報を!

 

2015年改正により100万円未満の美術作品は減価償却の対象に!

 

企業や店舗に飾って空間を彩る絵画や彫刻は、美的資産でありつつも事業に役立つ設備という一面もあり、減価償却の対象になるのです。

 

これは余り知られていないのではないでしょうか?

 

因みに、償却期間は、  絵画・彫刻・陶磁器 8年。金属製の彫刻などは15年となります。

 

法人をお持ちのかたは、是非この仕組みを活用することをお勧めします。

そして、まだ無名の前途有望な作家が、そのキャリアを早期に諦めなくても良くなることを願ってやみません。

 

当ギャラリーで取り扱う作家の作品も、ほとんどが100万円未満(ていうか、数万円〜)の作品です。

というわけで、FYIでした。

新着情報一覧へ