今回のプロジェクト実施させて頂く中

母の日、父の日を迎えられた奇跡。

 

実は、、、4年前に初めて地元で講演会を主催したいっ!と
術後半年足らずでしたが、チャレンジした時

「産んでくれてありがとう」を
両親へ伝えました^^
 

 

滋賀県在住の辻中公さんをお招きし

地元、高原町で 「こ(子・己・個・古)そだて講演会」

初主催したのが、きっかけでした。
 

 

 

辻中公さん主催のUATプロジェクト

【「産んでくれてありがとう!」をハガキで両親に伝えよう!】

 

「産んでくれてありがとう」と書かれた

ハガキに講演会等の場で両親へ宛名を書いて

贈るというプロジェクト。

 

 

術後、筆文字を書き始め
療養中に「産んでくれてありがとう」と筆文字で書いた

ハガキを制作し、プレゼント応援させていただいてました。

 

※退院後3ヶ月の自宅療養

facebook投稿やこの応援が

唯一社会との接点となり

私は元気をもらい、自分の価値をなんとか

保てていました。

 

 

 

その際に、「21日間、両親へ出してみませんか?」と

辻中さんよりご提案頂きチャレンジ!!

 

せっかくチャレンジするならばと・・・
20日間分のハガキが到着すると
また別のメッセージが浮かび上がるという

チャレンジしてみたんです^^

 

 

※ちなみに
おとうさん

おかあさん

いつも感謝

ありがとう
の文字が別に浮き上がるように制作。  

 

 

最後の1日の作品を講演会会場で

サプライズプレゼント。

 

 

とにかく、恥ずかしいやら照れくさいやら。。。
ただ、あのチャレンジのおかげで

その後、両親に本当に自分がやりたい!ということ
素直に話できるようになったのもあの時から。

 

 

 

その後、筆文字活動を中心にした生活。

 

あの21日間のチャレンジをしたことがきっかけ

やりたいことを1つずつ実践し、

夢や目標叶えてきた丸3年。
 

 
ジャパンエキスポパリへの出展のお誘い受けてから3年。

まさか、こんなに早くチャレンジすることになるとは!?
 
自分のやってみたかったこと
ちいさいことから1つずつ。

 

実現してきた積み重ねにより、

今回のチャレンジを思いきることが

できたのかもしれません。
 

 

今回のパリでの出展の実現に向けて
テーマや内容は、多少変わりましたが

思いきってチャレンジすることには

変わりはありません。
 
 
支えてくれる両親や妹に感謝です。
そして、

本当にたくさんの方から

毎日のように応援メッセージが励みになり

私の力になっています♡

 

 

まだまだチャレンジ続けます。

 

西諸は、高原町の御池にて^^


残り5日となりました。
どうぞ最後までよろしくお願いいたします^^

 

心書家のんちゃん

新着情報一覧へ