プロジェクト概要

▼自己紹介

 

はじめまして、ご覧いただきありがとうございます。

 

私は“こんぺいとう。”という名前で「雨、時々こんぺいとう。」というハンドメイド系ネットショップを運営しています。

 

 

ネットショップでは自分でデザインしたオリジナルのスマホケースの販売を行っています。

 

 

 

▼オリジナルスマホケースを作ろうと思ったきっかけ

 

私はこれまでフリーランスのライター・デザイナーとして、クライアント様からいただいた執筆案件やデザイン案件を仕事としてこなしてきました。

 

文章を書いたりデザインしたりするのは好きなので、好きなことを仕事に出来ているというのはとても恵まれていることだと思います。その反面、自分のスキルを使って好きなものを好きなように作るといった経験がありませんでした。

 

そんな時、とある販売型ワークショップで一人のハンドメイド作家さんと出会いました。その方は自分のスキルを活かしてオリジナルスマホケースやキーケースなどを作って販売していました。

 

商品を見せてもらいながら話をしていると、その方はとても生き生きとしていて心から“ものづくり”を楽しんでいるという印象を受けました。

 

その方からはお客さんと触れ合うことで感じる刺激、自分の好きなものを作る楽しさなどを教えてもらい、私も触発されてオリジナルデザインのスマホケースのネット販売をスタートしました。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

実際にネット販売を始めてみると、真心込めて作った自分の商品が売れる喜び、自分のデザインが評価された嬉しさなど、様々な刺激を感じることが出来ました。

 

その反面、ネット販売ではお客さんの顔が見えるわけじゃないので、お客さんに喜んでいただけたか、商品を気に入っていただけたかなど、なかなかお客さんの表情が見えにくいのも現実です。

 

そこで、きっかけとなったハンドメイド作家さんのように店舗型のハンドメイドショップやハンドメイドを取り扱う雑貨店での店舗販売を行いたいと思うようになりました。

 

しかし、それには多くの費用が掛かります。そこでこのようなサービスで皆様のご支援をいただきたいと思いました。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

プロジェクトは大きく分けて二つの段階があります。

 

①オリジナルデザインのスマホケースのバリエーションをもっと増やしたい!

 

オリジナルスマホケースを製作するには多くの工程が必要です。大まかには、デザインの描き上げ→サンプル品を製作→納得できない箇所や問題箇所を修正→再度サンプル品を製作→完成、といった流れで1つの商品が出来上がります。

 

形にしたいデザインは頭の中にあっても、時間的にもコスト的にも個人の力ではなかなか思うように進まないのが現実です。

 

そこでオリジナルスマホケースの開発にかかる費用の支援をお願いしたいと思います。ご支援を多くいただければ、スマホケースだけでなくキーケースなど他商品の開発なども行うことができます。

 

②店舗販売やワークショップを開きたい!

 

私の最終的な目標は店舗販売やワークショップを行い、実際にお客さんと触れ合いながら自分の商品を売りたいというものです。しかし、これらを行うには多くの費用が掛かります。

 

店舗販売はハンドメイドショップや雑貨店で行う予定ですが、商品を置いてもらうには営業用のサンプルを作らなければなりません。消耗品であるサンプル品を作るのにもコストが掛かりますが、実際に営業に出向くこともあるので、その際には営業コストも掛かります。また、ワークショップを開催する際は会場となる場所の費用も掛かります。

 

そこでこのような活動にかかる費用の支援をお願いしたいと思います。

 

これからヴァリエーションを増やしていきたい手帳型スマホケース
これからバリエーションを増やしていきたい手帳型スマホケース

 

 

▼プロジェクトを実施する目的

 

今回のプロジェクトは私の個人的な夢を叶えるため、皆様からご支援をいただくというものです。しかし、せっかくご支援いただいたのに、ただ単に自分の夢を叶えるだけで終わりにしたくはないと考えています。

 

昨今では企業に勤めるだけが働き方ではなく、スキルを持った人がフリーランスとなるのも一つの働き方として広まっています。

 

その中でどうしても企業からいただく案件に依存してしまう現実があり、フリーランスになっても自分で思い描く“ものづくり”が出来ないという方も多くいると思います。

 

そのような方に“自由にものづくりをする”楽しさや喜びを知っていただく機会を、このプロジェクトを通して作っていけたらとも考えています。まずは知り合いのフリーランスをワークショップに招待し、今の自分の姿を見てもらうことで新しいきっかけに繋げていきたいと考えています。

 

このようなきっかけの輪が広がっていくと、"ものづくり”のコミュニティがどんどん広がっていき、新しい刺激を得る機会がどんどん増えていくと思います。そうすることで“ものづくり”の場が活性化し、より良い商品が世に出る機会が増えていくのではないかと思います。

 

このプロジェクトでは自分の夢を叶えると同時に、微力ながら“ものづくり”の場の活性化に繋げていきたいと考えています。

 

 

▼ご支援いただいたお金で実施すること

 

まずはオリジナルデザインのスマホケースのバリエーションを増やしていきたいと考えています。現在扱っている商品だけでなく、より多くのデザインバリエーションを取り揃えることで、より多くの方の目に留まるのではないかと考えています。

 

具体的には、現在扱っている商品のほとんどがケースタイプ(スマホの背面を覆うプラスチックタイプのケース)ですが、ご支援いただいたお金でよりデザインとマッチした手帳型のスマホケースも作っていきたいと考えています。高品質の革を使用した手帳型ケースで、ワンランク上の品質の商品をバリエーションに加えていきたいと思います。

 

また、新しい商品開発と並行して店舗販売に必要な営業サンプルを作製し、京都・大阪・兵庫を中心に店舗販売に向けた営業活動を行っていきたいと考えています。

 

商品バリエーションが増えた後、ワークショップ(開催場所は京都・大阪・兵庫のいずれかの予定)開催に向けた活動を始めていきたいと思います。

 

 

▼リターンについて

 

500円:感謝のメールをお送りいたします。

3000円:当ショップで取り扱っているスマホケース(ケースタイプ)を1つプレゼント(一部機種には対応していない場合があります)。

5000円:当ショップで取り扱っているスマホケース(手帳タイプ)を1つプレゼント(一部機種には対応していない場合があります)。

 

▼プロジェクトの終了要項


①2019年4月30日までに、オリジナルスマホケースを150個製作する。

②2019/3/23に“好きをかたちに同好会(ワークショップ)”を開催する。

*好きをかたちに同好会(ワークショップ)について 
・開催日時:2019/3/23 
・開催場所:未定
(候補地:cafebar marimo、URL:https://hp.cafebar-marimo.com、住所:京都府京都市北区紫野大徳寺町26-19、正式決定日:2019/3/1) 
・ワークショップ内容:「好きをかたちに同好会 」
 好きなものをかたちにする楽しさを感じてもらう販売型ワークショップです。実際の商品を見てもらいながら、オリジナルスマホケースを作るデザイン体験をしていただきます。頭の中で思い描いたことを形にしていく楽しさを感じてもらい、ハンドメイドやものづくりの輪を広げていくのが目的です。 
・開催場所が屋外かどうか:屋内(悪天候時も開催) 
・不可欠なゲスト:いない 
・天災等やむを得ない事情により予定していた日にイベントが開催できなかった場合:ワークショップ開催費用としてご支援いただいた10万円を、新しいスマホケースの製作に使用します。


最新の新着情報