プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

▼自己紹介

はじめまして。会津大学トライアスロン部の蓬田直生です。

 

第23回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会

 

僕は大学に入ってからトライアスロンを始め、2019年で4年目となります。

僕がトライアスロンを始めたきっかけは大学入学後の部活の勧誘です。もともと高校までサッカーをしており、体力には自信があったので陸上や駅伝に挑戦できればいいなと思っていました。しかしそのような部活やサークルは存在せず、走るだけでもいいよという誘いからトライアスロン部に入部しました。

しかし次第にバイクに強く惹かれ始め、勉強やバイトの空き時間を見つけるとロングライドへ行ったりするようになりました。そこで友人と東京や大阪までのロングライドなどの経験を経て、長い距離を走る魅力に取り憑かれ、距離が長いトライアスロンに挑戦してみたいという気持ちが生まれ、佐渡の日本一長い*と言われるロングディスタンスのトライアスロン大会へ参加するようになりました。(*2019年2月現在 Wikipediaより)

 

そして、小学校からしていたサッカーや水泳、書道の経験から体力、集中力、忍耐力などを生かし、ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権の日本代表の参加資格を得ることができました。

 

しかし、出場するにあたって渡航費などが学生の自分にはとても高価で、全てを自分のバイト代だけでは賄いきることができず、参加が難しい状況となっています。そこで今回、こちらのクラウドファンディングで皆様のご支援を募れればと思い、プロジェクトを立ち上げさせていただきました。

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

2018年9月、僕は新潟県佐渡市で行われた佐渡国際トライアスロンに参加してきました。この大会は スイム4.0km バイク190km ラン42.2km と日本一長いと言われ、アイアンマンを超えたアストロマンとまで呼ばれていてもはや未知の領域でした。しかし、日々の練習や友人などの応援やサポートのおかげで年代別4位という結果で完走をすることができ、さらに世界選手権のエイジ日本代表の資格を得ることができました。

 

2018佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ フィニッシュ直後に友人と

 

最初は開催場所がスペインということもあり、旅費などを考えたら僕個人のお金では出場はできないと諦めていました。しかし、あと1年で大学を卒業して就職してしまうので、これからまた世界に挑戦することができるチャンスはあるのだろうかと考えたら出場したい気持ちが強くなり、周りの人たちからのアドバイスもいただいて、このようなプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

5/4にスペイン・ポンテベドラでITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権のエイジグループに日本代表として参加します。

 

この大会はオリンピックなどで行われる通常のトライアスロン(スイム1.5km バイク40km ラン10km)と違って距離がとても長く、ロングディスタンス(スイム3.0km バイク113km ラン30km)となっています。そのため、非常に過酷で肉体的、精神的にも試されるような大会です。僕は残り少ない学生生活でこれに挑戦することで、肉体、精神共にさらに成長することができるのではないかと思っています。

 

 

 

主なスケジュール、費用の内訳、大会の詳細は以下となっています。
スケジュール
4/30(火)    出国
5/1-3(水-金)   スペイン着 手続き、調整等
5/4(土)    大会当日 クロージングセレモニー等参加
5/5(日)    休養
5/6(月)    帰国のため出発
5/7(火)    帰国
費用の内訳
渡航費、滞在費、エントリー費、公式ウェア類、輪行用品類
なお、支援いただいたお金は上記以外には一切使用しないことをここに誓わせていただきます。
大会の詳細
大会名 2019ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権
開催地 スペイン・ポンテベドラ
開催日 2019/5/4(日)
大会HP 以下のバナーになります

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

支えてくれたみんなに恩返しをするために全力で走り切りたい!

その思いを抱え、学生生活最後の年に、学生生活で1番最高だったと思えるような経験をしてきたいと思います。

 

2018希望の森トライアスロン レース後に参加した部員全員と​​​​​

 

過去に村上やうつくしま、佐渡トライアスロンなどで、住んでいるところも年齢も離れていて今まで全く関わりがなかったにも関わらず、トライアスロンの話や趣味、住んでいるところの話などをして仲良くなり、連絡先を交換して今でもたまに連絡をとったりする仲になったことがあります。

今大会やこのプロジェクトではいつものコミュニティをより一層離れ、もっと遠い様々な方々と関わり、自分のコミュニティをますます広げ、さらなる自らの成長へと繋がるのではないかと思っています。

また、このプロジェクトを通してトライアスロンをよく知らない人たちにトライアスロンという競技について知っていただけるきっかけとなれば、自分もやってみよう、応援したい、サポートしたいなどトライアスロン界にとって良い影響を与えることができるではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

▼リターンについて

1,000、3,000、5,000、10,000、30,000、50,000、100,000円のご支援それぞれに、今プロジェクトの結果の報告とお礼のメール、スペインのお土産(お菓子)をリターンとしてお送りしようと考えております。

 

 

 

▼プロジェクト終了要項

2019年4月30日から2019年5月7日までの間、スペイン・ポンテベドラへ行きITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権に出場したことをもって、プロジェクトを終了とする。

 

2019/4/30(火) 成田(17:55)発→(乗継)空路、マドリードへ 機中泊 
2019/5/1(水) マドリード(08:30)着マドリード(11:35)発→空路、ビゴ(12:05)へ ビゴ泊 
2019/5/2(木) エントリー手続き他 ビゴ泊(朝) 
2019/5/3(金) パスタパーティ他 ビゴ泊(朝) 
2019/5/4(土) ■世界ロングトライアスロン選手権■ クロージングセレモニー ビゴ泊
2019/5/5(日) 出発便に合わせて空港へ ビゴ(08:40)発→空路、マドリード(09:50)へ 到着後、マドリード市内観光。観光終了後、ホテルへ マドリード泊(朝) 
2019/5/6(月) 出発便に合わせて空港へ マドリード(10:05)発→(乗継)空路、帰国の途へ 機中泊(朝) 
2019/5/7(火) 成田着(13:00)

*ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権への出場について 
  出場の可否:出場は決定している

 

 

 

なお、このプロジェクトは僕個人によるものであり、会津大学および会津大学トライアスロン部は一切関係ありません。

 

 


最新の新着情報