高千穂の農家へ行って、夏いちごの収穫とジャム作りに挑戦しました。

ここでつくるジャムはイチゴのつぶがそのままの形でジャムになっていました。

つぶつぶイチゴのコンフィチュールとして高千穂の名産にもなっているそうです。

「農家が自分たちで加工品をつくって販売しているという、家族経営での商品作りが興味深い。また、包装や商品説明のタグがきれいだ」とジョンマークは感想を述べました。

ソロモンハニーを使った新商品はイチゴジャムからヒントを得ることができたのでしょうか?

新着情報一覧へ