お世話になります。

みうら学・海洋教育研究所です。

 

昨日より海洋教育写真コンテスト開催のために募集を開始させていただきました。

 

子どもたちの学びを深めるために行っている「海洋教育」ですが

実際の内容がどのようなものなのか、分からない方が多いと思いますので

具体的にどのような事を行っているのか紹介させていただきます。

 

三浦市内のある学校では自分が好きな海の生き物の特徴や習性などを図鑑などを使用して調べ、子どもたち自身が発表していました。

疑問点も発表して、子どもたち同士で意見を出し合い、解決していました。

 

 

ある学校では水槽内に海の生き物を飼っています。漁師さんが持ってきてくれたタツノオトシゴが偶然、卵を持っていました。水槽内で孵化したタツノオトシゴが泳いでいる姿に、喜びの声をあげ、食い入るようにじっと見ていた子どももいました。

 

また、地元の漁師さんがネコザメを持ってきてくださいました!

「かわいい!」と、アイドルを見るように子どもたちは驚きの声をあげていました。

 

体験を通して学んでいく海洋教育、今後もぜひ三浦で続けていきたいと思っています。

みなさまのご支援、よろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ