READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

和歌山市の妊婦さんに抗菌ガーゼマスクを届けたい!

和歌山市の妊婦さんに抗菌ガーゼマスクを届けたい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

11,000

目標金額 2,000,000円

支援者
2人
募集終了日
2020年6月30日
2人 が支援しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

私たち紀の国医療生活協同組合は1985(昭和60)年6月 和歌山市中心部の今福地区とその周辺で地域医療を提供するために設立されました。

4年後の1989(平成元)年4月には今福診療所を開設し、同時に高齢者デイケアサービスを開始しました。介護保険制度が始まる遥か11年も前の事です。
現在は診療所、有料老人ホーム、通所介護、居宅支援(ケアマネージメント)事業を行っています。これらの主な事業に加えて、物忘れ(認知症)専門外来を開設、生協として成年後見を行っています。
診療所は土日祝日の診療も行っています。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

コロナウイルスが世の中を席巻し始め、地域医療と高齢者介護の一端を担う私たちにとって、患者さんや利用者さんをコロナウイルスから守ることが重大事の一つとなりました。全体的に既往症を持つ高齢者がかかった場合、命にかかわるということが分かってきたからです。高齢者以外にも大きな影響を受ける方がいました。妊婦さんです。
海外からは、妊婦さんがコロナウイルスに感染した後に出産したというニュースもありました。母子感染を防ぐため、直ちに隔離され、母が子を抱けたのは10日後。しかし、陰性が確認できないため、手袋なしで子に触れることができないという状況だそうです。
違う国では、看護師である妊婦がコロナウイルスに感染し、出産後死亡したというショッキングなニュースもありました。
当方には産婦人科はありませんが、このような医療に関するニュースは普段から気にかけていますし、当方にも現在妊娠中の職員がいます。妊娠している間は胎児への影響を考え、投薬も制限されるでしょうし、「もし自分がかかったら」ときっと不安を抱いておられることは、想像に難くありませんでした。
そんなある日、和歌山市内の起毛会社の社長さんからお電話をいただきました。3密を避けるために展示会もなくなり、売り上げが半減した。手をこまぬいていても仕方ないので、今社会に求められていることで自分ができることを考え、抗菌糸を使ったマスクを作ることにした、というお話を伺いました。
今まさに全国的にマスクが不足している状況です。販売店からマスクだけでなく、簡易マスクを作るためにキッチンペーパーが品薄になったり、手作りマスクの作り方が広く伝わると、沐浴用のガーゼが使われるようになり、店からなくなったりと、思わぬところに影響が出てきました。政府から配布される布マスクも品質に問題があったりで、なかなか手元に届いていません。
目の前に抗菌ガーゼマスクはある。妊婦さんにはマスクが行き届いていない。これで今ある課題を一つ解決できないだろうか、そう思い至ったのがこのプロジェクトのきっかけです。マスクでコロナウイルスを完璧に防ぐことはできないけれど、少しでも不安が払しょくされる一助になればいい、そんな思いで立ち上げました。

 

▼プロジェクトの内容

和歌山市では年間おおよそ2500人の赤ちゃんが生まれます。いただいたご支援で、身ごもっている妊婦さんに抗菌ガーゼマスク(1枚800円)を1枚お届けします。2500人にお届けするとして、200万円必要です。もし予定金額を超えた場合は、洗い替え用の2枚目として配布するか、後々の妊婦さんに使っていただけるよう一人1枚の配布を継続したいと考えています。コロナウイルスを超えたとしても、インフルエンザなど他の感染症の予防にも役立てていただけるものと考えています。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

全国各地で妊婦さんを助けようと、何かを始められたり動いている方がいます。和歌山市にも、一人で2人分の命を抱えている人を手助けしたいと思っている人間がいること、そんな街だということを知ってほしい。また未来の妊婦さんの心の支えになるような人やコトが増えてくれたら、うれしく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト終了要項

寄贈するもの    
抗菌ガーゼマスク

寄贈個数    
2500枚
寄贈完了予定日    
2020/7/15

寄贈先    
和歌山市在住の妊婦さん(和歌山市保健所 URL:http://www.city.wakayama.wakayama.jp/shisetsu/hokenjyo/1006143.html )

その他    
・寄贈先に関して
  寄贈先の決定方法:母子手帳の所持によって確認  
  適切に寄贈先を決定できる理由:直接のネットワークがあるから。
・マスクの仕入について
  仕入先:決定済み(仕入先名称:有限会社 島本化繊起毛工場)
  仕入れの状況:仕入れが確定している
  仕入先との取引実績の有無:無

 

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

紀の国医療生活協同組合

紀の国医療生活協同組合

紀の国医療生活協同組合は1985(昭和60)年6月 和歌山市中心部の今福地区とその周辺で地域医療を提供するために設立されました。 4年後の1989(平成元)年4月には今福診療所を開設し、同時に高齢者デイケアサービスを開始しました。介護保険制度が始まる遥か11年も前の事です。 現在は診療所、有料老人ホーム、通所介護、居宅支援(ケアマネージメント)事業を行っています。これらの主な事業に加えて、物忘れ(認知症)専門外来を開設、生協として成年後見を行っています。 診療所は土日祝日の診療も行っています。

リターン

1,000

alt

お礼および事業報告のメール

・お礼および事業報告のメールをお送りいたします。
皆様の温かいご支援を胸に刻み、精いっぱい取り組んでまいります。

※いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容(主に寄付)に充当させていただきます。
※税制上の優遇対象ではありません。
※事業終了後、速やかにお送りしたいと考えております。なお、コロナウイルスの影響により、遅延する可能性がございます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

3,000

alt

お礼および事業報告のメール

・お礼および事業報告のメールをお送りいたします。
皆様の温かいご支援を胸に刻み、精いっぱい取り組んでまいります。

※いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容(主に寄付)に充当させていただきます。
※税制上の優遇対象ではありません。
※事業終了後、速やかにお送りしたいと考えております。なお、コロナウイルスの影響により、遅延する可能性がございます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

5,000

alt

お礼および事業報告のメール

・お礼および事業報告のメールをお送りいたします。
皆様の温かいご支援を胸に刻み、精いっぱい取り組んでまいります。

※いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容(主に寄付)に充当させていただきます。
※税制上の優遇対象ではありません。
※事業終了後、速やかにお送りしたいと考えております。なお、コロナウイルスの影響により、遅延する可能性がございます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

10,000

alt

お礼および事業報告のメール

・お礼および事業報告のメールをお送りいたします。
皆様の温かいご支援を胸に刻み、精いっぱい取り組んでまいります。

※いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容(主に寄付)に充当させていただきます。
※税制上の優遇対象ではありません。
※事業終了後、速やかにお送りしたいと考えております。なお、コロナウイルスの影響により、遅延する可能性がございます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

30,000

alt

お礼および事業報告のメール

・お礼および事業報告のメールをお送りいたします。
皆様の温かいご支援を胸に刻み、精いっぱい取り組んでまいります。

※いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容(主に寄付)に充当させていただきます。
※税制上の優遇対象ではありません。
※事業終了後、速やかにお送りしたいと考えております。なお、コロナウイルスの影響により、遅延する可能性がございます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

プロフィール

紀の国医療生活協同組合は1985(昭和60)年6月 和歌山市中心部の今福地区とその周辺で地域医療を提供するために設立されました。 4年後の1989(平成元)年4月には今福診療所を開設し、同時に高齢者デイケアサービスを開始しました。介護保険制度が始まる遥か11年も前の事です。 現在は診療所、有料老人ホーム、通所介護、居宅支援(ケアマネージメント)事業を行っています。これらの主な事業に加えて、物忘れ(認知症)専門外来を開設、生協として成年後見を行っています。 診療所は土日祝日の診療も行っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

小児がんと闘う子どもたちの大学進学の夢を叶える。奨学金継続へ

認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク

#子ども・教育

179%
現在
8,953,000円
寄附者
530人
残り
6日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする