READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

交通事故に遭った生後3ヶ月の子猫を助けたい

宮本理恵子

宮本理恵子

交通事故に遭った生後3ヶ月の子猫を助けたい

支援総額

230,000

目標金額 200,000円

支援者
35人
募集終了日
2020年8月13日
35人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

終了報告を読む


13お気に入り登録13人がお気に入りしています

プロジェクト本文

この度、皆様のご協力により

クラウドフォンディングの目標金額を

達成することができました!

これもひとえに皆様のおかげです。

 

先の見えないコロナ禍の最中に

ラッキーは突如として私たちの前に現れ

皆様との命のリレーで

まさしくこの命を繋いでいきました。

この(幸福な子)を大切に育てていきます。

 

皆様には感謝し尽くせません。

心から有難うございました。

 

▼自己紹介

 

初めまして、宮本理恵子と申します。

 

6月18日の朝、庭の室外機の下でうずくまっている子猫を見つけました。

 

足を引きずって逃げようとしていましたが
子猫の後ろ足が変形していることに気がつき捕まえて
動物病院へ連れて行きました

 

子供の頃から犬や猫が好きで、昨年子供のように可愛がっていた

保護犬を亡くしました。

悲しみから立ち直れない日々を過ごしていましたが

この子を見つけ、ただ助けたい一心で保護しました。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

最初は足の怪我だけだと思い、保護した子猫を

動物病院へ連れて行きました。

 

レントゲンを撮ってもらったところ獣医さんから

「骨盤がグチャグチャで、腸が損傷している。

すぐに手術をしないといけないけど、うちでは手の施しようがない。

大きい動物病院へすぐに連れ行ってください」と言われました。

 

県内で一番大きく、設備が整っている動物病院へ連れて行き

精密検査をしてもらうと結果は、骨盤骨折と腹壁ヘルニアという診断でした。

 

 

骨盤骨折は、体が大きくならないと手術ができないので

先に腹壁ヘルニアの手術を決めました。

 

この子の腹壁ヘルニアの症状は、腸が左太ももに流れ出ている状態で

すぐに腸を元の場所に戻さないと他の臓器が壊死してしまう状態でした。

 

腸壁ヘルニアだけで手術代は20万かかると言われましたが

一刻を争う状態なので手術を決めて、翌日無事に手術は成功しました。

 

腸壁ヘルニアの手術によって、一命は取り留めましたが

下痢の症状が続いており、自力で排便ができない場合は

再手術となります。

 

これから骨盤骨折の手術、治療に莫大な費用がかかり

後遺症も残る可能性が高いため、皆様のお力を貸して頂けたらと思い

プロジェクトを立ち上げました。

 

▼プロジェクトの内容

 

生後3ヶ月の子猫をできるだけ元気な状態に

戻してあげたいと思います。

 

・腹壁ヘルニアの手術、入院費(20万〜)

・病院の検査、薬、治療費など

 

一生懸命に生きようとしている子猫を見ていると

助けてあげたいと強く感じますが

我が家は裕福な家庭ではないので資金も限界があります。

 

手術が終わってからも通院や介護は続きますが

病院と連携して、最善を尽くして行きたいです。

 

この小さな命を助けるために皆様のお力をお貸しください。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

これから小さな体でたくさんの手術を受けることになり

胸が痛く、不安な日々が続きますが

車に跳ねられ、重症を負ったこの子に

人間の温かみや優しさを与えて

安らかな日常を送らせてあげたいのです。

この子を見つけられたことが

私たちの幸運であり、この子にとってもまた幸運なことでありますようにと願い

「ラッキー」という名前を付けました。

 

毎日、病院に面会に行くとこちらをジッと見つめるだけで

動くことができないラッキーを見ていると本当に胸が締め付けられます。

 

獣医さんからは後遺症の可能性を言われているので

普通の猫のように走り回ることはできないかもしれませんが

絶対に幸せにしてあげたいと思います。

 

ラッキーの新着情報

 

2020年7月16日現在のラッキーは

左後脚が伸びきって戻らない状態です。

獣医さんの話では、このまま戻らないと

筋肉がペラペラになってしまい

3本足の猫になってしまうと言う話でした。

そのため、足の関節を戻しリハビリを頑張っています。

体が成長したら獣医さんの指示に従い

骨盤骨折の手術を予定しています。

 

2020年7月27日現在のラッキーです。

毎日リハビリを頑張っていますよ。

日に日に元気になり、無邪気で愛らしい仕草を

見せてくれることが多くなりました。

3本の足でラッキーなりに工夫をして動いていますが

やはり負担がかかっているようで

爪から血が滲むこともあります。

早く足も回復をして、本来の姿に戻れることを祈っています。

来週は二回目の予防接種です。

 

ラッキーの現在の様子はインスタグラムに

投稿しております。

 

https://www.instagram.com/luckynanekosan

 

皆様のご協力をお願い致します。

 

▼プロジェクト終了要項

 

治療・手術対象:ラッキー(猫、雑種、生後3ヶ月、雄) 

治療・手術内容:腹壁ヘルニア(脱腸)による手術入院費用

治療・手術完了予定日:2020年6月19日

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

リターン

3,000

ラッキーがんばれ!

ラッキーがんばれ!

手数料を差し引いた残りの金額を全て手術と入院費用に使わせて頂きます。

心を込めたお手紙とラッキーのプリント写真、ポストカードを送らせて頂きます。

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

5,000

ラッキー応援してるよ!

ラッキー応援してるよ!

手数料を差し引いた残りの金額を全て手術と入院費用に使わせて頂きます。
心を込めたお手紙とラッキーのプリント写真、ステッカーを送らせて頂きます。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

10,000

ラッキー幸せになろうね!

ラッキー幸せになろうね!

手数料を差し引いた残りの金額を全て手術と入院費用に使わせて頂きます。

心を込めたお手紙とラッキーのプリント写真、ポストカード、ステッカーを送らせて頂きます。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

ダウン症モデル動物に対する水素ガス吸入の有効性評価試験

MiZ株式会社MiZ株式会社

#医療・福祉

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
40日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする