プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

まだ初めたばかり。でも親の負担が減る、子どもにとって安心できる場所にするために
・札幌の方のお試し利用&見学
・自分たちの活動のPRも兼ねてオープンスペース券を買って応援
・遠くから趣旨の賛同                    

ぜひ、お待ちしております

 

働くパパ・ママの味方に!熱が出た、怪我をしてしまった、そんな時に対応できる施設を札幌につくります


みなさま、はじめまして。北海道札幌で小さな訪問事業を行っています山上といいます。訪問事業は大人の利用が多いのですが、今回子どもたちも含めたファミリーサポートができないかと考え、子育てを経験したママと看護師が共同で今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

突然のお熱や怪我で保育園に預けることができない、また学校に行くことができない、チューブがついている子どもを預かってくれるところがない、など問題が起きた時に、パパやママに代わって子どもたちを一時的に預かる場所を札幌市に作ります。

 

国の制度を活用しようと考え動き出しましたが、札幌では、保育ママや児童施設の助成は打ち切っている状況であり、補助金が出ません。この施設・システムを作るためには、どうしてもお金が必要です。ご協力をお願いします。

 

子どもにいつ何があるか分からない。でも働くパパ・ママも急には対応できない

 

既存の病児保育は制限等があり、全ての子どもに対応することができない。病児を預けられる場所は課題となっています

 

社会では少子化が問題になっていますが、現実には子どもを抱え仕事をしているパパやママがいて、子どもはそれとは関係なく風邪をひき、怪我をします。現在、札幌市では市から助成を受けた病児・病後児預かりの病児保育が5件ありますが、札幌市民でなければいけないこと、時間や定員に制限があること、予約制であることなど、いざという時に全ての子どもたちに対応できないという課題があります。加えて、札幌で病児を預かる施設はほとんどない状況です。

 

子どもの熱がいつ出るかは予測できず、お仕事をされている方にとっては、いざという時、子どもを預ける場所が欲しい。「そんな時の受け皿になりたい!」と思ったのがはじまりでした。ちょうど、現在の事業所の隣の部屋が空いている、看護師もいて子育て経験のママもいる、役に立つことがあるはずと考えました。

 

側にいて見守っていたい

 

目指すは家庭環境に近い施設。色々な要望に合わせた形態を設定します

 

小さなアパートではありますが3室あります。今回のサポートでは、病児だけでなく、緊急時のお預かりや障がいを持つ子の一時的な預かりを行なっていきたと思っています。限られた空間の小さな施設ではありますが、予約なしで誰もが気軽に利用できる、家庭環境に近い施設作りを心がけていきたいと思います。

 

①システム

パパとママが安心して利用していただける定額のシステムを設定します。運営を継続するため、月謝制(個人・法人)・単発と分けて行い、月謝の方は、個人と法人で契約時にお子さまのアレルギーや好み、親御さんのご希望などの情報を同意書とともに登録していただき、急な時にも迅速に対応できるシステム作りを行っていきます。

単発では、お仕事や冠婚葬祭で来札される札幌在住でない方の一時預かりや当日預かりにも対応させていただきます。また、ご希望に応じて預かり時に、施設での状態報告メールや経過をお伝えする伝言ノートなどを利用し、利用者さんとのコミュ二ケーションを取れるようなシステムを作っていきます。

 

②人材

こちらで働く子育てママさんには、ベビーシッターの認定を取っていただくと同時に、小児の疾患・看護の研修を毎月受けてもらい、病気の子が安全に過ごせるようにしていきます。またパパやママが安心して預けられるよう看護師がバックアップする形を取っていきます。

 

③バックアップ

病気に対しては、近隣の小児科と連携を取り、いざという時に受け入れてもらえるような協力体制も整えていきます。また、病児保育や既存の保育施設とのネットワークつくりを積極的に行い、何かある時にお互いが連携を取れるシステム構築も整えていきます。

 

まだ殺風景な部屋に皆さまからの応援で色々な備品が整ってきます

 

行政の支援を受けられない。それでもパパとママと子どもたちをサポートしたい!

 

今回、私たちが行うファミリーサポート千は、国の制度を活用しようと考え動き出しました。しかし、札幌は現在、他の市が行っている保育ママや児童施設の助成は打ち切っている状況です。また施設に関しては病院に隣接していない、保育士がいないなどの様々な理由で国の制度を活用することができません。

 

現在、オープンを進めていますが、これから本格始動を行うために、備品や設備に関して資金が不足しているため現実に踏み切れない状況であります。みなさまのご支援により、社会でパパ、ママが働きやすい環境作り・子どもたちが安心して過ごせる施設の設立にどうかお力をお貸しください。

 

*ファミリーサポート千は、児童福祉法第35条をうけ厚生労働省規定の許可外保育施設として札幌市へ届け出を行います。

 

健やかに育っていきますように

 

■今後の構想として

・パパとママが安心してお仕事ができるように当日対応100%を目指していきます。

・対象の幅を広げて、夜の病児サポートも行いたいと考えています。

・訪問看護が併設しているため、障害を持ってチューブが繋がっている子どもの一時的な預かりも行っていきます。

・転勤で慣れない街で出産をしなければいけない方、お一人で出産をされる方などの産前・産後のママサポートも用意していきます。

 

■支援金の用途

今回立ち上げには、施設費、人件費や障害児の医療物品など120万円程度必要な状況であります。そのうち、クラウドファンディングで最低限必要な40万円のご支援のお願いをさせていただきたいと思います。

 

助け合いの手を。ご協力をよろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

 


最新の新着情報