READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

障がい者が笑顔で働ける環境を。障がい者自らが創業したい!

ひらおか ゆうじ

ひらおか ゆうじ

障がい者が笑顔で働ける環境を。障がい者自らが創業したい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月29日(金)午後11:00までです。

支援総額

111,000

目標金額 1,200,000円

9%
支援者
7人
残り
3日
7人 が支援しています
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月29日(金)午後11:00までです。

1お気に入り登録
1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

  みなさま初めまして。

平岡と申します。聴覚障がい者です。

三年程前に突発性難聴を患い、思うように症状は良くならず

現在に至っております。

 

今回、障がい者となった私が、自分で体験・経験してきたことが

いろんな障がいをもった方々も、きっと同じ思いをしているのでは

ないかと感じ、行動に移す決意を致しました。

 

ご説明させていただきますので、よろしければご一読下さい。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 【 失ったものは聴力だけではなかった 】

 

突発性難聴になった時、私は自分で商売をしておりました。

小売り・サービス業で本店と支店、2店舗を経営しスタッフも数名おりました。

最初の時期はスタッフの協力を得ながら業務に対応しておりましたが、いろいろ先のことも

考慮し、二年程前に店を閉めました。いまでも一緒に働いてもらったスタッフには、

申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 【 障がいのある人は極端に職業選択肢が狭い 】

 

商売は辞めましたが、仕事はしなければなりませんので、すぐに職探しを始めました。

ハローワークとネットの求人サイトを併用しました。自分では「少し耳が遠いだけ」

くらいに思っていましたので、障がい者枠ではなく、一般求人枠で探しておりました。

電話の対応は困難ですが、あとはなにも問題はありませんでしたので。

応募する際も電話対応や接客の機会が限りなく少なめの求人を選んで応募しました。

しかしながら現実は厳しく、面接の機会にたどり着くまでに最低でも5~6社問い合わせを

してやっと面接の機会が得られる。面接しても必ず採用になる訳でもありませんので…

私の経験ですが20社くらい応募し、3~4社の面接機会が得られ、その後ようやく採用に。

そのような状況でした。

 

 【 障がいの内容を理解してもらえない 】

 

必死の思いで掴んだ新しい仕事ですので、気合十分の意気込みで挑むのですが

同僚とのコミュニケーションのとり方に苦労しました。仕事内容は少しずつ覚えて慣れて

行くので問題はないのですが、同僚が私が難聴だという認識はあっても関係ありません。

当たり前のことですが、少し配慮して欲しい気持ちもあります。特に辛かった経験のひとつに

仕事内容が減っていく、だんだん簡単な作業に変わっていくということがありました。

難聴ですので何度か聞き返しているうちに、相手が諦めてしまうことです。

頼もうとしていた仕事を止めて他の人に頼んだり、聞こえないから仕事はできないだろうと

思われたこともありました。そうなると同僚との会話も減って、職場内で自然と孤立していく。

このような経験から、退職に至ったケースがありました。

 

 【 親切・丁寧に対応してくれた人の共通点 】

 

私の障がいに対して、親切・丁寧に対応していただいた上司、同僚もたくさんいたのも

事実です。ゆっくり多少大きめな声で話しかけてくれたり、ジェスチャーを交えながら

説明してくれたり。とてもわかりやすかったですし嬉しかったですね。

その多くの人が家族や知り合い、または自分自身に障がいがあるといった方々でした。

「 母親が難聴でほとんど聞こえない、自分の左目が半分視界がない、以前事故で膝を

 損傷し歩行困難 」等々…

そこであらためて感じたことは、障がいをもった人がそばにいる、自分に障がいがあると

障がいのある人に対する感じ方・接し方が一般の人と違うのではないかということです。

すべての人がそうだとは言いませんが、そういう傾向は確かにあると私は感じました。

 

 【 障がい者として同じ障がい者の方々の力になりたい 】

 

昨今のコロナ禍の影響により求人状況は悪化の一途を辿っています。一般求人でさえそのような

現状ですから、障がい者の仕事探しはより深刻だと思われます。障がい者枠の求人もたしかに存在

しますが、そのほとんどが短時間勤務(一日4時間労働)です。実際私も現場を拝見させてもらった

ことがあります。仕事内容は野菜の皮むき、お菓子の箱作り、フルーツキャップ(スーパーなどで

見るフルーツに被せる白やオレンジ色のネット)を折る作業など。

確かにどれも必要な仕事ですし、その仕事内容・労働時間が自分に合っている、満足している

障がい者の方もいらっしゃいます。でも多くの障がい者の方がもっと長く働きたい、いろんな

仕事に挑戦してみたいと思っている現実もあるのです。

しかしながら先程も述べましたが、なかなか自分の持つ障がいとマッチする仕事に出会うのは

難しく、短時間、軽作業に従事している障がい者の方が大勢います。

 

このような状況がすこしでも良くなるように、また私と同じような苦悩を体験する人が

少しでもなくなって欲しいという願いから、今回、立ち上げを決意致しました。

 

▼プロジェクトの内容

 

最初は少人数でのスタートになると思います。スタッフの適正適所を判断し

個々の持つ障がいに配慮した組織にしたいと考えています。どうしても人により

通院などの問題はありますので、臨機応変に対応していきたいと思います。

当然のことですが、利益は出さなくてはいけません。しかしながら現状の障がい者事業所を

見ますと、先に述べた仕事内容のところが多く、その実績単価も一個数円程度。いくら

頑張って作業しても、スタッフの時給を上回ることが厳しい事実。助成金等で足りない部分を

補っているようです。

私の目指す組織は、従来からあるそのような障がい者雇用施設ではなく、あくまでも一般の

組織。そこのスタッフに障がいのある方を招き、いまよりも収入アップ、自分に合ったやりがい

責任感の持てる仕事、職場創りをみんなで一緒に取り組んで行こうと思います。

現在数名の企業のオーナー様から協力していただける温かいお言葉を頂戴しております。

知り合いの会社の業務の一部を委託受注する形です。

まずはそこからスタートしたいと思っております。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

はじめは小規模でも少しずつスタッフの人数を増やしたいと思っております。

また、仕事も自分たちがアレンジしたものを取り入れながら進めていきたい。

 

でも一番大切にしたしたいことは

 

【スタッフが笑顔で楽しく取り組める環境創り】

 

このことは決して忘れることなく歩んでいきたいと思います。

 

 

 

【プロジェクト終了要項】

運営期間    2021年5月20日~2021年12月31日

運営場所    青森県弘前市大字鳥井野字長田21 平岡 優治 自宅

運営主体    平岡 優治

運営内容詳細    
平岡 優治が障がいのある方を雇用し、個人の適正また、障がいに配慮した仕事を一緒に考え従事していたたく。

プロフィール

 みなさん はじめまして 平岡 と申します。 聴覚障がい者です。障がい者になってあらためて体験し感じた苦悩・苦痛。 障がいをもった方が、同じ思いをしてほしくないという願いを込めて 今回の挑戦に至った次第であります。皆様の温かいご支援、 是非とも宜しくお願い致します。

リターン

3,000

サンクスメール

サンクスメール

お礼のメールをお送りさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

5,000

ポストカード (3枚)

ポストカード (3枚)

お礼のメールをお送りさせていただきます。
スタッフと外出時に撮影したポストカード(3枚)を
お送りさせていただきます。

*写真はイメージです

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

10,000

ポストカード (5枚)

ポストカード (5枚)

お礼のメールをお送りさせていただきます。
スタッフと外出時に撮影したポストカード(5枚)を
お送りさせていただきます。

*写真はイメージです

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

30,000

アートフラワー&ポストカード(5枚)

アートフラワー&ポストカード(5枚)

お礼のメールをお送りさせていただきます。
内容はおまかになりますが、ステキな
アートフラワーをお送りさせていただきます。
スタッフと外出時に撮影したポストカード(5枚)を
お送りさせていただきます。

*写真はイメージです

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

プロフィール

 みなさん はじめまして 平岡 と申します。 聴覚障がい者です。障がい者になってあらためて体験し感じた苦悩・苦痛。 障がいをもった方が、同じ思いをしてほしくないという願いを込めて 今回の挑戦に至った次第であります。皆様の温かいご支援、 是非とも宜しくお願い致します。

あなたにおすすめのプロジェクト

ひきこもり支援の革命!『山根モデル』を宇部市から全国へ

NPO法人ふらっとコミュニティNPO法人ふらっとコミュニティ

#医療・福祉

93%
現在
4,650,000円
支援者
201人
残り
7日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする