【残り12日で22万円!(2015年10月8日現在)】

日本の主食といえば?もちろん“おコメ”ですね。

これまでメキシコの主食であるトウモロコシ生産現場をまわってきた取材班が、次に目指したのは日本のコメの生産現場。コメどころとして有名な新潟県で、それも大規模で効率的な農業とはほど遠い、一枚一枚小さな田んぼが階段状に広がった山奥の棚田に行ってきました!


いやー、現場はまさに稲刈りの真っ最中。あちらこちらにススキが生え、トンボが飛び交い、すっかり秋めいていました。

さて、この棚田が広がる川谷(かわだに)といえば、10数年前にある青年夫婦が農家を目指して移住してきた集落です。その方が写真に載っている天明伸浩さん(46)です。

当時は20名ほどしかいなかった集落に、その夫婦が移住して3人のこどもが生まれ、さらにここ数年は若手が増え始めました。今回の稲刈りにも、30前後の男性と女性が手伝っていて、なんともにぎやかな稲刈り風景でした。

この天明さんが今回の映画化の発想にもつながった農家です。私ともメキシコをはじめ、アジアの農村やパレスチナなどをまわり、ともに世界の農村の変化を見てきた貴重な仲間です。

天明さんたちの稲刈り風景を撮るために、車の屋根に三脚を立て、棚田の上からカメラを回しました。ほんとに美しい光景で、みなさんに1日も早く見せられるよう、頑張りたいと思います!

少しずつ、支援をしてくださる人が増えて、本当に嬉しく思います。どうぞ引き続き応援をよろしくお願いします!


【これまでの記事/一部紹介】
■映画用のイラストを作成中!(残り25日)
https://readyfor.jp/projects/5272/announcements/29292

■「応援よろしくお願いします!」加藤真希(通訳翻訳担当)
https://readyfor.jp/projects/5272/announcements/29256

■「連帯の絆に」谷山博史(日本国際ボランティアセンター代表)
https://readyfor.jp/projects/5272/announcements/29192

■在来種トウモロコシを守る!(9月3日)
https://readyfor.jp/projects/5272/announcements/28376

■メキシコってどんな国?(8月30日)
https://readyfor.jp/projects/5272/announcements/28184
新着情報一覧へ