クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「望まない妊娠に悩む女性の相談窓口」を東京で立ち上げたい!

 宗 祥子 にんしんSOS東京

宗 祥子 にんしんSOS東京

「望まない妊娠に悩む女性の相談窓口」を東京で立ち上げたい!
支援総額
3,080,000

目標 2,500,000円

支援者
241人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2015年10月23日 06:38

「産んでも育てられない理由」

好きな人と付き合っていたのに、妊娠したんだけど…って伝えると、「はー⁈赤ちゃん…冗談だろ、勘弁してくれよ。それ本当に俺の子か?…とにかく、俺関係ねぇーから」という彼…
先日のテレビドラマ「コウノドリ」でこんなせりふがありました…未受診妊婦。

「どうしたら良いかわからないうちに、お腹どんどん大きなるし…。
でも…赤ちゃんが…お腹蹴ったの…なんどもなんども蹴ったの。…生きたいんだーこの子は生まれたいんだーと思って、救急車呼んだけど。
でも、無理…私育てられないよー。こんな親、いない方がいいんだよ。こんな母親いたら、あの子、幸せになれない。」

今回のドラマではネットカフェで破水をし、救急車を呼んだ妊婦が、未受診のためなかなか受け入れ先が決まらず、やっと引き受けてもらえた病院での出産となりましたが、そうでない妊婦さんの場合、お腹の痛みを抱え、トイレや自室で1人で出産と言う現実が待っています。

お金もない、相談する人もいない、住むところもない、いろいろな背景を抱えている女性たちがいます。

そしてその子が生きて生まれる場合もあれば、紫色をして泣かずに生まれてくることもあります。その子を抱え、どうして良いか分からず、そのまま置き去りにしてしまったり、袋に入れてしまったりして、早くこの現実から逃げ出したいと言う気持ち、ただそれだけなのだと思います。

いけないことをしてしまっている、申し訳ない、赤ちゃんごめんね、そんな気持ちを持ちながらも、女性たちはその場を去るのだと思います。こんな悲しい現実はありません。

仮に赤ちゃんが見つからず、事件にならなかったとしても、その人が赤ちゃんを産んだという体の記憶は一生消えません。そして一生、赤ちゃんのことを忘れることなく、生きていかなくてはいけないのです。産んで終わる…そんな簡単なものでは無い現実を知るのです。

せめて妊娠中に病院にかかることができ、感染症のチェックができ、赤ちゃんの大きさから予定日が推測され、その上で出産を受けてもらうことができれば、赤ちゃんの命はこの世で生き続けることができ、女性もこれからの人生を考えることができます。

身近な人や家族の中に、寄り添い一緒に考えて、支えてくれる人の存在がないからこそ、このようなことが起きるのだと思います。

どうぞ、皆様温かい支援をよろしくお願いします。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■サンクスレター

支援者
98人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3,000円に加えて、
■オリジナルクリアファイル

支援者
52人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円に加えて、
■オリジナルクリアファイル
■オリジナルノート

支援者
69人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円に加えて、
■赤ちゃんごはんの本

支援者
11人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

30,000円に加えて、
■HPにお名前掲載
もしくは
■助産院見学会及び「松が丘ごはん」のお食事会(1回分)

支援者
12人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

3,0000円に加えて、
■HPにお名前掲載
■助産院見学会及び「松が丘ごはん」のお食事会(1回分)

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする