こんにちは!今日から日曜日にかけて、日本全体冷え込むそうです。しかし今日は太陽の陽が当たるところは気持ちがいいですね!というのを、先週木曜日に書いたはずが、動画のリンクの仕方がおかしくなってしまい、更新が遅れました・・・・。残念!

 

10月に東京農業大学の農大カレッジ講座で、作成中の童謡ダンスミュージックを使ってレッスンをする機会がありました。勝亦陽一先生主催の、こどもチャレンジ教室「スポーツ科学を活用した上手さ・巧みさアップ運動教室」の一コマで、キッズダンスを行いました。その様子を動画で紹介したいと思います。

https://youtu.be/Wg3aBcmblmc

まだまだ子供たちの動きを引き出す方法はたくさんあると思いますが、ダンスでよく使うステップを音楽に乗せてやってみる練習です。スキップやツーステップは、子供でも小学生くらいになると簡単に真似できるのですが、「音楽にのせてできるだけ大きく」となると大変です。「○○が規定される」この場合は速度になりますが、子供たちは何かが制限されると最初はやりにくいと感じるかもしれません。「音にのる」とはそもそも周りのこと(環境)に気を払いながら行う、かなりマルチタスクな活動だからです。しかしそこをクリアすることで、「冷静になる力」が身についてきます。「音楽にのって身体を動かす気持ちよさ」のために、「音を聞いてみよう」、という気持ちになったらこっちのものです。そんな気持ちを引き出せるレッスンをしていきたいです!

新着情報一覧へ