プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

誰もが気軽にダンスを楽しめるように、キッズ向けに童謡をアレンジしたダンスミュージックCDを制作したい!


はじめまして!井村祥子です。私はこれまで、主に3歳から小学生までの子どもたちと大学生を対象にダンスを教えてきました。ダンスのいいところは、「身体と心の繋がりを直に表現する」ところです。「心に浮かぶ風景」や音の感じ、「こうしたいという気持ち」に耳を傾けることのできる能力は、スポーツではなかなか育てることができない能力といえるでしょう。

 

しかし、「他の人の前で踊ってみよう!ダンスは自由だよ!」と言われても、自由に動ける人はそう多くはありません。ダンス初心者にとって、「自分がそこにいてもいい」、「言われたことをやっていたら自然と踊りになっていた」という状況を作り出してあげることが、とても重要な導入になります。また教えていく中で、誰もが知っている短い曲で踊ると覚えが早くなり、練習量が多くなる実感がありました。

 

そこで初心者向けのキッズダンスレッスンの構成を考慮したダンスミュージックCDを「みんなが知っている音楽で作りたい!」と思い、子供の運動能力実践研究をされている東京農業大学の勝亦陽一先生とプロジェクトを立ち上げました。

 

しかし、想いはあってもこういった取り組みに出資される研究資金はなく、音楽編集費用を自分たちでどうにか捻出しなければなりません。そこで、皆様にお願いです。どうか私たちのスポンサーになって頂けないでしょうか?温かい応援、どうぞ宜しくお願い致します。

 

3歳から5歳さんまでのクラスです。ドロボウダンスをして、柔らかな足の使い方を練習しています!

 

 

子どもたちは、短時間で覚えることが出来て、楽しく踊れるダンスでないすぐに飽きてしまう。それならば、短くても全身を使って楽しめるダンス音楽を作ればいい!!

 

プロジェクトのきっかけは、私が講師を務める「せたがやウキウキクラブ」での親子ダンス指導でした。親子ダンスの時間は、ダンス初心者の子ども&大人たちが、単発で来ても楽しめるように、その時間が充実することを目標に指導しています。継続してきてくれる子どもたちにも、体力・リズム感・気持ちや世界観の表現を大切にすることを第一に教えています。3歳から小学生のダンス未経験の子どもたちが通っていますが、単発で楽しく踊れる充実感を感じなければ長くは続きません。

 

フロアも使って、どんなダンスをしているでしょう?

 

 

子供たちの親御さんの話では、気に入った曲のダンスは家に持ち帰って繰り返し踊ってくれているということでした。そこで、大人の間で流行しているダンスミュージックを使って長い振りを覚えることをレッスンで行うより、誰もが知っている短いフレーズでできた童謡を使うことで、覚える量や時間を短縮し、その分身体を目一杯使って踊ってもらう方が子供たちの体力づくりや技術力アップに貢献できるのではないかと考えました。

 

集中してます!

 

 

また、一般的なダンス教室では音源の速さを変えず、生徒が努力して曲のテンポに合わせて踊るという傾向があります。これを改善するため、1曲の中にテンポの種類をいくつか設け、ゆっくりな練習から速く力強さが必要な練習までできるように工夫することを考えました。

 

また、幼児が苦手とするスキップやツーステップなどはタイミングに合わせた足の入れ替えが重要です。動作のタイミングとメロディのアクセントが一致した音楽を利用し、耳や目そしてその場の雰囲気といった五感を刺激する多くの情報を体感してもらうことで、考えることなく、何気なくできるようになることを目標としています。

 

大人も子供も、知り合いでも知り合いじゃなくても、みんなでジャンプ!

 

 

小さなお子さんを持つ親御さん、保育園や幼稚園、小学校、またダンスが初めての子どもたちを指導する先生方などに喜んで使って頂けるように工夫を凝らしています!

 

~♪今回の収録曲(下記の順に収録されます)♪~

 

・メリーさんの羊:ウォームアップまたは振り作り用(アイドルになったイメージで!)

・むすんでひらいて:体力作り・歌詞に合わせて腕や足を動かし、ウォームアップ

・いとまき:体力作り・歌詞に合わせて腕や足を動かし、ウォームアップ

・静かな湖畔:ステップ練習用

・かっこう:ステップ練習用

・ABCの歌:自分から振り作り練習用・様々な速度に対応したダンスの練習用

・ロンドン橋:ステップ練習用

・フニクリフニクラ:振り作り用(異国の地の民に変身)

・ラクラカチャ:振り作り用(HIPHOPレゲエ風)

・蛍の光:振り作り用(イメージを大切に)

 

この10曲は、どこかで聞いたことがあるメロディであること、歌詞から風景が見えること、長さが長すぎないこと(4×8という一般的な音楽のフレーズの長さ以下で一つの曲が終わったり、メロディーの変化があること)、もともとのメロディにリズム感があり、テンポが片脚や両脚でジャンプをする際のタイミングに合わせやすいものであること、を軸に選びました。

 

キッズは、走り回るのが大好き!

 

 

ダンスでは、とにかくリズムを感じそれに応じて足を動かして体重移動できることが重要です。また、歌詞を聞くとからだ遊びができるような曲も選曲のポイントです。「むすんでひらいて」や「いとまき」などは、手足や体幹などどこを動かすか?という「お題」を出して、子どもたちに自由に動いてもらっても楽しいです。これらの点を重視して曲を選びました。なお、曲順もそのままレッスンで使えるように身体と心をほぐすウォームアップから、ステップ練習、振り付けという順番になるように配置しました。

 

サンプルミュージックはこちらからご確認頂けます!

 

 

 

ダンスに対する敷居を低くし、親子で一緒に楽しめるように工夫をすることで心の絆を育むきっかけにしてもらえたら―

 

既存の童謡をダンスミュージックにしたものは、聞くことに重点が置かれ、踊ることや踊りを作ること、踊りの練習に用いることなど、音楽をダンス教育の現場に活かすには使いにくい点がありました。ただ音楽にのって身体を動かすだけでなく、表現の幅が広がるように、ステップ練習や体力アップ、ダンスのスキルアップに使える工夫をしました。

 

ダンスを踊ったことがない大人も、短いフレーズの曲ならば覚える負担も少ないでしょう。大人が聴いても楽しめるようなダンスミュージックにすることで、親子で身体を動かしながら楽しさや難しさを共有し、身体コミュニケーションによる心の絆を育んでもらえたら幸いです。

 

スポーツでもダンスでも、入口を間違うと「嫌い」と苦手意識を持ってしまい、コンプレックスになることもあります。幼いころから無理なくダンスに触れて、子どもたちが気軽にダンスを楽しむことが出来る様、プロジェクトへの応援、宜しくお願い致します!

 

親子で一緒にダンスを楽しんでもらいたいです!

 

 

<資金使途内訳>

音楽編曲代(10曲分)、CD制作費、動画制作費の一部に使用させて頂きます。

 

🎀リターン紹介🎀

~以下の中から支援金額によって組み合わせております~

①お礼のメール
②web上から指定の5曲がダウンロードできます。
③CD裏表紙にお名前を記載致します
④視聴会へご招待!
※CD全曲の試聴会を都内近郊で8月に行います。作成された楽曲を使って踊る、子供たちのダンスのビデオを見ながら集う会にご招待します。

⑤お子様の歌声入りCD制作
※ご支援者様の録音した歌声をABCの楽曲にのせてCDにしたもの(1曲)を郵送します。お子様・ご家族・ご友人などの「今の声」が記録に残ります。

⑥振り付け用の5曲のサンプルダンスの動画をダウンロードまたはDVDにて郵送致します。
※こちら5月中の発送を予定しております、ご了承ください

⑦全10曲の入ったCDが郵送致します
※こちら5月中の発送を予定しております、ご了承ください

⑧お好きな曲一曲の振り付けをご提案!※詳細は成立後、ご相談させて頂きます

 

*サンプル動画5曲について*

動画には、親子で真似できる簡単な振り付けを用意しました。またウォームアップの動画には、指導者の参考になるように、ウォームアップの一例を用意しました。ステップ作成用の音楽では、使い方の例の動画を用意しました。振り付けやエクササ

イズは一例です。思いついた動きがあったら、どんどんアレンジしてみてください!

 


最新の新着情報