READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

【緊急支援】新型コロナで危機に直面している音楽業界を救いたい!

【緊急支援】新型コロナで危機に直面している音楽業界を救いたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は11月30日(火)午後11:00までです。

支援総額

6,000

目標金額 10,000,000円

0%
支援者
2人
残り
31時間 40分
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は11月30日(火)午後11:00までです。

1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

♪自己紹介♪

 

初めまして。大阪府で活動している特定非営利活動法人 音楽文化芸術振興会と申します。

 

私たちは地域住民に対して音楽や公演に関する事業を行い、学童児の情操教育や高齢者支援等によって地域活性化に寄与することを目的として活動しています。

 

また、新型コロナウイルスと最前線で戦っておられる医療関係者の方々への感謝の気持ちと、大阪人へのエールの気持ちを込めて、大阪の街に癒しのハーモニーをお届けする活動も行っています。

 

 

昨年来の新型コロナウイルス感染症の流行により、日本の音楽業界を支えてきた出演者や事業者の多くが長期間の活動自粛を余儀なくされ、経済的に困窮しています。

 

「この音楽業界最大とも言える危機を救う一助になれば」との思いから、経済的に困窮している出演者や事業者の支援を決意しました。そのために「音楽業界支援基金」を設立すべく、クラウドファンディングに挑戦します。

 

皆様からお寄せいただいた資金は、必ずやこれからの音楽業界の復興、復活に役立ててまいります。

どうかご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

♪プロジェクトを立ち上げたきっかけ♪

 

経済的ダメージ

 

昨年来、政府や自治体からの要請もあり、音楽業界は新型コロナウイルス感染症対策として、ライブやコンサートの自粛、あるいは開催したとしても観客数に制限を設けたり、無観客といった対策をとってきました。

 

この結果、出演者(演奏者・ヴォーカリスト・MCダンサー・バンドマン・プレイヤー・アーティスト・ミュージシャン・パフォーマー・モノマネ・マジシャン等)だけでなく、音響会社、照明会社、舞台監督、舞台演出家、構成演出、ディレクター、プロデューサー、機材レンタル会社、大道具方・小道具方、衣装会社、カメラマン等、様々な事業者が深刻な打撃を受けています。

 

ぴあ総研によると、2020年の音楽ライブの国内市場規模は2019年から83%縮小し714億円となりました。2019年の市場規模は4,237億円で、9年間で2.6倍に拡大していただけに、落差が目立つ結果となりました。

 

 

音楽業界はこれまで、人々の生活に必要不可欠な価値を与えてくれていました。

しかし、新型コロナウイルスとの闘いが長期化するにつれ、業界そのものが疲弊しています。

 

2021年5月5日、音楽業界の制作者やコンサート主催者などの4団体が、「精神的にも限界」としてイベントの無観客開催要請の撤廃を求める声明を出しました。

 

臨時休業

 

日本は音楽に限らず、文化芸術に対する国の支援が、海外と比べて手薄であると言わざるを得ません。

 

海外の事例では、2020年、ドイツでは文化・芸術やメディアにかかわる中小企業や個人に対し、日本円で計7兆円超規模の支援が発表され、6月にはさらに10億ユーロ(1,200億円)規模の支援が柄されました。

 

イギリスでも7月5日、芸術活動に関連して約2,100億円規模の追加支援が決定されました。

 

一方、日本の文化庁は、2020年5月の2次補正で「文化芸術・スポーツ活動への緊急総合支援」としましたが、その額は580億円。

 

3次補正額と合わせて、通常の文化庁年間予算規模である1,000億円は超えましたが、先の海外の事例と比べると見劣りします。

令和3年度は概算要求として過去最大規模の金額を計上しましたが、それでも1,588億円です。

 

また、ライブやコンサートの自粛要請に対して自治体から支給される協力金についても、飲食業界で起きているのと同じ問題が音楽業界内で起きています。

 

飲食店には営業自粛に対して協力金が支給されますが、飲食店の営業自粛によって打撃を受けている仕入業者各社には協力金が支給されません。

 

音楽業界でもライブハウスやコンサート会場には協力金が支給されますが、それ以外の事業者には支給されません。

 

飲食店をオープンさせるのと同様、実際にコンサートやライブを行うには、会場側だけでなく、音響会社、照明会社、役者、舞台監督、舞台演出家、大道具方・小道具方、特効、機材レンタル会社、企画構成、演出家、振付師等、目に見えない様々な複数の事業者が関わっています。

 

こういった事業者に協力金が支給されないことに対して、飲食業界と同様、音楽業界内でも不公平との声が上がっています。

 

演奏者をはじめとする出演者は、ライブやコンサートの自粛によって活動の場を失い、収入の大幅減に見舞われています。しかし収入が大幅に減少し、生活が困窮しているのは出演者だけではありません。

 

音楽業界は出演者以外に、音響、照明、ステージ制作、楽器管理、舞台監督など多くの事業者の尽力により成立しています。収入が大幅に減少し、生活が困窮しているのはこれらの事業者も同じです。

 

日本でもようやく新型コロナウイルスのワクチンの接種が進んでいますが、コロナ渦以前のようにライブやコンサートが開催できるようになるまでには、まだ相当の時間がかかることが見込まれます。

 

新型コロナウイルスとの闘いがさらに長期化すると、音楽に対して情熱を持っている人であっても、生活のために廃業する方が増えていくことまでが予想され、事態はますます深刻さを増していきます。

 

 

♪業界からのリアルな声♪

 

ここで、大阪で機材などの運搬事業を営んでいる企業から届いた、窮状を訴える声をご紹介します。

 

「新型コロナウイルスの流行により、2020年は全ての現場が中止で売り上げは0となりました。

 

2021年は2月に一件だけ発注がありましたが、今後それ以外の発注は恐らく0で売り上げは例年の一割程度になると思います。

 

売り上げが0なので会社の運営が非常に苦しく、金融機関に融資の依頼をしています。

 

イベント等については、感染拡大につながる可能性はあると思いますが、感染予防に十分配慮し、自粛ではなく実施の方向で検討していただければと思います。

 

飲食店と同じくらいコロナの影響を受けている業界なので、国や行政には飲食店と同じくらいの支援をしていただければと思います。」

 

 

♪テレビ番組で紹介された事例♪

 

2021年6月1日(火)放送の日本テレビ系列の「幸せ!ボンビーガール」という番組に、20代のボンビーボーイが出演していました。

 

彼はアメリカの名門であるバークリー音楽大学を2年で卒業した程の才能の持ち主です。

学生時代に偶然見たYouTubeのライブ動画がきっかけで、ヴィブラフォンという楽器の魅力に取り憑かれました。

 

ヴィブラフォン

 

ライブに参加しても赤字になることもあり、ボンビー生活を強いられています。

 

しかし、ヴィブラフォンに心底惚れ込んでおり、専門学校で講師をしたり、作曲や編曲の仕事をして生活費を稼ぎながら、ヴィブラフォンの演奏を続けています。

 

 

♪プロジェクトの内容♪

 

寄付

 

皆様からお寄せいただいた資金は、新型コロナウイルスによって活動自粛を余儀なくされた、音楽業界の担い手である出演者や事業者に対して、今後の活動を支援するために使わせていただきます。

 

支援先の選定にあたっては、音楽業界の専門家を含めた第三者からなる「音楽業界支援基金審査委員会」を設置し、公平性を担保します。

 

皆様からお寄せいただいた資金から、クラウドファンディングに係る手数料を差し引いた額(868万円)を使って、「音楽業界支援基金」を設立します。

 

868万円のうち、500万円は事業者に対する助成金に充て、368万円は出演者がコンサートを実施(会場またはオンライン配信)する際の出演料に充てます。

 

 

♪プロジェクトの展望・ビジョン♪

 

観賞する女性

 

今回のプロジェクトを通じて、これまで脈々と受け継がれ、多くの人々を魅了して来た音楽業界を支える出演者や事業者の生活を守り支えることを目指します。

 

このことが日本最大のカルチャーである音楽産業の断絶を防ぐことに直結し、ひいてはアフターコロナの豊かな生活を守ることにもつながります。

 

皆様のご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 


【プロジェクト終了要項】

●寄贈するもの    
現金(支援金として)

●寄贈個数    
868万円

●寄贈完了予定日    
2024年12月31日

●寄贈先    
皆様からお寄せいただいた資金から、クラウドファンディングに係る手数料を差し引いた額(868万円)を使って、「音楽業界支援基金」を設立します。
868万円のうち、500万円は事業者に対する助成金に充て、368万円は出演者がコンサートを実施(会場またはオンライン配信)する際の出演料に充てます。

 

●その他    
<寄贈について>

・寄贈先の決定方法:財団に委託または審査

寄贈方法については、一番は財団にお願いするのが公平性があり、またこちらの手間も楽ということで探していますが、どこも自分のところで手一杯で受け入れる余裕がないようですので、第三者による「音楽業界支援基金審査委員会」を設置して進める方法も検討しています。

現在ご同意をいただいている方

公認会計士        入江隆夫
行政書士         前田たかまさ
キャリアコンサルタント  門 千奈津
東財団理事        大喜田一夫
桃園連合振興会会長    浦野睆次
音楽プロデューサー    小倉恵理子
相愛大学大学院演奏助手  稲本愛歌

並行して財団も当たっていますので、財団が見つかればそちらにお願いしようと思っています。

見つからなければ「音楽業界支援基金審査委員会」で進めようと計画しています。

・適切に寄贈先を決定できる理由:寄贈対象とのネットワークがある

・上記決定における専門家などの関与の有無:有

・関与した専門家の所属やお名前:先述の「音楽業界支援基金審査委員会」の審査員

プロフィール

平成25年5月1日、大阪市にて設立。地域住民に対して音楽や公演に関する事業を行い、学童児の情操教育や高齢者支援等によって地域活性化に寄与することを目的として活動しています。

リターン

3,000


☆(1つ星)コース

☆(1つ星)コース

●お礼メールをお送りします。
●支援が決定した出演者が実施するコンサート鑑賞に使えるチケットをお送りします。
・1,000円分(@1,000×1回分)をお送りします。
・オンライン配信のコンサートで使用可能です。
・有効期限:6ヶ月(2022年6月末まで)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

9,000


☆☆(2つ星)コース

☆☆(2つ星)コース

●お礼メールをお送りします。
●支援が決定した出演者が実施するコンサート鑑賞に使えるチケットをお送りします。
・3,000円分(@1,000×3回分)をお送りします。
・オンライン配信のコンサートで使用可能です。
・有効期限:6ヶ月(2022年6月末まで)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

30,000


☆☆☆(3つ星)コース

☆☆☆(3つ星)コース

●お礼メールをお送りします。
●支援が決定した出演者が実施するコンサート鑑賞に使えるチケットをお送りします。
・10,000円分(@1,000×10回分)をお送りします。
・会場またはオンライン配信のコンサートで使用可能です。
・有効期限:6ヶ月(2022年6月末まで)
・有効期限内にチケットを使い切れなかった場合は、コンサートを収録したDVDをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

60,000


☆☆☆☆(4つ星)コース

☆☆☆☆(4つ星)コース

●お礼メールをお送りします。
●支援が決定した出演者が実施するコンサート鑑賞に使えるチケットをお送りします。
・20,000円分(@1,000×20回分)をお送りします。
・会場またはオンライン配信のコンサートで使用可能です。
・有効期限:6ヶ月(2022年6月末まで)
・有効期限内にチケットを使い切れなかった場合は、コンサートを収録したDVDをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

90,000


☆☆☆☆☆(5つ星)コース

☆☆☆☆☆(5つ星)コース

●お礼メールをお送りします。
●支援が決定した出演者が実施するコンサート鑑賞に使えるチケットをお送りします。
・30,000円分(@1,000×30回分)をお送りします。
・会場またはオンライン配信のコンサートで使用可能です。
・有効期限:6ヶ月(2022年6月末まで)
・有効期限内にチケットを使い切れなかった場合は、コンサートを収録したDVDをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年12月

プロフィール

平成25年5月1日、大阪市にて設立。地域住民に対して音楽や公演に関する事業を行い、学童児の情操教育や高齢者支援等によって地域活性化に寄与することを目的として活動しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

ALS患者による最後の挑戦 オリジナルブルースCD製作 魂の叫び

松本裕樹松本裕樹

#音楽

132%
現在
1,090,000円
支援者
91人
残り
18日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする