支援金額達成まで、後634,000円です。まだまだあきらめられません。

 

そんな想いを込めて、昨日にPDのムネさん、CDのようかんさんと

自分で下見に行って来ました。日も無いのでプログラム内容等、

細かな詳細も決めないとなりません。出先には小雨と言う

コンディションでしたが、現地に行くと雨は止みました。

 

キャンプ場の入り口にはチェーンソーアートで作成した

エビスさん風でお出迎え

 

1年ぶりのヒゲッチキャンプ場

 

今年は何と山羊が2頭いました!

 

学生さんがキャンプしてました、我々もこうしてテントを

建てます。

オリエンテーションで良い感じの橋を発見。

 

更には鉄塔も目印にして、ここで大声コンテストをやろうかと。

 

鉄塔にロープをかけて、大自然に向かってターザンも

いいかも?

 

プログラムの内容もほとんど決まり、ポイントの写真と

地図で宝探しの要領で、目印の石を本部に持ってくる。

そこでクエストを与えられ、それをチームで行う。

ドラゴンボールの流れで、七つ集めると願いが叶う。

 

最終的に願いを叶えるのではなく、願いを口に出して強く

思う事が大事なんだと言う事を伝えたいと言う裏テーマが

あります。クエストも十六茶の成分を記憶だけでチームで

覚えて、一度歌を歌って答えるとか。目をつぶって片足立ち

で何十秒耐えられるか、手を隣の人以外と繋いで知恵の輪の

様に解くなど、20種類の案が出ました。

 

宝探しの要素と、クエストをクリヤーして行く達成感と

チームでの行動を重視しました。翌日の沢登りは、ダラダラ

と歩くのが多いので、飛び込める場所とか流れの強い所を

重点にして途中で引き返して、その場所で遊ぶと言う事に

しました。

 

飛び込みも誰が一番高い所からジャンプ出来るか?

川底に投げたビー玉を拾うとか、岩の斜面にロープを

張ってロッククライミングなど、遊び要素を考えました。

 

その後、温泉に入って夕飯を食べながら、詳細を打ち合わせ。

大原施設長もネット中継で参加して、細かな報告をしました。

今年のチャレンジキャンプの準備は整いつつあります。

 

こんなキャンプを来年も続けていける事を願っております。

 

皆様のご支援、よろしくお願いします。

 

 

新着情報一覧へ