フィリピン帰省まで あと17日

 

丸田先生は震災直後から5年が経過した現在まで月に2回兵庫県の西宮市から相馬市まで支援にいらしていただいています。診察の忙しい合間を縫ってイメルダさんのご自宅へ訪問支援を行いました。

 

イメルダさんは病状の悪化も心配されるので定期的な訪問が欠かせません。

少々夏バテぎみですが、あと2週間ほどでお墓詣りと姉妹に会える事を嬉しそうに話されていました。これならなんとか渡航できそうです。

 

今回イメルダさんの旅費は、皆様のおかげさまで成立しました。しかし丸田先生をはじめ医療スタッフや同行者の費用が不足しています。一層のご支援をよろしくお願いいたします。

 

キャプション

 

新着情報一覧へ