このプロジェクトを始める際

私は一人の気持ちでどこまで届くのか

そしてそれが本当に正しいのか、方法は間違っていないか

ずっと悩んでいました。

 

これが達成しなければ きっと正しくないという事なんだろうと

その判断はその時にまた考えようと思いました。

 

先日 一通のメッセージを頂きました。

 

施設卒業生からのメッセージでした。

 

そこには今回のプロジェクトに対するお礼の気持ちと

5000円の協力金がありました。

 

その文字を見ながら涙が溢れ 心が決まりました。

 

正しくなくたっていい。

 

一人の大人と一人の子供との約束から始まった事。

 

ただそれだけなんだと。

 

そこに、遠く離れた場所からも最高の大人達が

思いを寄せてくれるようになった

 

そこに間違いなんかあるわけがない。

 

9月10日 私達はきっと最高の笑顔であの地に立ってる。

 

新着情報一覧へ