バリ島は楽園の島として多くの外国人が訪れますが、バリ島民の生活はヒンディムズに根付いたものであり、その文化を知る人は多くありません。バリの絵画は神への奉納として描かれいましたが、その後、多くの外国人アーティストがバリ島に来たことによって発展しました。

バリ絵画の発祥と言えるカマサン画という画風。布をなめして3~4種類の顔

石を使って、ヒンズー教の叙事詩や神々が描かれます。

新着情報一覧へ