READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

自宅でも学校でもないサード・プレイス『みんなの家』をつくります!

五戸町家庭教育応援隊 小宮 香

五戸町家庭教育応援隊 小宮 香

自宅でも学校でもないサード・プレイス『みんなの家』をつくります!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月12日(月)午後11:00までです。

支援総額

72,500

目標金額 800,000円

9%
支援者
14人
残り
10日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月12日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして。『五戸町家庭教育応援隊』代表の小宮と申します。

令和2年の新型ウイルス感染症による混乱の中、行き場を失った子どもたちのために地域の中に居場所を用意したい!と思い立ち『五戸町家庭教育応援隊』(任意団体)を立ち上げました。その後、文部科学省の家庭教育支援チームへの登録を行い、月に1~2回、町内で親子や地域の方々向けの体験イベントを開催したり、子育てに関する情報の提供を行っております。

 

五戸町家庭教育応援隊活動紹介

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

プロジェクトを立ち上げたのは、平日の日中に”学校に行けない子どもたち”の存在を知ったからです。ほんの少しの間学校から離れて心を整える事ができれば、いつもの元気を取り戻せるお子さんがいます。学校へ行けないことへの後ろめたさや罪悪感や複雑な悩みが絡み合い混乱してしまう子がいます。そして、学校に行けずに苦しんでいる子どもを支える保護者にも、相談できる場所、子どもを預けられる場所が必要だと感じています。自宅でもなく学校でもない安心して平日の日中を過ごせる場所、困りごとに寄り添ってくれる人が居る場所、必要な支援につながる場所をつくりたいのです。

 

 

▼プロジェクトの内容

青森県三戸郡五戸町の切谷内地区の空き家と空き家に隣接した農地を購入しました。

①この家をリフォームして、子どもたちが安心して過ごせる場所をつくります。

主なリフォーム内容は、次の通りです。

・雨漏り修繕(大きな修繕箇所は1か所)

・壁紙の貼り替え

・汲み取り式和式トイレを簡易水洗(洋式)トイレに改修

・フロアーマット貼り替え

※経費削減と利用者の体験活動として、自分たちでできる作業は自分たちで行います。

 

隣接した農地には古家が建っていて、このままでは農地にはならないとのこと。

解体作業を業者に依頼すると50万円くらいかかるとのことで、自分たちで解体してみることにしました。

 

古家はイタミが激しく、今にも壊れそうな状態でした。試しに壁板を何枚か剥がしてみました。これはいけそうだ!と思い作業を続けました。

 

敷地は通学路に面していて、下校中の小学生が興味津々で声をかけてきました。

「何やってるんですか。」

「ボクもやってみたいです。」

安全に気をつけながら、バールを使って板を1枚剥がしてもらいました。

「うわぁ、すげー。おもしろい。もっとやりたい。」

「僕も手伝いたいです。」

小学生とのこんなやり取りがありました。

 

近所の方にお願いして重機を使っての作業を進め、およそ1週間で古家の解体作業が終了しました。

 

半分朽ちて危なくなっていた古家が片づき、無事に畑の状態に戻りました。

ご近所の方も、心配な様子で何度も声をかけてくださっていたのですが、スッキリした畑を見て「よぐやりやしたなぁ。」(よくやりましたね)と声をかけてくださいました。強い風が吹く度に屋根のトタンが剥がれて飛んで危険を感じていたそうです。

 

古家の解体作業をしながら、ここが地域の方々に見守られている素敵な場所だとあらためて感じました。そして、だからこそ『みんなの家』になれると強く感じました。

 

この畑を体験圃場にします!

先ずは土の状態を調べる事から始めますが、五戸町の隠れた名産品‘‘五戸の丸いも’’と藍染用の‘‘藍’’などを栽培する計画です。この計画を、町の農業委員会の委員の方に説明させていただきました。委員からは、「いいですね。がんばってください。」と、激励のお言葉をいただきました。とても嬉しかったです。

 

藍の生葉を沈殿させて抽出したインディゴ。子どもたちの体験活動に使うのが楽しみです。

 

 

②子どもたちと一緒に年間を通して農業体験を行います。

収穫した野菜などは町内の小売店等で販売します。

※売り上げは今後の活動の資金にし循環します。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

当団体は、設立当初から親子向けのイベントを主な活動として行ってきましたが、家でも学校でもない居場所の必要性を強く感じています。今回のプロジェクトは、切実な思いで居場所を求めている子どもや保護者への支援の窓口をつくります。

 

そして、「自分たちの居場所は自分たちでつくる!」

 

ご支援いただく資金を活用し、自分の手を動かし頭を働かせ、失敗したり、共に悩んだり笑いあったりしながら、自分の居場所を自分でつくることから始めます。

『みんなの家』で見つけた居心地の良さが、ひとりひとりの居心地のいい場所を探すためのヒントになることを期待しています。

 

以下、追記になります。

この度、五戸町家庭教育応援隊代表の小宮が『令和4年度青森県いきいき男女共同参画社会づくり表彰で女性のチャレンジ賞』をいただきました。

当に、五戸町家庭教育応援隊の立ち上げ、子どもたちの意見を取り入れて‘‘やってみる’’姿勢が評価されました。これからも、失敗を恐れずに挑戦し、反省し、そしてまた挑戦!子どもたちや地域の方々と一緒にチャレンジを続けて行きます。

 

プロジェクト実行責任者:
小宮 香(五戸町家庭教育応援隊)
プロジェクト実施完了日:
2023年5月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ご支援いただく資金を活用して、中古住宅のリフォームを行います。具体的な内容としては、屋根(一部雨漏り)、内装(壁紙の貼り替え)、フロアーマットの貼り替え、和式トイレから洋式トイレへの改修です。 ※体験活動を兼ね、自分たちでできるリフォーム作業は自分たちで行います。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補充いたします。万が一自己資金でも確保できなかった場合は、プロジェクトが大きく変わらない範囲で規模を縮小するなどして対応し、返金はおこないません。

プロフィール

五戸町家庭教育応援隊 小宮 香

五戸町家庭教育応援隊 小宮 香

リターン

500+システム利用料


感謝のメール

感謝のメール

感謝のメールをお送りします

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年5月

1,000+システム利用料


活動報告(千円)

活動報告(千円)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

5,000+システム利用料


五戸町の風景写真

五戸町の風景写真

五戸町の日常を撮影した写真をメールにてお送りします

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

5,000+システム利用料


活動報告(5千円)

活動報告(5千円)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

10,000+システム利用料


活動報告(1万円)

活動報告(1万円)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

20,000+システム利用料


最高級 五戸の丸いも(Lサイズ約1㎏)

最高級 五戸の丸いも(Lサイズ約1㎏)

宅配便にてお届けします。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年12月

20,000+システム利用料


最高級 五戸の丸いも(Mサイズ 約1㎏)

最高級 五戸の丸いも(Mサイズ 約1㎏)

宅配便にてお届けします。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年12月

20,000+システム利用料


五戸の丸いも(Sサイズ約1㎏)

五戸の丸いも(Sサイズ約1㎏)

宅配便にてお届けします。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年12月

30,000+システム利用料


活動報告(3万円)

活動報告(3万円)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

50,000+システム利用料


活動報告(5万円)

活動報告(5万円)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

100,000+システム利用料


活動報告(10万円)

活動報告(10万円)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

200,000+システム利用料


活動報告(20万)

活動報告(20万)

・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

『石巻地区こども将棋大会サポーター』~灯をずっと、ともし続けたい~ のトップ画像

『石巻地区こども将棋大会サポーター』~灯をずっと、ともし続けたい~

寳 鈴子  (放課後こどもクラブBremen)寳 鈴子 (放課後こどもクラブBremen)

#地域文化

継続寄付
総計
1人
NEXT GOAL挑戦中
風化する先祖からのメッセージ、みんなで解き明かすアプリをお手元に のトップ画像

風化する先祖からのメッセージ、みんなで解き明かすアプリをお手元に

独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所

#地域文化

161%
現在
6,130,000円
寄付者
345人
残り
21時間

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする